1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category日光市のグルメ


都内外資系OLの友人と足尾の備前楯山に登った帰り路。
足尾は猛烈な雨のため、足尾での観光を断念し、日光市の街中に戻ってきたところピーカンでした。

友「お茶したい。お茶。山頂でコーヒー飲めなかった分、今ここでお茶したいよぉぉぉぉ」

そーねー。それじゃねー。進行方向左手にあるし、

DSC05043

自然茶寮 廻さんに行ってみようか。
一度連れて行ってあげようと思いつつ、毎回すっかり忘れていた。

友「私は自家焙煎ホットコーヒー」

暑さと疲労で値段忘れたのですが、700円前後だったかと。

DSC05027

あら、素敵ー。

私はアイスコーヒーです、もちのろん。

DSC05028

これも素敵ー。

DSC05030

セルフ急冷式ですね。

DSC05031

たぱたぱ。

DSC05034

ピッタリの量で止まるのがプロの配分。

友「デザートも食べよう。おごるから」

全く反論ございません。

DSC05035

ブルーベリータルト(たしか500円くらい)。

DSC05037

涼を感じる配色。
当時の一言メモには

ぷにぷに

とありました。
官能の食感。

DSC05041

そんでは、外を眺めながら

DSC05040

ボー。

暑い

友「ちょっとー、祈祷してよ。涼しくなるように」

分かった。

その結果、残酷暑と言われる昨今です。

★★★★お店情報★★★★
自然茶寮 廻
日光市中鉢石町909-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目

二回目

三回目

四回目(この記事)




都内外資系OLの友人が帰省しました。

友「山登り行こう、山登り」

日光(足尾)の備前楯山(1272m)か、矢板の釈迦ヶ岳(1795m)はどうでしょう。
標高の割に、登りやすい(らしい)。

友「日光の方が涼しそうだから、備前楯山」

DSC04996

マイカー利用の場合は、こちらの舟石峠駐車場へ。
ラジオ体操大会ができそうな広さだ。

友「登山口どこ」

2018-08-14 08.35.00-1

見た感じここだけど、一応確認しよう。山登りにおいて思い込みは危険です(苦い体験がいっぱい)。

2018-08-14 08.34.58

この案内図じゃ分からんなー。ちょっと駐車場一周してくる。
…(一周)
やっぱりそこだった。

友「ところで、足尾なのになんで備前なの」

江戸時代、備前出身者が銅の露出鉱を発見したから。

友「おー」

…と、本に書いてあった。

2018-08-14 08.51.30

初心者用の登りやすい山だけど、登山道を外れると銅山の坑道跡に落ちる危険があるから要注意だそうだ。

友「おー…」

で、一時間ほどで


2018-08-14 09.29.11-1

山頂に到着。

暑い

友「ちょっとー、そこの気温計30℃だよ」

日光なのにー。

しかし、暑さも忘れる…


2018-08-14 09.29.17

パノラマ、パノラマ…

2018-08-14 09.29.19

大パノラマ!

友「男体山どれ」

2018-08-14 09.30.16

右手の、雲かぶってる山だね。

友「ありゃ、山頂雨だわ」

私も降られました。

2018-08-14 09.30.20

しかし、疲れが吹き飛ぶこの爽快感。一時間しか登ってないけど。

2018-08-14 09.29.20

岩場もあるし、さっそくコーヒー沸かしましょう。湯沸かしキット持ってきたんだー。
…。

友「どしたの」

スイッチ入れても火が付かない。

友「なんで事前に動作確認してこないのよ」

いいんだ…
暑いから水でいいや…(すっぱいブドウ)。

DSC04998

でも、お菓子はキッチリ持ってきたのだ。
いただきものだけど、同じく日光のバウムクーヘン工房はちや さんの、ろっくバウム。

DSC04999

この形状を見た時に、やってみたかった。

DSC05003

日光連山ー。

友「お上品な甘さで美味しいわね」

疲れた身体に染み渡る。でも、雷が怖いので、お菓子食べたらさっさと下山しよう。
下山も一時間。
往復二時間。まぁいい感じかな。

友「山アプリによると、消費カロリー700キロカロリーだって」

んー。とんかつ定食は無理だね。

とりあえず温泉行こう。
すぐ近くに国民宿舎かじか荘があって610円で日帰り入浴できるのだ。

友「すごい、山歩きが前提の宿舎だわね。登山情報が」

2018-08-14 10.50.37

友「次はどの山がいい?」

皇海山は私たちのスキルでは絶対無理なので、消去法で庚申山だね。

友「注意事項もレベルが違うわ」

続く。

★★★お店情報★★★

バウムクーヘン工房はちや

日光市鬼怒川温泉大原1396-10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  この記事


湯西川に鹿肉遠征した時、朝ごはんは日光市で食べていこうと思っておりました。
どこにしようか考えた結果

DSC03953

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣に新しく入った本陣カフェさんが朝9時からなので、こちらにしようか。
しかし、同じ社会福祉法人すぎなみき会さんが運営する「カルフール」さんも、朝9時から。

どないしよーと思ったのですが、経路にある本陣カフェさんにしました。


2018-06-30 09.50.28

ドリンクはあるけど、食事メニューはあるのかな。

2018-06-30 09.51.57

おおっ。水出しアイスコーヒーが。

2018-06-30 09.51.58

しかし、朝イチだとまだ涼しい感があるので、ホットにするかな。

2018-06-30 09.52.07

ご飯がないならソフトクリームで朝ごはんにしようか。

2018-06-30 09.52.06

お、サンドイッチがあった。

「道の駅の惣菜コーナーからお持ちください」

はいなっ。
行って帰ってきました(早い)。
すると、350円+300円で650円か。

「本日、アイスコーヒーが250円なんですよ」

なんと。

2018-06-30 10.05.12

まぁ、ラッキー。
100円お得に。
では、アイスコーヒーで。
涼しいけど、そのへんジョギングでもして体温上げます。

DSC03938

550円の朝ごはん。

DSC03942

ハムチーズサラダ+ハムカツサンド。
萌え断の朝。

どっちを先に食べるか悩ましいですが、やはり

DSC03945

前菜的にこちらを食べ、そのあと

DSC03944

メインディッシュ的にハムカツか。
パンがふあふあー。

DSC03952

それでは、水出しアイスコーヒーでボー。

DSC03948

大人感あふれるフルーティーさでした。

で、湯西川に行って帰って日光市街地に戻ってまいりました。

喉が渇いた。暑い。
冷たいの飲みたい。
もう一度本陣カフェさんに寄ってアイスコーヒー飲んでいこうか。
と道の駅に行ったら、駐車場がカオス状態でした。

退散。

そういえば。
宇都宮に帰る経路をチョイとズラせば

2018-06-30 13.47.55

カルフールさんに行ける。
なおかつ、こちらはアイスコーヒーが100円。

朝浮いた100円を、午後使う。
伏線回収のような気持ち良さ。

DSC03984

こちらは、またお味が違う感じのアイスコーヒー。
線路を眺めてボーっとしながら、今日一日の冒険を想うのでした。
湯西川まで行ったんだから、ダム湖ツアーやってくればよかった。
山登りという手も。


以前こちらのカルフールさんの記事を書いた時、色々と間違ってしまいました。
申し訳ありませんでした。
カルフールさんのランチ記事は、また後日改めて。


★★★★お店情報その1★★★★
本陣カフェ
栃木県日光市今市719番地1
道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣内

★★★★お店情報その2★★★★
カルフール
栃木県日光市板橋178-29
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





↑このページのトップへ