1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category宇都宮の唐揚げ・お弁当・総菜


あまりにも肉肉しいソトアサをしてしまった(その話はまた後日)。
ただちに10キロジョギングしたので、とりあえずカロリー消費問題は置いといて(それでも半分くらいしか消費できなかったと思うが)、お昼ご飯はどうしよう。
抜くという選択肢はないし。

野菜メインでヘルシー系で軽く食べられるところないかな。
あ、確か。

02

日光街道沿いにFARMDELIファームデリさんという、野菜メインのお惣菜のお店が出来たと、タウン誌の新店案内で読んだ。
行ってみよ。

10

プレート1500円はちょっと予算オーバー(さらに税別)。
でも、消費税が10%になる前に食べておこうかなぁ。
しかし、単品の組み合わせでアンダー千円でもいいな。

ちなみに、プレートだと、どんな感じなのでしょう。

43

「ミートデリか、フィッシュデリ、ベジタブルデリから一つメインを選んでいただいて、あとはお好きなお惣菜を四種類」

四種類って、なんでもいいんですか。

「なんでもどうぞ」

41

おおっ。

55

なんてカラフル、そして艶やかな。

57

さらにヘルシー、そしておいしそう。

04

次いつ来られるかわからないし、人生は一期一会。
言い訳タイム終了。
ベジプレートにします。
四種類ですね。これとそれとあれと、後はどれでも。

「ドリンク選んでください。400円のものがセットになります」

33

普段ならアイスコーヒー一択なんだけど、10キロジョギングしてきたので身体がクエン酸を求めていた。
オレンジジュースにします。
でもってメインは、あまりにも朝が肉肉しかったので、サカナにします。

24

ピタパンとポタージュとデリ一種類って手もあったな。そしたらアンダー千円だった。
ところで、こちらのお店ってURLが
http://imaginer.co.jp/
なんですよね。co.jpというと、会社組織。
どこの会社が運営しているのだろー。
Google先生に訊いてみたら

Chihiroさんかー!

それはもう、期待が盛り上がります。

DSC08576

期待を上回るルックス。

DSC08577

これはヴァイオレットデリ。
紫キャベツとかビーツとか紫蘇とか。
視力が上がりそう。
酸味強いのかなと思ったけど、意外にまろやか。
これを茹で鳥の上にのせて食べたい。

DSC08579

チミチュリ。Google先生に訊いたら、アルゼンチン発祥の野菜ソースだそうで。
チキン、むね肉だと思いますが、マリネ効果か非常に柔らかい。
細かく刻んだ野菜の食感も心地良い。

DSC08581

ピクルス。
食感がしっかり残っていて、まろやかな酸味でおいしゅうございます。
毎日お弁当に持っていきたい(と、夢見ながら白菜の塩もみを作る私)。

DSC08583

ホワイトデリ。ごぼうとかシメジとか「白」系。いろいろな食感がいっぱいで、ああ、楽しい。

DSC08580

メインはサーモンとオニオンのロースト。
オニオンがとろとろで、甘くておいしー。
サーモンとディルとレモンの組み合わせは、爽やか三位一体。

DSC08582

オレンジジュースよりも白ワイン飲みたかった。車だから無理だけど。

お腹いっぱいだけど重くはなくて、とても軽やかな気分で午後を迎えられました。
毎日お昼がこれだったら、安心して人間ドックを迎えられそう。

宝くじ当たらないかなー。

★★★★お店情報★★★★
FARMDELIファームデリ
宇都宮市上戸祭町23-8
営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜日
※お店情報は訪問当時のものです


宇都宮大学近くの「街家かふぇ 木・木」さんに行った帰り道、どうせ歩いてきたんだから、歩きでないと行けなさそうなお店に行ってみることにしました。
同じく宇都宮大学近くの123号沿いにある(ゆえに車では行けない。理由:駐車場)

32

若鳥専門店 鳥義商店さんです。
口コミ調査隊でご推薦コメントをいただいていたような気がするのですが、コメント検索しても見つかりませんでした。ごめんなさいまし。

ラブリーな個人商店さんで、年代物と感じるショーケース一つにリーズナボな鳥惣菜がぎっしり。

宇都宮商業近くの保田鳥肉店さんに通じるものを感じる。

焼き台があるので、焼き鳥もあるのだろうと思うのですが「午後3時くらいから~」ということでした。
今12時半。ここで3時まで待つワケにも行かないし、一回帰ってまた来るのは、さすがに気力が回復しないと思いましたので、有るものを買って帰ることにしました。

