1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category群馬県


備前楯山も無事下山しまして、国民宿舎かじか荘でお風呂にも入りました。
さぁ、都内外資系OLの友人、お昼ご飯はどうする。

友「候補は?」

かじか荘のレストランか、車で30分かかるけど、わたらせ渓谷鐵道神戸駅にある、車両を使ったレストラン。

友「後者」

本人は否定すれども、彼女もまた鉄子であった。
でも私は乗り鉄、彼女は撮り鉄。

DSC05008

それは、神戸駅にある、列車レストラン 清流さん。
かじか荘も清流さんも、

54042d35

たかぎなおこさんの「ローカル線で温泉ひとりたび」の第一話目に出てくるんですね。
一度やってみたい、わたらせ鐡道乗り放題の旅。

友「わ鉄ってどこ走ってるの」

桐生から間藤。どこの駅から乗るかが悩ましい。

DSC05009

メニューはこちら。
私は、本に出てきたトロッコ弁当にする。

友「私は麦とろ定食」

お店は2番線上りホーム側とな。

DSC05010

あれだ。

DSC05011

友「本当に車両がレストランなんだねー。一度日本酒列車に乗ってみたい。と言ったのに、誰かが先に行った

どうもすんません。

DSC05012

まぁ、とりあえず2番ホームに行こうではないか。

友「いいわねー!このローカル線ムード」

DSC05013

視力が上がりそうな緑。

DSC05014

では、いざ中に。

DSC05016

まぁっ。本当に食堂車っぽくて良いわっ。

友「なんということでしょう」

DSC05026

友「完売の嵐…。麦とろ定食も、トロッコ弁当も」

がーん。ざるうどんは完売なのに、肉うどんはあるとは、これいかに。

友「私、肉そばでいいや」

私は舞茸天うどん…。
でも、私は暑い時に熱い汁物が食べられない。
お店の方~、プラス料金払いますから、冷やしていただけませんでしょうか。

「190円プラスになります」

いいです、冷えたうどんになるなら。

DSC05019

きたー!(というかセルフだから取りにいった)

DSC05021

うどん好きの鉄子には、たまらないシチュエーション。

友「あ!列車来たよ」

DSC05022

見られてラッキー。

友「お店の人が、トロッコ弁当たくさん持って行ってる」

確か、事前予約で運んできてもらえるんだよ(と、たかぎさんの本にあった)。

友「予約しときゃ良かったね」

しょーがない。登る山決めたの昨日の夜だし(行き当たりばったり)。

DSC05024

いわゆる普通のゆで麺だけど、これもまた良し。
珠玉は

DSC05025

舞茸天!これおいしかった!
考えてみれば、たがぎさんの本のトロッコ弁当のくだりに、舞茸天が美味しいと書いてあったなぁ。

友「今度は、一泊二日で来て、もっと高い山登ってかじか荘で宴会したいわねえ」

もうちょっと鍛えてから来ましょう。

★★★★お店情報★★★★
列車レストラン 清流
群馬県みどり市東町神戸886-1わたらせ渓谷鐵道神戸駅構内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちらで、上越・北陸いちごパフェ流れ旅に出た理由はこちら
前述のように、本当は鉄路で全部周ろうと思ったのですが、時間や本数を考えると新潟は厳しかった。
なもんで、翌週に一人で車で行くことにしました。

でもロングドライブだよなー。
Google先生によると2時間40分くらい…。
絶対ヒマだ。飽きるに違いない。
普段はBGM無しで走るけど、今回は

DSC02014

私の(今の)最愛の歌姫、島津亜矢のCDを聴きながら行こう。
青春18きっぷの旅のコツは途中下車して休みながら行くことだけど、高速の場合は、SAやPAでこまめに休息しながら行くこと。
起きたらすぐに食べないと力出ないタイプの私にはツライけど、PAやSAで朝ごはん(複数形)食べながら行こう。
せっかくだから、栃木県を出てから食べよ。
まずは

33


波志江PA(西行き)。
珈琲、コーヒーを飲まないとダメだぁ。
こちらミカドコーヒーが入ってるんですね。

41-1

200円のコーヒー。
おおっ。美味しいっ。
コクがあって酸味少なくてスイっと飲める。
次あたりで、朝食本体にとりかかりたい。
赤城高原SA(下り)にしよ。
なぜなら

DSC01924

水沢うどんがあるのだ!
ご当地うどんで朝ごはん。うどん好きの血がたぎる。

DSC01925

あれっ。
朝ごはんメニューはご飯のみ。
それなら、温かいうどんを食べようかなぁ。

DSC01927

カレーうどん…。

「讃岐うどんを使用しています」

なぜに。
せっかくだし、ご当地メニュー食べたい。

DSC01949

ホルモン定食でソトアサも、なかなか乙なものかもしれない。
でもちょっと朝にはヘヴィかしら。

DSC01945

フェアメニューもある…。
ペペロンで朝ごはんもいいな。スタミナつきそう。
ひもかわうどん!
ご当地うどんだ。しかし私はトロロができれば無い方がいい。
素うどんないかな。

