1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category那須塩原市・那須町のグルメ

せっかく四時半起きで那須まで来たし、もう少し那須っぽいことをせねば、もったない気がする。

2019-09-28 10.40.26

ということで、大混雑覚悟で行ったものの意外に駐車場が空いていた…

2019-09-28 10.43.33

那須温泉 鹿の湯さんです。
開湯は1000年以上前の、栃木最古の温泉だとか。
温泉大好きの都内在住の方に「栃木県在住なのに、なんで行ったことないの!?」と驚かれてから10年(その方は高速使って毎週通ってるそうな)、それでもまだ行ったことがなかった(混んでるかなーと思い)。

2019-09-28 10.44.04

温泉の脇を流れる川も、その名は湯川。

2019-09-28 10.44.24

橋の名前も元湯橋。
階段を登ってその先に行ってみようと思いつつ、登山モードが「解除」になると、もう何もしたくなくなるのでパス。

2019-09-28 10.44.58-1

硫黄の香りに包まれ、お初・鹿の湯。
浴槽ごとに細かい温度設定がなされているので、私の好みの42℃と、その前後の温度でしばし温まり、殺生石の権化になったような気分のあたりで上がりました。

ああ、今の私は殺生石。
どう見ても「温泉帰りだな」という匂いを漂わせている。

何か買って、軽く食べて帰ろう。
イートインがいいな!消費税改定前だし。
なんでイートインすると税率UPなんだ。ごみ軽減に協力しているんだから、むしろDOWNしてほしい。

 DSC04585

ということで、ものすごく久々にNAOZOナオゾーさんに行きました。
前回訪問は2012年だから7年ぶり、その前の訪問がさらに6年くらい前だった。
彗星のような気分だ。

なんで行けないかと言うと、通りかかっても駐車場が満車だったから。
この日は、入れ替わりで一台分だけ空きました。
らっきー(登山運がここに回ってきたのかもしれない。鹿の湯といい)。

DSC04584

細かく焼き上がりの時間は表示されていますが、店内に入ったらほとんど完売していた。

DSC04571

なんとか買えた、イングリッシュマフィンとブルーベリーシフォンケーキ。
ケーキは朝4時にたたき起こしてくれた夫へのお土産で、

DSC04575

イングリッシュマフィンは私の後日の朝ごはん。

DSC04576

こちらは、食べて行ってしまいます。

DSC04577

チーズタルト!
個別の値段は忘れましたが、以上3個で658円でした。

DSC04582

チーズ系菓子LOVE。
菓子で無くてもチーズLOVE。

DSC04580

ではいただきまーす。

DSC04583


サックリぱりっとしたタルトに、しっとりとからむチーズクリーム。
ここでコーヒーがあったら泣いちゃうところなのですが、現在はNAOZOさんは冷たいジュース類のみの販売のようです。

ああ、次回の那須登山はいつかな。
来年のGW開け~梅雨入り前か。

それまで、低山登山で鍛えておこ。

★★★★お店情報その1★★★★
栃木県那須郡那須町大字湯本181
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★お店情報その2★★★
NAOZOナオゾー
那須塩原市西岩崎232-454
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事

