1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category佐野市・野木町のグルメ

雪ノ下」さんの新店が、道の駅どまんなかたぬまにできて、朝9時30分開店なのだそうです。
もしや、モーニングメニューがあるかなーという淡い期待を持って

 2020-03-15 09.07.31

行ってみました。
やはり、パンケーキとかき氷の二大巨頭だろうか。

DSC07110

と、ドキドキしながらメニューをめくってみたら

DSC07111

オープニング当初は、食事系はパンケーキのみ5種類のようでした。

DSC07112

あとはドリンク。

それでは(即決)、「セミドライみかん」セット1350円。
ドリンクはブレンド―!

「2番と7番がございます」

違いはいかに。

「2番は華やかな感じで、7番は苦味が強いです」

1番と、3番から6番さんはいずこに。
と思ったのですが、時間もないので7番!

レジでオーダーして、

DSC07109

番号札を渡されて、できあがり次第ピーピー音が鳴るので、取りに行くスタイル。
厚めのパンケーキなので、数十分かかるかなーと思ったのですが、わたしの場合は30分でした。
その間、わたしが好きな

2020-03-15 09.33.47

壁を向くカウンターがあったので、ボーっとしていました。
でもって30分後。

DSC07113

華やかな朝、第二幕。
この時点で10時だったので、実はすでに某所で朝ごはんを食べていたのは言うまでもありません。

DSC07115

直径サイズ的にはラブリーですが、標高はなかなか。

DSC07117

パンケーキは途中で味変したくなってしまうのですが、今回はトッピングが華やかなので心配なし。

DSC07118

珈琲豆は、堀口珈琲さん。
余韻をもって味わいたい。と思いつつ、なかなか時間もなかった。

DSC07121

セミドライみかんは、皮ごと食べて良いのでありましょうか。

DSC07120

悩んだ時は、食べてしまおう。

DSC07123

いただきまーす。

濃厚なココア生地のパンケーキが、セミドライみかんがあることで、一気にサッパリ。
チョコと柑橘類の組み合わせは、やはり良いですね!

さて、次回はきっと夏。
かき氷遍路に来るでしょう。でも混むだろうなー。

★★★★お店情報★★★★
栃木県佐野市吉水町366-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





今年もいろんなパン屋さんと出会いましたが、忘れえぬパン屋さんは土曜日だけ営業している栃木市の「ピーナッツ」さん。
そしたら、佐野市にも(現在のところ)土曜日だけのパン屋さんがあるそうな。
年内の最終営業日に滑りこみセーフだったので、栃木市でソトアサしながら行ってみました。

DSC06148

それが「おばなのはら。」さん。
私が早々に来たのは理由がありまして

DSC06169


暖簾からも既に察することができますが

DSC06149

ネコちゃん食パンがあるのです。

DSC06162

これを買わずにはいられましょうかー。
黒ねこちゃんと白ねこちゃんがいる。
両方買いたいけど、わが家の冷蔵庫は現在パンク状態。
涙を飲んで、白猫ちゃん。

DSC06165

ちくわパンもあるー。

DSC06164

惣菜系もある。
しかし、冷凍庫が前述のとおりなので、また後日。

DSC06156

もしや、あんバターもあるだろうか。

DSC06157

あったー。ブリオッシュ生地のあんバターはあまり見ない気がする。
サイズもラブリーだし、今日は他にこれを買おう。
しかし、お隣の「クジラ形状のクリームパン」といい、

DSC06160

リンゴをバラ状に巻いたパンといい、萌えが詰まっているディスプレイ…。

DSC06152

さらに萌え萌えな「肉球パン」をお店のツイッターで拝見していたのですが、それは今日は無いようでした。

DSC06153

かぼちゃのメロンパンもスゴイ。
少女の夢が詰まっている感がある。
しかし私は大人なので

DSC06150

大人の夢的な春菊のパンを買っていきましょう。
猫食パン(一斤)520円、春菊パン280円、あんバター150円、合計950円でした。
春菊パンはお店の方のオススメのとおり

2019-12-29 06.55.14

チーズを乗せてトーストしてみました。
七味がきかせてあるそうで、うん、これはお酒のつまみだ…。
なんか変わったものサンドすると、さらにつまみ要素が高まりそうですね。

2019-12-28 20.40.15

そしてあんバター。
ブリオッシュ生地の「つぺつぺ感」と

2019-12-28 20.41.03

あんこのしっとり加減、バターの塩っけ。

初めてのブリオッシュ体験。
これを持って、ベルばら時代のベルサイユ宮殿にタイムスリップしたい。

さて、猫食パン。
トースト(フライパンでバターで焼いた)したんですが

2019-12-30 06.54.07

うーん。
ひよこ饅頭を食べる時のためらいに似た気持ちが。

夫「しじみー!しじみを食べるのかー!」

わーん、ごめんよ、しじみ。

2019-12-01 07.59.32

運命(=この家には夫が住んでいる)ことを受け入れた感のある、昨今の愛猫しじみでした。
自分からは夫に近づいてきませんが、抱っこは許可するようになりました(5秒くらいなら)。

猫食パンのお味ですが(結局食べた)、お豆腐が練りこまれているそうで、あっさりさっぱりしっとり、でした。
しじみの性格とは対極にありました。

次回はぜひ、肉球パンと黒ねこパンを…。

なお、2020年は1月11日(土)から営業だそうです。



★★★★お店情報★★★★
おばなのはら。
栃木県佐野市栃本町963
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


こういう理由で、6月くらいまで毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。
クリスマスが終わるといちごの値段が落ち着くのか、あちこちで始まる「いちごパフェ」。大都市圏だと、ホテルの「イチゴフェア(スイーツビュッフェ系)」が色々あっていいなーと思うのです。

栃木県内のホテルでは、あまり「いちごフェア」を目にしない気がする。

そんな数少ない「いちごフェアがあるホテル」の一つ、

2019-12-21 11.32.12

佐野市のCAFE R9(ホテルR9併設)さんに行ってみました。
昨年もフェアがあったのですが、知ったのは終わってから半年後でした。
今年はそのようなことが無いようにとインスタをフォローし、今か今かと待っていたのですが

 2019-12-21 11.08.02

ついに始まった次第です。
いちごパフェは大小あるのですが、300円の違いなので大。
夫は無理矢理引っ張ってきたワケなので、別に無理せずともいいですよと言ったのですが、ミニパフェを選びました。

やはりパフェは複数あると

2019-12-21 11.24.27

艶やか~。
アイドルユニットみたい。

2019-12-21 11.24.30

ソロでも可愛いですが

2019-12-21 11.25.03

複数形も複数系の魅力がある。
キャンディーよりも、キャンディーズの方が可愛らしさ増し増しに聞こえる(ような)。

2019-12-21 11.24.06

こちらがミニですが、ミニとも思えぬ迫力。

2019-12-21 11.24.12

地層もしっかり。

2019-12-21 11.24.14

私の大。

2019-12-21 11.25.20

いただきまーす。
とちおとめだと思いますが、さすが産地。肉厚で(薄い輪切りオンリーはちょっと哀しくなってしまう)、そしてふんだんに盛られ、これこそいちごの国のパフェ。

満足でした。

さて、前述のようにこちらのカフェはホテル併設なので、私の関心は「モーニング」にあるのです。
ビジターでも早朝からドリンクならオーダー可能だそうなのですが、宿泊客ならどうなのだろう。

2019-12-21 11.31.59

定食スタイルであるのかー。
朝食目当てに泊まってみたい。一人だけど。

★★★★お店情報★★★★
CAFE R9
栃木県佐野市浅沼町615‐10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



↑このページのトップへ