1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category矢板市・塩谷町のグルメ


お盆休みに都内外資系OLの友人(以下「外」と略)が帰省しましたら、私、人妻の友人(以下「人」)と3人で山登りする予定だったんですが、もー、見事に雨マーク。

外「8月13日(日)の午前中なら大丈夫!曇マークになっている」

しかし、ただでさえ不安定な天気だし、さらに山は変わりやすい天気だし、サッと行ってパッと帰って来られる山じゃないと~。
…と、いろいろ考えた結果、矢板市の県民の森にしました。
いくつかコースあるんだけど、120分の展望コースでどうでしょう。ハイキングコース。

外「登山コースを行かずしてどうすんのよ」

ミツモチ山コースだと5時間だよ。夏の低山は暑いよー。

外「展望コースでいいわよ」

25

というわけで、キャンプ場駐車場からスタート。

41

ハイキングコースなだけに、非常に整備されております。

03

あ、分かれている。合流するとはいえ。
星飛雄馬のお父さんが「男子たるもの、辛い道を選べ」と言っていた。私は左へ行く。女だけど。

外「私たちは右へ行くよ~じゃねー」

そしたら、左の方が楽な道だったんでした。50メートルだけど。お父さんに怒られてしまう。

41

あっさりと第一展望台につきました。あ、車だ。

外「なんで車で来られる場所に歩いてこなきゃならないのよ」

それを言ったらマラソンなんかできないよ。

人「まぁ、カロリー消費ということで」

08

展望があってよかったね。
山から展望を楽しむなんて、しばらく無かった気がする。

外「そうねぇ。天気が悪かったり木が生い茂ってたり」

33

さらに第二展望台を目指すわけですが

30-1

壊れてました。

外「展望台なのに展望がない」

というわけで、帰りましょう。体感だと500キロカロリーくらいの消費かなぁ。もっと少ないかも。

人「楽なコースなのは良かったんだけど、前回の赤雪山のような、こう、体の老廃物が全部汗となって流れていくあの快感を味わいたかった」

ふふふ、夏山登山の中毒になりましたね。炎天下ジョギングもおすすめ。老廃物だけでなく自分自身も溶けてしまいそうになるけど。

外「で、お昼どうするの」

それはもちろん、県民の森と決定した瞬間にここと決めておりました。
4~5キロ先にある

DSC07445

尚仁沢アウトドアフィールドさん。
ドッグランや釣り堀などの複合施設でございます。

人「鹿沼のレイクウッドリゾートさんに似てるね」

鋭意育児中の友人はあれ以来ハマってしまい、家族で何回も行っているそうです。
で、こちらに施設にもカフェがありまして

DSC07465

さあっ。何にしましょう。

DSC07464

山だからカレーかな!下山しているとはいえ。

外「あんまり暑くないし、焼きカレーにしようかなぁ」

DSC07447

わー、流しそうめんもあるよ。

外「私は肉が食べたい」

人「私も」

一人でやっても虚しいからいい。

DSC07451

結局、私も焼きカレーにしました。800円。

DSC07452

チーズのオコゲが麗しい。

DSC07462

幸せの「チーズびよん」
カレーの辛味をこってりと包み込むチーズ万歳。

DSC07459

人妻の友人はハンバーグでした。

人「山に登ったあとは、お肉がおいしいねー」

このまま夏山シーズン終わっちゃうのかな。
何とかしてくだされ、天気の神様ー(祈願)。

★★★★お店情報その1★★★★
県民の森

矢板市長井2927

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


★★★★お店情報その2★★★★

尚仁沢アウトドアフィールド

塩谷町鳥羽新田339-8

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




幻の滝が本当に幻になってしまい、うなだれながら帰る道。
もう、これは美味しいものを心ゆくまで食べるしか、「生きがい本日編」は無いのではなかろうか。
リミッターを外そう。

DSC06319

と、決意した私は、行く途中に見かけた壱番館 さんに入ったのでした。
純喫茶遍路をしていた5年前に行こうと思っていたのですが、タイミングを逃したまま今になってました。

DSC06321

懐かし系の洋食メニューがずらり。
ポークステーキ遍路をやっていた時も、来ようかなと思ってたのを思い出した。

DSC06323

レモンスカッシュもあるわ。レスカね。
いちごパフェに一瞬考えこんだけど、遍路は今シーズンは終了していた。

324

あ~、幼少のみぎりはピザに憧れたなー。

あれこれ思いはめぐりますが、私の狙いはズバリ

DSC06320

スペシャルセットメニューです。
その中でも、糖質うんぬんでは、最強ランクに位置するCセット1200円にしちゃうよ、と。
(ところでAセットの行方やいかに)。

DSC06326

こちら~。
なんという、慶びの3品。

DSC06329

マカロニグラタン!

