1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category埼玉県

いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
そもそも論として、「ご当地いちごをご当地で、パフェで食べたい」というのが趣旨でした。
最近すっかり脱線してたけど。
このあたりで初心に戻り、「いちごパフェ流れ旅」を再スタート。
どこに行こうかなー。
新潟~富山~石川~福井にしよっかな。1泊2日で。

都内外資系OLの友人「一緒に行くわよ」

過酷だよ。
すべてがいちごパフェのためにあり、普通の食事や観光はいちごパフェの合間に済ますという。

友「私は城が見られればなんでも」

彼女は城マニアでした。

車は距離的に無理だから、鉄路で行くとしてー。
何をどうやっても新潟のイチゴパフェスポットが時間をかなりロスしてしまう。
よし、新潟は後日車で一人で行こう。新潟と言っても群馬寄りの場所だし。

とすると、二人でいくのは富山~石川~福井。

友「北陸新幹線だね。大宮駅で合流していきましょう」

大宮は華やかな「エキアサ」スポット。早めに合流してゆっくりエキアサしたかったんですが、なんせお互いギリギリまで寝ているタイプなんで、そんな時間なかった。
なので、テイクアウトして新幹線で食べよう。

DSC01575

まずはベーカリーPaulで…モーニングボックスもあるんだけども

DSC01574

こっちの「ピクニック」604円の方がいいな。理由:中身に具があるから。

友「一個買って半分こしよう」

二人旅の醍醐味ですな。取り合いにもなるけど。
お次、サザコーヒー

DSC01578

コーヒーを買う。ああっ。モーニングセットがある。けど買っちゃったからいいや。
私は本日のコーヒー、すっきり爽やかだと言う「サクラブレンド」

友「私はカフェラテ」

無事、新幹線の車内で(祝、北陸新幹線デビュー)

DSC01583

朝ごはんタイム。

DSC01585

さて、どうしよう。サンドは3個、人は2人。

友「簡単よ」

DSC01588

友「これの具はチーズとハムでしょ」

DSC01589

友「これは生ハムだけ」

DSC01590

友「これはチーズだけ。ということで、私がハム&チーズをもらう」

DSC01591

私は、生ハムとチーズ、それぞれを食べる。得したんだか損したんだかよく分からんけど。

友「すんごい噛みごたえあるわね、このパン」

あ、こっちは柔らかい。ラッキー。

DSC01593

まぁ、とりあえずコーヒーで

DSC01592

車窓を眺めながらボー。乗り鉄、至福のひととき。
確かに、すっきりとしたお味。

友「あ、みて、さすが北陸新幹線」

DSC01594

へー、毎度のトランヴェールじゃないんだ。

友「トランヴェールも一緒にあるよ」

DSC01595

まぁ、デスティネーションキャンペーンのまっただ中だから、栃木特集。
足利フラワーパークは、この時期の栃木の代名詞になったんだねー。
そんなわけで、いろいろな「栃木ツアー」があり、私が「うわっ」と叫んでしまったツアーは

DSC01596

とちひめツアー…。9000円…。ちょっといいかも…。

友「あ、山だよ」

DSC01597

本当だ。何山だろう。立山かな(←テキトー)

友「山の同定アプリ使うのよ、ほら」

DSC01598

便利な世の中だねー。

というワケで、5月6日(日)まで毎週土日は「上越・北陸いちごパフェ流れ旅」です。

★★★★お店情報★★★★
ベーカリーPaul
サザコーヒー
JR大宮駅エキュート内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


一年くらい前、「ワカコ酒」の原作者の新久千映さんのエッセイ漫画(タイトル忘れたけど居酒屋探訪記みたいの)を読んだら、とある居酒屋の大将の名言で「ググるな くぐれ」ってのがありました。居酒屋めぐりするときは、事前に検索しないで、目についたお店の暖簾をまずはくぐってみろ、ということだそうです。

なるほど~

と、思ったけれど、できればリスクは回避したいなと思う小心者の私です。

洪水のリスクを回避するための施設「首都圏外郭放水路」を一回観に行きたいよねーと以前から語りあっていた私とつくば在住のWebデザイナーの友人ですが、一般公開デーは平日で予約必須なのでなかなか行けませんでした。

そしたら、年に一度(十一月ごろ)春日部市のお祭りに合わせて、週末に予約無しで見学できる日があったんでした。友人、これ行こう。

東武野田線南桜井駅から、臨時バスに乗ればいいんらしいんですけど……すんごい行列。余裕みて9時着で来たんだけど。タクシーで行く方がいいかな。スタッフさん、どのくらい待ちますかね、バス。

「30分くらい」

それなら待ちましょう。

~2時間後~

やっとバスに乗れました。

03

到着した時、場内アナウンスが流れてました。

「見学ご希望の方が多いので、今から列に並んでもご入場できません。」

スタッフさん、なんでバスに乗る前に教えてくれないのです。雨も激しくなり、もはや気力が無くなった私と友人は、往路のバスに乗ろうとしたのですが。

友「この待機列、バスに乗るだけでも一時間以上待ちじゃない」

歩いた方が早いね。とぼとぼ雨の中歩きだすと、ちょうど目の前に春日部駅行きの路線バスが来ました。とりあえず乗ってしまえーと飛び乗り、春日部駅に着いたのが13時半過ぎ。私も友人も飲まず食わずの疲労困憊でした。