DSC01931

ありました(580円)。

DSC01932

この幅広加減と薄さで

DSC01935

つるつる・ぷるるん と食べられる、それがひもかわうどんの至福。

…。
たんぱく質摂りたいなぁ。

DSC01937

ホルモンソーセージ380円…。
赤城高原SA下り線限定…。限定に弱い私。
ホルモン定食は食べなかったし

DSC01940

ソーセージ食べていこ。
天然羊腸かな。皮が伸びる。味付けは意外にあっさり穏やか~と思ったところで、ホルモン味が攻めてきた。キャベツのザクザク感が心地良いです。

さて、ここからさらに気合いを入れて行かなくては。

53

谷川岳PA(下り)に到着。
さすがに

DSC01948

もう食べられないかなー。美味しそうだけど。

DSC01950

ここはキッチリとソトアサメニューがあった。

DSC01952

ガッツリ系が多いのは、谷川岳登山の人向けであろうか。

実は今年の夏は谷川岳(初心者向けコース)に登ろうかなと思ってたので、車で来られるかどうかの下見も兼ねていたんでした。
車で来られそう。
しかし、モグラ駅で有名な土合駅も使いたいし。鉄路もいいな。悩ましい。

…。
コーヒー飲みたい。
いや、まだ飲んではならない。

目の前のトンネルを抜ければそこは新潟。
そこにコーヒーの名店が…。

DSC01946

トンネルの先…。
なんか雪降っていそうな。

続く。

★★★★お店情報★★★★
波志江PA(西行き)
群馬県伊勢崎市波志江町2564-1

赤城高原SA(下り)
群馬県利根郡昭和村大字森下字箱崎1552

谷川岳PA(下り)
群馬県利根郡みなかみ町大字阿能川字黒川ハタ1059-7

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


いちごの種類と産地:紅ほっぺ(静岡県) やよいひめ(群馬県)

こういうワケでして梅雨入りくらいまでは、毎週日曜日は「2017いちごパフェ流れ旅」です。

二回目の今回は、群馬県桐生市にある

56

旬彩工房Hashimotoさんです。
橋本果物店さんがやってらっしゃるフルーツパーラーだそうです。
果物屋さんがやっているフルーツパーラーのいちごパフェは、まず「当たり」。

そうです、桐生に来たのはこのため。ゆえに帰路は桐生→佐野ルートを選んだのです。

13

お店の前に貼ってあるイチゴパフェの写真。
この時点ですでに「大当たり」を確信いたしました。

36

なのに、フルーツパフェ各種の誘惑が。

うーむ(悩む)。

いいや、丸美屋さんにはまた行くだろうし、フルーツパフェは次回。
いちごパフェにします!

「どれになさいますか」


36

なんとー!
四種類も。

ぜんぶ。

と、言いたいところなのですが、それはお財布と人間ドックが許さない。

うーむ(悩む)。

いちごパフェください。高い方。単品でいいです…。

私は開店と同時に入店したのですが、次々にお客さんが来店。
みなさん

「いちごパフエください」

でした。

DSC05407

こちらが、その話題の主。

DSC05410

うるわしの鳥瞰図から見る「王冠部分」のいちごは、静岡県産「紅ほっぺ」で

DSC05409

断面萌えにはたまらない断層部分は、群馬県産「やよいひめ」だそうです。

DSC05412

では、王冠部分から。
いただきまーす。

馥郁

とした単語が脳裏をよぎる、芳醇な香り…

やよいひめは、ワインのような熟し感を感じました。

中のいちごアイスもおいしい。
うーん、これは始まって間もないのに、今季女王様クラス。

もう一種類くらいイチゴパフェ食べちゃおうかな。

05


そして、フルーツサンドも気になる。

この、チョコレートいちごサンドってなんですかーっ。
テイクアウトしようかな。
いや、しかしお財布と人間ドックが(以下同文)。

せめて、いちご買って行こうかな。おいしかったし…

と、数十メートル先にある果物店さんの方にいったら、とちおとめでした。
あの紅ほっぺとやよいひめが欲しいのですが~

「こちらは主に贈答用なので、日持ちするイチゴがおいてあるのです。
 カフェの方では、すぐに使うので完熟した新鮮なイチゴがあります」

がーん。

「カフェの方で販売していませんでしたか?」

あったのかしら。

100キロ近く運転してきても、数十メートル歩いて戻るのがめんどい私は、そのまま帰宅してしまったのでした。

いちごの季節が終わるまでに、もう一回行きたいなー。

★★★★お店情報★★★★

旬彩工房Hashimoto

群馬県桐生市錦町1-5-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