1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category日光市のグルメ

「蕎麦が食べたい」

と、夫が一週間くらいずーっと言ってたので、ついに食べにいくことになりました。
私が行きたいお蕎麦屋さんは、今のところ日光、益子、佐野にありますけど。

夫「今日の下野新聞の2月生まれのラッキー方角見て」

北だそうです。

夫「じゃあ、日光」

9月生まれの私のラッキー方角は南西になってますけど。

夫「日光」

DSC02431

というワケで、北に来ました。

夫「この風景が続いてるけど、蕎麦屋あるの?」

あそこにある車の群れが、あることを示唆していますよ。

DSC02430

それがそば香房 おかげさん。
このような田園風景の中にありつつも、駐車場は既にいっぱい。
でも入れました、良かった。

DSC02414
夫「俺は天もり」

私は、もり…。
ああっ。
私が麺類において最大限の愛を注ぐ、おろしがある!
これください。梅おろしそば950円。

夫「足りる?天ぷらつけたら?プリンもあるってよ」

お気持ちだけで。

DSC02416

キャべツの含め煮的なものと、キュウリの漬物。
温かいキャベツと、冷たいキュウリの対比がいいなぁ。

DSC02418

夫の天盛そば。

DSC02419

一目見て分かるシャキシャキ感。

DSC02420

夫「天ぷら、サクサクだ。赤緑パプリカ、舞茸、ごぼう…」

DSC02422

わたしの梅おろし蕎麦。

DSC02423

梅干しが…でっかい

DSC02425

大きさに驚きつつも、ネギと天かす入れて

DSC02426

梅を割りまして

DSC02429

いただきまーす。

すっきりあっさりさっぱりしゃっきり、美味しー!
北で良かった。

夫「下野新聞の占い当たるんだよ」

梅干しのクエン酸パワーが、疲労を癒し、新たな活力を…。

夫「そういや、結婚したら梅干し漬けるとか言ってなかった?もう、庭の梅落ちてきちゃってるよ」

来年がんばります。

夫「味噌作るとか納豆作るとかも言ってたよね」

そのあたりは再来年頑張ります。

★★★★お店情報★★★★
日光市原宿546
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

10月くらいまで、毎週日曜日の記事は「かき氷遍路」です。

夫と日光に蕎麦を食べに行った帰り路。

夫「天ぷらをつけなかったというのは、かき氷食べて帰りたいから?」

よくお分かりで。
目指すは、車でチョイと走った先の

 DSC02432

日光だいや川公園をチョイと入った中にある

DSC02434

こちら、ジェラテリア日光さんでございます。
4月に物産館(だいやの森旬菜館)に行った時に気づいたのですが

DSC02433

いちごかき氷があるんでした。
その時食べなかったのは、かき氷には涼しかった&パンケーキを食べてしまっていた

DSC02436

これくだ…。

あら、ジェラート乗っている版と無印版がある。

DSC02437

値段は540円→800円にジャンプアップするけれど…。
ジェラート屋さんだし、のせようかな。

お店の方「どれにしますか?」

去年、某所でピスタチオかき氷食べておいしかったし、赤に緑は映えるし

DSC02439

ピスタチオにします…。

「50円+になりますがよろしいですか?」

プラスにならないのは、どれでしょう。

「ピスタチオ以外です」

同じ緑だし

DSC02438

今回は抹茶にします…。

夫「俺はスカイベリーヨーグルト」

いわゆる、フローズンイチゴをシャリシャリ削ってかき氷状にするかき氷。
金魚の尻尾みたくて紅白ヒラヒラで可愛いのですが

DSC02442

ジェラート乗せると、さらに麗しい。
舞妓さんがカンザシつけたよう。

DSC02446

抹茶ジェラートONは私のオーダー。

DSC02451

いただきまーす
…。

うまー。

ジェラートが劇的に美味しい。
柔らかさも官能的だし、抹茶の苦みも快感だし、これが…

DSC02453

削りイチゴのシャリシャリ感が絡んでくると、もはや至福タイム。

DSC02444

夫のスカイベリーヨーグルト。
ヨーグルトジェラートに、スカイベリーソースがかかっているのだと思いますが、こちらは酸味がハッキリ来るタイプ。

爽やか~


DSC02449

実は、フローズンフルーツの食感があまり得意ではなく、フローズンフルーツ削るタイプのかき氷も積極的には食べないのですが、非常に薄く削ってるのでしょうか、この「ひらひら感」が非常にとっても気に入ったのでした。
地底湖のミルクとのコンビネーションもナイス。

まんぞくー。

★★★★お店情報★★★★
日光市瀬川844 
日光だいや川公園 だいやの森旬菜館 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください







いちごパフェ流れ旅の時に、

 DSC01375

ワンコインモーニングの存在に気づいた、日光駅すぐ近くのTora cafe&barさん。
大混雑期のGWの後に行こうと思ってたのですが、思っているうちに夏になり冬になってしまうのが黄金のパターンなので、キッチリ「5月×日」と決めて行きました。

DSC01376

国際観光都市なだけに、和 or 洋。
ドリンクは+100円。

DSC01378

観光都市の日光まで来ているわけだし、ドリンクでボーっとしたいので、ドリンクオーダーしよう。
私の場合、ドリンクつけるとなると、ほぼコーヒーとイコールなんですけどね。
競泳で「自由形」と言いつつ、みんなクロールなのと似たような感じかもしれません。
一度でいいから見てみたい、平泳ぎか背泳ぎで自由形優勝するシーン。

和洋の別については、

DSC01383

洋でお願いしましたー。
なぜなら日々のご飯が和食だから(ご飯+サバ缶)。

DSC01385

オリジナル黒糖パンは2枚なれど、サイズがラブリーなのでソトアサハシゴに支障なし。

DSC01386

スープはにんじんのポタージュ。
これ美味しかった!
フル・オブ・にんじん風味なれど、青臭さはなく、にんじんの甘みに溢れていた。

DSC01387

リンゴのコンポートはパン用ですかね。

DSC01389

サラダのドレッシングも好みでありました。

DSC01393

では、コンポート乗っけてパンをいただきます。
黒糖とあるけど、ほのか~な甘さと柔らかさで、これも美味しい!

DSC01379

それではコーヒーで

DSC01381

バスターミナルを眺めながらボー。

旅の始まりにふさわしいモーニングでした。
夏が本格化するまに、次回はかき氷を食べに来ねば。

★★★★お店情報★★★★
Tora cafe&bar
栃木県日光市相生町5-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目 この記事

↑このページのトップへ