1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category神奈川県



6月の県外記事は、「本に影響された神奈川旅」です。


「冷たい甘いモノ好き」の私のバイブルは



2014年6月号のカフェ&スイーツ「アイスクリームテクニック」特集号です。

これを読んで行きたかったお店がありました。


東京・上野ラインで行ってこよ。

なぜなら場所は



鎌倉


宇都宮から乗り換えせず、一本で行けます。

腰痛くなるけど。


駅から近くに、そのお店




パレタス鎌倉店 さんがあるのでした。

こちらのお店は


アイスキャンディーの専門店で、つまりは



断面萌えの心を鷲づかみ!



雑誌で一目惚れした品の数々。



ああ、なんという陶酔のひととき。


萌ゆる。


…と、いつまでもディスプレイにへばりついていても

迷惑なので選ぼう。


…選べない。

だって私は優柔不断なんだもの。

と言いつつ、候補はすでに選んできていたりして。


ちなみに、この時は三月上旬。

寒いまっただ中でした。


アイス屋専門店なだけに、冬はいろいろ趣向を凝らしてて


いちごアイスにホットチョコをつけるオプションがあったり。

そんな中私が選びましたのは




こちら。
(熱いお茶はサービス)



500円の


むらさき芋です。


あら、断面がシンプルなのに、とお思いかもしれませんが

こちらには冬季のサービスがありまして


キャラメライザーで焼き目をつけてくださるのですっ。



お焦げ萌えにはたまりません。

(忙しいな、私も)


いただきまーす。


シンプルな感じで美味しい。

お焦げがたまりませぬ。


さらに、スポンジやらなにやら埋もれていた。


宝さがしみたい。


食べ終わった時に、棒に何やら見えたので

もしや「あたり」でもう一本かと思ったのですが




ただのマークでした。



★★★お店情報★★★

パレタス鎌倉店

神奈川県鎌倉市御成町15-7 樹々ビル 2F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

前回 前々回 に引き続き山本ありさんの「まんぷく横浜」を読んで

行きたかったお店の話です。

三軒ハシゴじゃありませんので、一応念のため。



雨の中、降りましたのは、阪東橋駅。




目指したのは、こちらのお店アルペンジロー さんです。カレー屋さんです。

余談ながら、この時差してた赤い傘、行方不明になってしまいました。

戻ってきてー。




豚肉カレーか鶏肉カレーか、どっちにしようか悩みながら来たのですが




なんということでしょう、この日のランチメニューで

鳥と豚のコラボカレーがあったのでした。

しかもジャスト千円。

これを頼まずしてどうしましょう。



さて、私がこのお店に来たかった理由は三つありまして、

まず一つは




辛さを山で選べるんですね。

いつか富士山に登りたいので、富士山にします。


プラス100円だか300円だか忘れましたが

サラダをつけることにしました。


この日は、「梅とタケノコのサラダ」でございました。


梅味のポテサラ。

不思議な感じ。


そして、本体到着。


白いお皿というキャンバスに、夢のカレーの絵を描くのです。

私が来たかった理由のその二は


この飯盒ご飯ー!



飯盒に入ったご飯を食べるなんて、小学校の時のキャンプ依頼ではあるまいか。

飯盒ご飯にカレーって合うよねー。


そして、最後の理由が




この、ゴロゴロお肉。


しかも、鳥と豚、両方。

なんたる幸せ。


鶏からいただきまーす。

ああ、ジューシーで食べ応え。


豚肉もおいしー。


そして薬味と共に



カレーいただきます。


ご飯の固さが、ツボでした。

カレーはなんというか、不思議な味でした。

苦みというか薬膳というか。


次回は、エベレストの辛さに挑戦してみたい。


「まんぷく横浜」からは以上です。

本当はもっと行くはずでしたんですが

諸般の事情で行けませんでした。


明日からはまた別の本です。



★★★お店情報★★★

アルペンジロー

神奈川県横浜市中区弥生町3-26
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


私と丸の内外資系OLが来ましたのは



奇珍 さん。


山手や本牧といった、おセレブな地域の方々が

普段着使いする中華屋さんだそうです。


こちらももちろん


山本ありさんの「まんぷく横浜」で読んで来たかったお店です。


前回の襄陽じょうよう さんからのハシゴでございます。

もちろん、カロリー消費で散歩してきました。


と言いつつ、食べられるのでしょうか。


友「大丈夫よ、さっき炭水化物食べてないもん」


だよねー。


似たモノ同士でした。




えーと、本のオススメは…


たしかチャーハンと…


友「ちょっと、私は自分の食べたいもの食べますからね!?」


わかったよー。


(竹の子そばがオススメだったんだよなー)

(竹の子タケノコたけのこ筍…)

(たけのこー!)


友「竹の子そばにしてみようかな」


テレパシー成功。




チャーハン登場。


この、ほのかなピンク色に萌ゆる。


海老プリ感が伝わってまいりますね。

グリーンピースの彩りもわんだほです。


本には「もっちり」した食感とありましたが、

確かにもっちりでした。





スープ飲み飲み


ザーサイ食べたべ(私にはちとしょっぱめでした)。




友人の竹の子そば。


友「おいしそー」


(一口欲しいな)

(一口一口一口二口でもいい)


友「一口食べる?」


テレパシー成功。


友「視線で分かるわよ」



おいしそー。


麺がとても細く、 そうめんみたいでした。

(ハリガネとはまた違う感じ)。


シナチクがとても柔らかかったです。


満足でした。

ご馳走様です。


「まんぷく横浜」はまだ続くのですが

友人はこれにて一度退場します。

後日再登場してね。


友「また量が多いんだね…」


★★★お店情報★★★

奇珍

神奈川県横浜市中区麦田町2-44

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




↑このページのトップへ