DSC06330

懐かしのナポリタン、略して懐ナポ!
懐ナポ遍路も一時期しておりました。

DSC06331

タマゴサンド!
タマゴサンド遍路もしていましたね。

DSC06332

とりあえず、ベジファーストでサラダから行こう。
酸味あふれるドレッシングが美味しゅうございます。

さて、それぞれ「お化粧」せねば。

DSC06333

懐ナポには粉チーズをたんまり。

DSC06334

グラタンにはタバスコが昭和のお約束。

DSC06340

懐ナポいきまーす。
甘味と酸味が同居するお味。
ぶっとい麺は「懐ナポ」の華。
玉ねぎの甘味と、ピーマンの苦みが昭和の味を加速する。

DSC06342

グラタンはもちろん、「チーズびよん」がお約束。
ああ、ホワイトソースのほのかな甘みがたまりません。

DSC06339

デザート的にタマゴサンド。
白身の「つぶつぶ」感と、黄身のねっとり感をふあふあのパンに挟まれ、やさしさに包まれるようです。

DSC06335

〆はもちろん、アイスコーヒー
グラスがおしゃれ。

DSC06336

老舗のマスターの技が凝縮されたアイスコーヒー。
大人のひと時。

ところで、


DSC06322

ラーメンが気になる(冷やし中華も)。


★★★★お店情報★★★★

壱番館

栃木県矢板市泉462

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


ネットで話題のスポット。
矢板の八方ヶ原の山奥に、それはそれは美しい「おしらじの滝」なるものがあるそうです。
私は水場が好き。
さっそく行ってきます。場所がよく分からないんだけど。
ネットで得た情報では、とりあえず「山の駅たかはら」まで行って、場所を教えてもらうということでした。

DSC06277

別のネットで得た情報では、56号沿いの駐車場から滝まで歩いていくという話なんだけど…
こっちかな。

DSC06279

このように健全で楽しそうなハイキングルートに、幻の滝があるのであろうか。

DSC06280

あまりにも明るすぎる。なんか違う気がする。

DSC06281

やっぱり、基本に忠実に行こう。
山の駅たかはらさんに行ってみました。
すみません、おしらじの滝にはどのように。

「現在ご案内はできず、ルートも閉鎖されているのです」

でーっ。

国有地うんぬんかんぬんで、諸般の事情がモロモロ的な感じでした。

無理なものは仕方がない…
もう一つの目的。

DSC06282

山の駅たかはらさんでコーヒーを飲んでいこう。200円。
施設は9時からということで、もしや朝ごはんがあるかと、淡い期待を抱いて行ったのですが、レストランは10時半からでした。なんで調べて行かないのかしら、私。
(コーヒーだけは早めに飲めた)。

お腹減ったー。飲まず食わずでここまで車で来て、(ハイキングコースを)彷徨い、そりゃお腹減るわな。

DSC06285

しかし…

43

新緑に癒されたからいいや。

さすが山のお水、コーヒーも美味しゅうございます。

せっかくだし、正規に案内している滝でも観ていくかな。
雷霆(らいてい)の滝でしたっけ。
カッコいいお名前。
歩いて60分。

「一人はオススメしません。熊の目撃情報もありますし」

クマー…。

DSC06297

この道を60分。
他にも観光客がいっぱいいるから、大丈夫そうな気もするけど。

DSC06298

都内外資系OLの友人が「滝めぐりするなら一緒に行く」とか言ってたから、また次回にしよう。

DSC06289

アイス食べて帰ろう。

DSC06290

ソフトクリーム~。
ミルクソフトに、地元産ブルーベリー&ハチミツのトッピングっていいな。

「トッピングですと、(盛りの関係で)コーンじゃなくてカップになりますが、よろしいですか」

私はコーンが食べたいので、それはよろしくないです。

DSC06293

スカイベリー&ミルクのミックスにしました。

DSC06294

「ミックス山」に、再訪を誓い…

DSC06296

いただきまーす。

山で食べるソフトクリーム、さいこー。
この冷たさが、頭の中に雪山が屹立するようです。

せっかく名物のツツジの最盛期だし、ちょっと先にある黄金ルートのハイキングコース行こうと思ったら

カオス

のように混雑していたので、これにて下山。
何しに来たんだろう、私(コーヒー飲み)。

★★★★お店情報★★★★

山の駅たかはら

矢板市下伊佐野991-3 

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


↑このページのトップへ