1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category日本全国かき氷&天然氷めぐり(栃木以外)

10月くらいまで、毎週日曜日の記事は「かき氷遍路」です。
時計の針はかなり戻りまして、5/28の新宿高島屋かき氷フェアに行った時の話。
奈良の「ほうせき箱」さんと共に出店されていた
 2019-05-28 09.46.22

岐阜県の赤鰐さんの整理券も無事ゲットできて、ほっとした私。
2006年9月に「かき氷覚醒」をして以来、ずっと行きたかったお店でございます。
(ゲットにあたっては、ツイッターのフォロワー様に非常にお世話になりました。ありがとうございます)
次なる問題は

DSC01800

どれを選ぶか。
悩ましいけど、果物ミルクかな。

DSC01828

レジで購入したチケットを渡して、しばし待つ。
その間

DSC01827

意識は熊本県に行く。
県外は「かき氷イベント」がいっぱいあっていいなー。
栃木県も催してほしいなー。

「お待たせしましたー」

DSC01830

まあ。
これは私がこよなく愛する…

隣のお客さんA「シロクマみたいだね」
隣のお客さんB[そだね」

そうですね。
シロクマ…。
自分の中では「最古のかき氷ツアー」である2006年9月の鹿児島旅でいただきました。
ドラッグストアで箱入りで売っているシロクマアイスも大好きです。
だけれども

DSC01832

きっとこれは、最上級に好みに違いない。

DSC01836

フルーツの足がかりを頼りに登攀を進めれば

DSC01837

頂点にはバナナが待つ。

DSC01839

では、いただきます。

WOW。

さくさくっとした氷の食感、そして可憐な甘さ。
決して激烈ではないミルクの甘さ。
フルーツとの酸味との対比で、いくらでも食べられてしまう。

DSC01844

ドラえもんにスモールランプを出してもらって小さくなり、そり遊びをしたくなるような美しさの氷上。

DSC01845

近所にあったら、絶対毎日通うのに。
ああ、ドラえもん、スモールランプは要らないから、どこでもドアを出してください…。
あとは「もしもボックス」でもいいか。

もしも、栃木県の隣が岐阜県だったら。

★★★★お店情報★★★★
岐阜県岐阜市八幡町13
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください











枕草子に「あてなるもの(高貴なもの) 削り氷にあまづらいれて あたらしき椀に入れたる」という記述がありますが、それが現在のかき氷の源流なのでしょうか。

一昔前は「かき氷専門店」ってほとんど見かけなかったのですが、あっと言う間に百花繚乱。
特に奈良県は、氷を祀る「氷室神社」があることもあり、かき氷の聖地となったそうな。

私がかき氷に目覚めたころ(2006年9月のことでした)から行きたかったのは、岐阜県の赤鰐さん。
最近行きたくなったのは、奈良の「ほうせき箱」さん。

そしたら、なんということでしょう。
新宿高島屋の催事「かき氷フェア」で

2019-05-28 07.52.28

赤鰐さんも、ほうせき箱さんも来るー!
しかも、ほうせき箱さんに並んだ先着10名は

DSC01798

枕草子の記述にある「あまづら」シロップを味見することができるー!
行かねば。
しかも、先着10名に入らねば。
いちご16品種食べ比べセット争奪戦以来の一大プロジェクト。

ある程度戦略立てねば。
その1 始発の次の電車で行く(始発だと朝3時半起きなので、まず無理)
その2 土日はどーにもならない気がするので、平日にする

よし、狙うは5月28日(火)の最終日だ。
アラームは4時にセット。
絶対寝過ごすと思ったらしく、夫が4時にたたき起こしてくれました。

ツイッターのフォロワー様の助言をもとに

2019-05-28 07.32.56

7時半に着いた整理券配布場所。
私の順番は…いち、にぃ…10番目!

