1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category那須塩原市・那須町のグルメ

というわけで、つくばでWEBデザイナーをやっている大学時代の友人が泊まりに来たワケです。

泊まったからには朝ごはんですが、宇都宮で食べていくのと、現地で食べるの、どちらがよいでしょう。

友「まぁ、せっかく那須までいくし、どうせなら那須がいい」

すーるーと。
ラインナップを4~5軒に絞り、友人にその中から選んでもらった先は


2018-11-24 08.15.04


Pino cafe & mealさんでした。

2018-11-24 08.15.07

無事に営業しているようだ。
よかったー。

2018-11-24 08.16.48

種類は実質3つ。
ミルクぱんとスープ600円のセットでいいかな。

友「どうしたの、食欲がない!?」

夕飯食べすぎただけです。

友「私はAセットがいい」

2018-11-24 08.16.54

せめて、ドリンクは+100円でカフェラテにしようっと。

お店の方「スープは、にんじんかながいものポタージュです」

カロチン。にんじんください。

2018-11-24 08.20.44

THE 那須な風景。

…と、風景に見入っていると

DSC06738

朝ごはん登場。

DSC06739

シンプルな朝ごはん。
どことなくアルプスの少女ハイジ的な。
スープはニンジンの味に溢れ、ミルクパンはふかふかでございました。

DSC06743

こちらが友人のプレート。
ゴージャス!

友「ブロッコリー好きの身には、ブロッコリーが嬉しい」

DSC06747

友人はホットコーヒー

DSC06751

私はカフェラテで

DSC06752

ボー。

うさぎが可愛いすぎて、ラテが飲めない。

★★★★お店情報★★★★

Pino cafe & meal

那須町高久甲5109−10 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事

こういう理由で、年内の毎週日曜日は「抹茶放浪記」です(ほぼ確定)。

大学時代の友人はつくばでWEBデザイナーをやっているんですが

「那須で行きたい場所があるので、連れていってー」

なんて食べ物屋。

「美術館だよ、美術館」

私の脳内地図って、目印が食べ物屋さんと本屋さんしかないのよね。

「藤城清治美術館」

??????????

「絵を見れば、『ああ!』って一目で分かるよ。絶対目にしたことがある」

2018-11-24 09.30.58

友人の話によると、超人気スポットだそうなので、我が家に前泊してもらって翌朝一番に行ったのですが

2018-11-24 09.31.04

ああ!

友「分かったでしょ」

DSC06753

門をくぐった広大な敷地にはチャペルもありまして

DSC06756

ステンドグラスを通したカラフルでメルヘンな光に溢れていました。

なんですかアレですね、汚れてしまった心が浄化される感じですね。

本館の入場料は1600円でしたが、幼いころから慣れ親しんだ絵の原本を見ることができたり、御年94歳にしてますます盛んな方の作品を拝見することができるのは、非常に自分の魂にエネルギーチャージですね。

友「良かったー!図録買って帰ろうっと」

DSC06757

本館には併設のカフェがありまして(ラ・ビーカフェ)

DSC06760

作品をモチーフにした可愛いお椅子も。

友「椅子の販売もしているらしい」

うん、お値段見たよ。とりあえず拝んでおく。

DSC06759

せっかくだから、カウンターで…

日差しがさんさん

友「テーブル席にいこう」

DSC06762


私は720円(くらい)の抹茶豆乳ラテ。

DSC06764

友人はレモネード。

友「濃厚」

DSC06771

豆乳だけあって、さらりと飲める感じで、抹茶の渋みが大人なアシストでした。

DSC06772

紅葉の名残を見ながらボー。
考えたら、今年は近所のイチョウしか眺めなかった。

DSC06774

観光シーズンにはさそかし混むのであろうなー。

雪が降る前に、もう一回那須に来たいものです。

友「宇都宮から那須って遠いんだね。もうちょっと近いイメージだった」

そりゃ、山を越えたら福島県に入るワケですし。

★★★★お店情報★★★★
ラ・ビーカフェ&藤城清治美術館那須高原
栃木県那須郡那須町湯本203
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



和菓子屋さんで「かき氷始めました」のパターンが最近多くてうれしい。
和菓子の信鶴堂さんが下永田店限定でかき氷が始まったそうなので

2018-07-21 10.59.23


行ってみました。
3種類で、
宇治ミルク金時 680円
とちおとめミルク 740円
黒みつきなこ 680円

宇治ミルク金時は、つぶあん、抹茶シロップ、白玉が自家製。
とちおとめミルクは、地元産のとちおとめ。

和菓子屋さんだから、宇治ミルク金時かなー。これください。

「本日セールでして、100円引きになります」

らっきー。

イートインスペースは無いので、外に設置してある席で食べるのですが、かき氷は炎天下の屋外で食べたい派なので、むしろウェルカム。

DSC04403

登場ー。

DSC04406

あんこ単体では食べられない私ですが、ミルクと一緒ですと好物に転じます。
あんまんは食べられないのですが、牛乳飲みながらですと、あんまんは大好物になるのです。
我ながらその辺の理由は分かりません。


DSC04407

ワビサビを感じる横顔。

DSC04409

ゴージャスにかけられた、あんことミルク。

DSC04411

どこかの夏山のよう。
ルートファインディングにいそしみ…


DSC04415

頂上からいきまーす。
あんこが、ほこほこ食感。

DSC04421

シロップ、あまり甘すぎなくて好みですー。
氷は、圧雪タイプかな。
ガシっとしているけど、口にいれるとサラサラと融けていく。

DSC04425

自家製白玉も、あずきのリボンつけているようで、かわえー。

DSC04427

氷で冷えて、きゅるんっとした食感がたまりませんですね。

DSC04429

炎天下のワビサビなひと時でございました。

★★★★お店情報★★★★
和菓子 信鶴堂 下永田店
那須塩原市下永田8-1133-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