1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category日光天然氷かき氷&栃木県内かき氷


私の父方祖母は、桃好きでした。
私の母方祖母は、かき氷好きでした。

ゆえに私が無類の「桃のかき氷好き」なのは、もって生まれた運命なのです…。

なので夜の闇の中、夕飯がわりに

DSC04649


2018-08-02 20.35.39

桃のかき氷を食べに行ってしまったのも、まぁ、仕方ないことと申せましょう。

DSC04650

普通のかき氷もあるんですけど、やはり

DSC04653

店舗限定!
栃木県においては、栃木室町店、鹿沼店、宇都宮元今泉店、おやまゆうえん店の4店舗で15時~23時限定でしか食べられないという「贅沢!まるごと桃氷」ください!
999円という、1000円グルメ王道の値段。

画像みた感じ、2D的な大きさは感じていたのですが、実際に来てビックリ。

DSC04657

標高も高い。
3D的に大きい。
どんだけでっかいかというと、これをトレイに乗せたウエイトレスさんの姿が見えた時、私の周囲の席でどよめきがおきたという。

DSC04661

ドローンからの空撮(嘘)。

DSC04664

やっぱり桃氷には、ミルクがかかっていてほしい。
このときめき感。

DSC04666

ソースは、オーダーごとにフレッシュ桃をミキシングだそうです。横文字多い。

DSC04672

桃は一個分。
うれしーっ。

DSC04671

では、いただきまーす。
食べてびっくり。

「ふわふわ」

という話でしたが、ホントにふわふわ。
再結晶もせず、徹頭徹尾ふわふわ。

そして、桃がおいしい。
品種分かりませんが、あまり柔らかすぎない桃。
ちなみに私は柔らかい桃が好きです。

掘削に励むと

DSC04673

チーズケーキ「クレームダンジュ」と甘酸っぱいフランボワーズソースが発掘。

DSC04681

いやーもー、幸せ、私。

もう一個食べてもいい。胃の容量的には可能。お財布的には無理…。

ご馳走様でした。
お盆には、仏前に桃とかき氷をお供えしよう…。

★★★★お店情報★★★★

デニーズ 宇都宮元今泉店

宇都宮市元今泉3-3-17
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
1回目
2回目
3回目
4回目

5回目

6回目 この記事


和菓子屋さんで「かき氷始めました」のパターンが最近多くてうれしい。
和菓子の信鶴堂さんが下永田店限定でかき氷が始まったそうなので

2018-07-21 10.59.23


行ってみました。
3種類で、
宇治ミルク金時 680円
とちおとめミルク 740円
黒みつきなこ 680円

宇治ミルク金時は、つぶあん、抹茶シロップ、白玉が自家製。
とちおとめミルクは、地元産のとちおとめ。

和菓子屋さんだから、宇治ミルク金時かなー。これください。

「本日セールでして、100円引きになります」

らっきー。

イートインスペースは無いので、外に設置してある席で食べるのですが、かき氷は炎天下の屋外で食べたい派なので、むしろウェルカム。

DSC04403

登場ー。

DSC04406

あんこ単体では食べられない私ですが、ミルクと一緒ですと好物に転じます。
あんまんは食べられないのですが、牛乳飲みながらですと、あんまんは大好物になるのです。
我ながらその辺の理由は分かりません。


DSC04407

ワビサビを感じる横顔。

DSC04409

ゴージャスにかけられた、あんことミルク。

DSC04411

どこかの夏山のよう。
ルートファインディングにいそしみ…


DSC04415

頂上からいきまーす。
あんこが、ほこほこ食感。

DSC04421

シロップ、あまり甘すぎなくて好みですー。
氷は、圧雪タイプかな。
ガシっとしているけど、口にいれるとサラサラと融けていく。

DSC04425

自家製白玉も、あずきのリボンつけているようで、かわえー。

DSC04427

氷で冷えて、きゅるんっとした食感がたまりませんですね。

DSC04429

炎天下のワビサビなひと時でございました。

★★★★お店情報★★★★
和菓子 信鶴堂 下永田店
那須塩原市下永田8-1133-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


私は夏のかき氷と登山はセットです。
先月のもんみやのかき氷店特集で、ぜひ行きたいお店がありまして、地図を見たら佐野市の秋山地区でした。
あのあたり山あるんだよね!
晴れた日に行こう。
大鳥屋山(693m)か岳ノ山(704m)。両山縦走もいいなー。
念のため、この山の夏季の登山記録を検索して調べよう。

…ヒ●が出るのかー。●ルにはできれば遭遇したくないなー。
山登りは秋になってからにしよ。

てなわけで、雨降っててもいいや。

DSC04577

ということで、不安定な天気を横眼にまいりました、桶屋氷店さん。
昔は桶屋さんだったとかで。

2018-07-29 10.55.00

かき氷とコーヒー。
なんと萌ゆる内容。
しかも今は

2018-07-29 10.46.06

桃も登場したんですって。
桃!
ぜひこれを。
桃ミルクにします650円。

DSC04547

桃ー!

DSC04549

なんと、ぷりてーなルックス。
桃の名にふさわしい…。

DSC04560

細かくカットしてあるのもいですねー。
氷となじみそう。

DSC04554

挑みたくなる氷壁もうるわしい。

DSC04560

ルートファインディング。
…。

DSC04565

山腹から。
いただきまーす。

おいしー!

という絶叫が山にこだまする(気がする)。
桃の甘さとミルクな甘さのハーモニー。

DSC04567

天も祝福してくれたのか、見事な晴れ間が。


DSC04569

そして、山腹に空いた穴から見える地層の艶めかしさ(桃がまだ中に)。

DSC04571

氷、桃、氷、桃…のミルフィーユ地層。
ループする幸せ。永久機関みたい。

氷の削り方は、
・ふあふあ
・ふあさく
・さくさく
・ぴゃりぴゃり
・ガリガリ
世の中にはいろいろありますが、私の好きな

DSC04574

ぴゃりぴゃり系!
分かりますか、猫の横顔の形のような「ぴゃりっ」としている削り氷。

DSC04575

温かいお茶のサービスもうれしい。
お腹も暖まったし

DSC04576

もう一個いっちゃおうかな。
ほうじ茶ミルク…。

と、しばらく悩んだのですが、昨今は「かき氷は一日一個まで」と己を律しておりますので

DSC04580

水出しアイスコーヒー350円を買って帰りました。
合計千円ジャストで千円グルメ。

さっぱりとしてクリスタルな感じ。
これもおいしー。

DSC04579

このチョイ先には、超人気お蕎麦屋さんの「かみやま」さんもあります。
秋になって、寒くなって虫類の活動が治まったら、また山登りがてら来ようかな。
ところで、通年氷があるんだろうか。

★★★★お店情報★★★★
桶屋氷店
栃木県佐野市秋山町813
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