あんバターの大波が沖に見えます。
乗るしかない、このビッグウェーブに。

サーフィン状態の私に、メル様からコメントが。

「旧黒磯市の駅前にあります、カネルブレッドさんのあんバターサンドも激ウマです!!! 
ぜひぜひご賞味くだされ(≧∇≦)」

行ってきまーす。
黒磯駅前だよね。何度も行ったから、記憶鮮明。
たしか、無料駐車場が
 
DSC01530

あれ?
風景が一変している。
もしや無料市営駐車場が消えてしまったとかー

DSC01529

あったあった。
工事に伴い、入り口が動いていた。

DSC01528

一時間無料は助かります。
ボーっとしすぎて二時間いても50円だし。

では、すぐ近くの

DSC01532

カネルブレッド
さんへ。
来てからなんだけど、完売してたらどうしよう。

DSC01533

ありましたー、360円。
お隣の「Iris イリス ブレッド&コーヒーさんでイートインしますー」とお伝えしますと、籠に入れていただけます。

DSC01534

結構大き目。
さて、物理的にすぐお隣のイリスさんへレッツゴー。
以前は、食事メニューは10時からだったと思うのですが

DSC01545

9時からに変更になっていた!
トースト&コーヒーなら、モーニング的に利用できるなー。
でも今日はあんバター。
ついでにドリンク頼まねば。
あんバターに合わせるのは、バターが溶けることに資するホットコーヒーなんですが

DSC01543

「水出しアイスコーヒー」の文字を見てしまうと、無意識にそちらを頼んでしまう。

DSC01535

それではいただきます…。

DSC01540

がぶり。
以下、当時の三行メモです。

のびるのびる
ふわもち
うねるうねる

ちぎろうとしたら、パンが伸びる伸びる。
口に頬張ると、ふわっともちっと。
噛みしめると、咀嚼にあわせて生地がうねるうねる

口の中が、葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」のようだ。

hokusai
著作権フリーサイトより引用

ビッグウエーブ…。

DSC01544

水出しアイスコーヒーは、酸味が(私には)かなり感じられるタイプでした。
あんバターのコッテリ感を、酸味でさっぱり。



★★★★お店情報その★★★★
那須塩原市本町5-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
三回目 この記事


★★★★お店情報その2★★★★
栃木県那須塩原市本町5-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事






白ヤギさんからお手紙が…ではなくて

 DSC01527

ひつじ珈琲さんからお葉書が。
へ~。
那須塩原市に姉妹店がオープン。
葉書持参すると、ドリップパックプレゼント。
行ってこよー。

しかし、那須塩原市はわが家から遠い。
行くからには、どこかと組み合わせた方がいいよなー。
那須がいいか、矢板、大田原…。

考えた結果、日光でソトアサして東進し、那須塩原駅前でパン屋さん寄ってあんバターを買って食べ、そのまま那須塩原市でランチと言う、気合いが勝負のルートになりました。

DSC01560

到着~。
あら、建物としては

DSC01561

夜カフェのFEEKAさんと同じなのか。
何となく、大人~な雰囲気。
さて、お昼を食べよう。

DSC01546

あまりにも肉肉しい日々だから、ちょっと魚に舵を切ろうか。
海老とブロッコリーのレモン風味キッシュにしよ。1200円。

DSC01547

ドリンクは、ブレンドで。
なるほど、晴れた日をイメージしたブレンド。
そうだ、おハガキいただきました(提出)。

DSC01548

ドリップパックをいただきました。
せっかくだし、お天気の日に山に登って、頂上で淹れて飲もう。
益子の雨巻山がいいかな。
雨の名前の山で晴れをイメージしたコーヒーを飲む。いとおかし。
そして下山後はトンカツを食べよう。

DSC01552

テーブルの上もお天気に。

DSC01553

おしゃれ~。

DSC01554

こちらがキッシュ。

DSC01555

海老とブロッコリーにレモン風味で、爽やか風味。
五月晴れの下、ハイキングしているような気分。
温めて出してくださったので、ほっこりモード。

DSC01556

優しい味わいのオニオンスープで、ほっこり気分さらにアップ。

DSC01558

手前のカボチャサラダが、なかなかボリュームで存在感あり。

DSC01559

ドレッシングは私好みの酸味が強い系。

DSC01550

それではコーヒーで

DSC01551

ハバグッデ~
Have a Good day。

帰り路の運転を考えるとちょっと憂鬱になるけど、とりあえず今は、コーヒーでほっこりするのだ。
このコーヒーは、口の中を味が鋭角バンクで走り抜ける~というのが、当時の一言メモでした。

★★★★お店情報★★★★
那須塩原市清住町94-223
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