友「お昼食べよう。もうダメ。倒れる。でもお店見当たらないよう」

ちょっと待つんだ。探してくるー。
事前に春日部駅に来ると知っていたら、ある程度調べておいたんだけどなー。と、あちこち路地裏を探したら


05

フランス国旗発見。てことはフレンチのお店かな。時間は14時。間に合うかなぁ。ドアを開けて「まだ大丈夫ですか」と訊いたら、OKとのことでした。駅に走って友人を連れてまた戻り、あらためて看板を見ると

56

ビアンさんというお店でした。

01

よ、よかった。リーズナボ。アンダー1000円グルメの世界。しかし私と友人は疲労困憊でした。

友「いちばん高いDセットにする。もう食べるしか今日の喜びはない」

私もそうするよ。えーと、メインはカレーか鮭。カレーにしようか。身体冷えたし。

改めて店内を見ると、とてもラブリーな規模で、5~6人で満員と思われました。で、シャカシャカ聞こえる音は……

もしや、注文を受けてからドレッシングお作りあそばしてるんでは。これは期待。と、顔を上げたら、サラダの葉っぱちぎってらっしゃいました。ここから始めるんだ!


02

期待のサラダ。当時のメモには「カトラリーただもんじゃない 気がする」と書いてありました。

05

なんというか、野菜が美味しい、ドレッシングが美味しい。手作りドレッシングが美味しいところにハズレなし。

33

かぼちゃのスープ。ただ温めるんじゃなくて、何か仕上げ的なのを入れてらっしゃいました。

49

お、お、美味しい。冷えた身体が暖まる。

49

でもって、欧風チキンカレー。

52

当時のメモには

06

辛い

と、ありました。でも


55

美味しい辛さ。暖まっていた体がさらにホットに。ご飯もおいしー。

お楽しみはデザート。

04

プリンでした。

10

固めの、ノスタルジックなプリン。ほのぼの~。

24

コーヒーは、エスプレッソかと思ったんですが

「ふああああ~と舞い上がる感じ」

と、軽やかな珈琲でした。

友「このランチで、今日のマイナスポイント全部埋まった感じ」

さらにお釣りくるレベルだよね。トラブルが無ければ、来ることが無かったかもしれないお店。事前に春日部駅近辺のグルメスポット検索してたら、どうだったろう。なるほど、ググるな、くぐれ……。

で、友人、首都圏外郭放水路は、次回は通常の予約公開の時に行こうね。平日でも行けるし。

友「合点だー」

半年経った今でもまだ行けていません。なぜなら、申込み日にサーバがアクセス集中でダウンしてしまうレベルなのです。


★★★★お店情報★★★★

ビアン
埼玉県春日部市粕壁1-7-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

何回か書いてますが、47都道府県めぐりをして

いちばん忘れられないお店は、京都の「たま木亭」 さんです。

3日間の滞在で3回も行ってしまったお店は、こちらだけです。

(2回行ったお店は結構ある)。


「たま木亭」「通販」で私のブログがなぜか検索で引っかかるらしく

テレ東のソロモン流でたま木亭さんが登場した 時は

私のブログのアクセスキーワードは「たま木亭 通販」で埋まりました。

でも通販は無いのです。


ああ、京都行きたい…パン食べに。


そうしましたらば、埼玉在住のS.E様からメールを頂戴しました。


>「たま木亭」さんお好きだそうですが、埼玉に「たま木亭」さんで

>修業してきた方のパン屋さんありますよ!美味しいです。


これを行かずしてどうしましょう。

しかも、朝の7時から営業されているそうな。


レッツ・ソトアサ。

東北自動車道をぶっ飛ばし、羽生ICで降りまして




着きました。

みやび亭 さん。


ソトアサするためには、座って食べる場所が必要なのですが




店外にあります。

しかも今は日陰。

やったー。


で、中に飛び込みますと…


まぁ、たま木亭さんで見たようなビジュアルのパンがある。




それを買ってみました。

アイスコーヒーが125円

ベーコンハースが210円

山栗ショコラが220円。



これが、山栗ショコラ。



ちなみに、これがたま木亭さんの山栗ナッツ

ナッツこりこり食べながら、リスの気分を味わったパンです。




みやび亭さんのはどうでしょう。

いただきます…

たま木亭さん、どっちかというとハード系かなと思うのですが

ソフトな感じ。

ナッツコリコリは健在。

リスの気分再び。




これがベーコンハース。

実は、たま木亭さんで忘れられなかったのが

(いえ、全部忘れられないんですけども)



このベーコンとジャガイモパンの



角切りベーコンゴロゴロだったのです。





こちらのベーコンハースはどうでしょう。





ゴロゴロ!


幸せっ。

当時の一口メモには「ベーコン肉汁じゅあーは健在」とありました。

肉汁を受け止めたパンのしっとりした部分が

これがもー、旨いっ。


あまりにも気にいって

実はこのあと、(走ってから)由す美さんに行ったのですが

帰りにもまた寄り

ベーコンハース10個(冷凍するのでOK)と



食パン一斤240円を買いました。



しっとり包みこむような

食パンでした。


包みこまれたい…


と、夢見心地のまま、埼玉編は終了です。


明日からは8月ですので、また新たなテーマで

栃木県内めぐりをしてみます。


★★★お店情報★★★

みやび亭

埼玉県羽生市東7-11-6

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


↑このページのトップへ