2019-05-28 09.16.19

ギリギリセーフ。危ないところだった…。

私は「あまづらかき氷」が食べられると勘違いしていたのですが

 DSC01794

シロップを一口味見させていただけるのでした。
収穫時糖度20度のあまづらを、糖度80度まで煮詰めたもの。
いただきます…(拝む)。



とっても非常に素朴な甘味が、飛行機雲となって空に浮かんでいる。

そんな気持ちでした。

さて、開店時刻となりまして、私は開店直後の10時の整理券をお願いしておりました。
なぜかというと、用事があったので早めに帰りたかったのと

DSC01799

限定数だから。
ほうせき箱さんといえば、ウワサの「リトマス試験氷」!
これ、一度食べてみたかった。これください。

DSC01803

…と、食券をお店の方に渡し、

DSC01804

奈良の鹿が印字された紙トレイに「それ」は乗せられて

DSC01806

ついに出会えた、リトマス試験氷。
青いハーブティ「バタフライビー」がシロップで

DSC01809

直七(高知県の柑橘)やグレープフルーツという酸っぱい系がトッピングされ

DSC01811

緊張のあまりぼやけましたが、酸っぱい系の果汁をかけると

DSC01813

色が紫色に変化!

DSC01810

直七やグレープフルーツを絞ってかけても、もちろん変化。

DSC01815

いただきます…。

氷がふあっふあ。
そして、かき氷のシロップというと「甘さ」が前面に来るイメージなのですが、激しい甘さではなく、気品溢れる甘さ。

DSC01824

一口一口、また一口。
掘削跡と感動が深くなる。

ご馳走様でした…。

DSC01796

会場では、「奈良かき氷ガイド」という冊子も無料でいただけ…。
この本がまた素晴らしく…。

人間大嫌いの愛猫「しじみ」が夫になついたら、二泊三日で奈良にかき氷遍路に行こうかな…。

夫「なつかないよー。今日もシャーと言われた」

無理か。

というワケで、毎週日曜日は「2019かき氷遍路」です。
たぶん、10月くらいまで。

★★★★お店情報★★★★
奈良県奈良市餅飯殿町47番地
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



今年のかき氷遍路も、9月の終わりと共に最終回です。

今年の目標は、栃木隣県(ぐんま、いばらき、ふくしま、さいたま。今思ったけど「ま」で終わる県が多い)制覇だったのですが、群馬と福島は行けませんでした。
福島の桃かき氷食べたかったなーっ。

で、ラストは、茨城県稲敷市。
稲敷市ってどこでしょ、つくば在住の大学時代の友人。

友「土浦のチョイ先」

へー。


…って分からない。
何はともあれ、一緒に行っておくれ。

友「2種類食べたいからでしょ」

そうだよ。
でも、あなたの好きな

DSC05727

お馬さん(ポニー)もいるよ、ほらー。

友「おおっ」


そんなここは、かき氷カフェポニーさんなのでした。

私はかき氷はフルーツ系が好きなのですが


2018-09-22 14.06.50
フルーツ系いっぱい!福島の桃もある!
友人、あなたは「ピーチレモン」にしてね!

私は、シャインマスカットにする!理由はなんとなく。

2018-09-22 14.06.52

お茶系も好きなんですけどね。
フルーツシーズンはフルーツ優先。

DSC05729

ピーチレモン。
昔そんな名前の少女雑誌があったような(手芸系)気がしないでもない。

DSC05731

かわえー。乙女系。

友「桃うまいよー。」

ください。
氷もふわふわ。レモンとあうんだね
今度、桃買ったらレモンかけてみようか。

DSC05733

私のシャインマスカット!紫色はロザリオかな。

DSC05734

フィナーレを飾る大きさ。

DSC05738

そしてゴージャス感。

DSC05739

ロッククライミングのようなルートをファインディング。
んーと、

DSC05741

山腹から。

ふあふあー。
そして中にもしっかりブドウ風味。

シャインマスカットの「ぷっちんぷっちん感」も幸せに口の中で弾けます。

友「肌寒くなってきた」

やっとこさ夏も終わりだね。

友「かき氷の後は何にするの」

いちごパフェまでの端境期の数か月。
去年は芋・栗だったけど、体重にダイレクトに跳ね返ってきたから
今年は、ちくわパン遍路にしようかな。


★★★★お店情報★★★★
かき氷カフェポニー
茨城県稲敷市犬塚849
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