1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category日本全国かき氷&天然氷めぐり(栃木以外)

※ホリデーパスは廃止になりました


JR東日本が出している(西や四国も出してるんかもしれんけど、知らん)

ホリデー・パス



小山駅からあっちこっち乗り放題のこのパス。
小山で一回降りなきゃ買えないという難点もありますが、日帰りで

東京圏に行くならば宇都宮レベルならばフリー切符を買うより安い。

私はいつも石橋駅周辺の1日置き放題400円の駐車場において、

小山駅まで電車で行って(230円)一回降りて、駅でホリデーパス

買って(2300円)、電車乗りまくってきて、石橋で乗り越し清算して

(230円)、合計3160円でミニ旅をしてまいります。

青春18きっぷと違って特急料金払えば新幹線も乗れるし、夏休み

期間は平日でも使えるしなかなかスグレもの。

そんな今日は、ホリデーパスで、目指せ奥多摩。
…のちょい手前の…。



日向和田駅!

私の夏のお約束はここ。
かならず、いちばん暑くていちばん晴れてそうな日にホリデーパスで

来るのです(`・ω・´)b
新宿から青梅線で1時間強のこの駅、東京なのに無人駅!
さらに……。



この絶景!やっほー!


流れる多摩川の水も、ほんとーにきれい!澄んでいる!
飛び込んで泳ぎたくなる。
橋の高さ数百メートルあるから無理だけど。



目指すは、駅から徒歩五分。
さっきの橋を越えてすぐの「
紅梅苑 」さん。

東京都青郷3-905-1

と、梅の文字が連呼されるこの梅の里にあるこのお店。
夏にだけ味わえる絶品かき氷があるの……。
私はそれを食べるため、毎年ここを目指すのです。



夏期限定、氷梅500円!
梅菓子の名店の自家製梅シロップがかけられたこの氷梅。
このウマさを心底味わうためには、こんな暑くて晴れた日にこなければ、

なんかもったいないではございませんか。


この落ち着いた色が、「オトナのかき氷」という感じですね。


では、いただきまーす。しゃりっ。
はぁ~。

なぜかでるため息。

美味しい氷に、抑えた甘さながらも梅の香りが溢れるシロップのコンビネーション。
もはや何も言うことはありませぬ(T▽T;)



そして~。
氷の下にも、たんまりと梅シロップが!
氷を発掘していくと見えるこのグリーンブルー。
まるで、北極で穴掘って、下に海が見えたよう……。



ごちそうさまでした。私の夏のイベント終り!


★★★お店情報★★★

紅梅苑 (こうばいえん)

東京都青梅市梅郷3ー905ー1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。
★★★★訪問記録★★★★
一回目 上記リンクをご参照ください。
二回目  


鹿児島に来たら、絶対食べようと思っていたものがございます。
いえ、逆に言えば、これを食べるために、鹿児島に来たともいえましょう。
その名も「白くまアイス」。
どこぞの会社の商標登録アイスかと思いきや鹿児島は全般的に、この

形態のアイスを白くまと呼ぶんだとか。

クマー。


鹿児島へ来て白くまを食べずに帰るなんてパリに行ってフランスパンを食べ

ないようなもの。
どうせ食べるなら、ご本家(?)で食べたい。

というわけで、
「天文館 むじゃき」 さんへお邪魔さまでございます!


じゃーん。

ああ、夢にまで見た、これがご当地のリアル白くま。
いやー、でっかい…。
値段は600円強だったと思うけど値段分ある…。
友人は最初からギブアップしたので(練乳がダメ)運命は私にゆだねられました。
食べます。ええ、意地でも食べますとも。



やっぱりデザートだから甘い。
かき氷だから前頭葉が痛い。
でも、幸せ。味を超越した幸せ。


★★★お店情報★★★

天文館むじゃき

鹿児島県鹿児島市千日町5ー8
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。


↑このページのトップへ