えーと、それとこれとこれ。

DSC08094

ロールチキン220円、フライドチキン250円、鳥メンチ60円、合計530円。
なんてリーズナボ。

DSC08098

鳥ロールは、目の前で巻き巻きしていたので、つられて買った次第です。
一本をカットして皿に載せました。画像はその半分の量くらいです。
残りの半分は胃の中です。

ノスタルジックな甘じょっぱい味付けで、これで白いご飯を山盛り食べたいなーと思いました。

DSC08102

鳥メンチ。
カリっとした衣で、鳥だからか、意外にあっさり。
思いっきり甘いソースをかけて食べたいなと思ったものの、カラシオンリーでさらりと食べました。
これをオカズに、濃い味付けのチキンライスを食べたい。

DSC08103

フライドチキン。
半田精肉店さん閉店の今、「鶏の足のから揚げ」を探し求める我が家(実家)の救世主となるか。

いただきます。

カリカリ。そして、塩っ気濃い目の味付け。
これでビールが飲みたい。

あれ、全部食べてしまった。
もう一回歩いて焼き鳥買ってこようかなーと真剣に悩んだ土曜日でした。

★★★★お店情報★★★★
若鳥専門店 鳥義商店
栃木県 宇都宮市 峰町1-14-14
営業時間&定休日 今度訊いておきます


私の実家筋から聞いた話。

肉の半田さん、今月(2017年7月)末で閉店だって」

だーっ。
私は、半田さんのお惣菜を食べて大きくなったのに…。
ソウルフードというものがあるなら、それは半田さんの肉団子。
いさみやさん(の、とんかつ)、東力士酒蔵さん(の、餃子)に引き続いて、私のソウルフードがまた思い出になってしまうのか…。

最後に

38

買いに行ってきました…。
私のソウルフード御三家
・肉団子
・ささみフライ
・ポテトサラダ

それと目の前で売ってた「鳥のさっぱり煮」

DSC06928

合計993円。
最後ぐらい1000円ストッパー外したかったのに、無意識に働いてしまう。

DSC06933

わが最愛の肉団子。
もはや「こういう味なんですよ」と説明できないレベルの、私が小学生のころから、これを食べて育った味。

DSC06935

ささみフライ…。
以前は丸のままだったけど、今は開いているのね…。
でもこれも同じく、私のソウルフード…。

DSC06936

そして、これ。

DSC06937

ポテサラ。
最後くらい「どさっ」と買いたかったけど、冷凍できないし日持ちしないし…。

初回記事にも書きましたが、私の母は自宅で仕事してましたんで(今もしてますが)、土曜日、お昼に学校から帰ってくると、半田さんのお惣菜がちゃぶ台の上に並んでいて

「勝手に食べなー」

と母が仕事しながら私に声かけたのでした。

ちゃぶ台の上には新聞紙がかけてあるお昼ご飯があって、新聞紙を外すと

DSC06944

こんな風になっていて、私はこれを食べて、そして午後は漫画を読んで過ごす。
それが私の「土曜日」でした。

と、家に帰って母に言いましたら

「今までありがとうございました~って挨拶したのっ!?」

言えなかったよぉぉぉ。言ったら泣いてしまいそうだ。

「これからクリスマスと誕生日どうしようねぇ」

そうなんです。
実家のクリスマスと父母の誕生日、または何かめでたいことがあった、気分が盛り上がった、そんな時は半田さんの裏メニュー、「鳥の足のから揚げ」だったのです(解凍の関係で前日予約らしい)。
どうしよう。唐揚げ難民になってしまうのか。

「最後の日に、から揚げ買ってくるよ」

そうしてください…。私も食べに来ますから…。

DSC06945

この日の夜、涙酒をしながら食べた、お初の「さっぱり煮」は、さっぱりと美味しかったです。

半田さん、今までありがとうございました…。

★★★お店情報★★★

肉の半田

栃木県宇都宮市陽東3丁目18-12
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

※お店情報は訪問当時のものです
★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目 この記事


↑このページのトップへ