1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category栃木市・壬生町のグルメ



手術のため父が獨協医科大病院に入院しておりました。
なもんで、母を車に乗っけてしばらく壬生町往復していたのでした。

済生会もそうですが、1階に

2018-06-05 09.46.12

スタバが入っているので、待ち時間にコーヒータイムしていたんですが、朝から営業していても、いわゆる「モーニングセット」は無いのですよね。

が、しかし。
院内にモーニングスポットはあった。

2018-06-05 09.42.15


レストランベルグさんでございます。

2018-06-05 09.42.11

モーニング営業があるのは月~土。
平日は普段は来られないし、土曜日もなかなか来られないし、これを機会にモーニング。
パッと見、洋食の方がカロリー高そうに見えるんだけど、意外や和食の方が高かった。

2018-06-07 08.21.29

ランチメニューもいいなー。
しかし、朝食にします。洋食です、洋食。

DSC03574

こちら。

DSC03575

パンは結構厚切り。

DSC03579

ロースハムにスクランブルエッグ(的なもの)、

DSC03581

マーガリン、ジャム…。
どのように配分すべきか。

半分は「マーガリン&ジャム」でノスタルジックにし、残り半分はハム&卵で惣菜パン的に食べるか。

DSC03577

考えがまとまらないので、サラダ食べて考えよう。

レストラン広いんですが、医局の方の朝食スポットらしく、眺めておりますと「ER」の登場人物的気分になりますのです。

で、考えるのを忘れていたので

DSC03582


まあ、好きなように食べよう。
マーガリンで半分食べて、卵&ハムは前菜的存在にして、ジャムで残り半分をデザート的に食べる。

DSC03580

そんでもって、

DSC03585

コーヒーでボーっとしていると、脳裏を「ER」のテーマが流れるんでした。
そうこうしているうちに帰る時間になり

2018-06-07 08.38.33

広大な駐車場のどこに車を置いたのか忘れ、車のキーを押しながら「どこー」と呼ぶのでした。

10日くらいで退院できたのですが、帰り路父はずーっと
「アレ食べたいコレ食べたい」と騒いでいて(ホットケーキがいちばん食べたかったらしい)
ああ、親子だなーと思ったのでした。

★★★★お店情報★★★★
レストランベルグ
壬生町大字北小林880
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


いちごパフェ流れ旅を始めた理由はこちら
6月いっぱいまで、毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」の予定です。


DSC02473

いちごパフェの文字を発見したのです。ミニだけど。
どないしよー。肉肉しい朝ごはんを食べてしまったし、さりとて一期一会だし。
ダメ元で訊いてみよう。
今の時間帯(ソトアサ)で、パフェのオーダー大丈夫ですかー。

「シェフに確認しますね、お待ちください」

ダメなら、ご縁が無かったと思い、また後日来よう。
OKなら、これは「今食べろ」という神のご意志。

「大丈夫です」

ご意志きたー。

DSC02495

こちらー。
(コーヒーはモーニングセットでついてきたもの)

DSC02499

ミニパフェだけど、パフェ要素がぎゅぎゅっと詰まったパフェ。

DSC02501

七五三の髪飾りのような、可憐な王冠部。

DSC02505

赤・白・黄色、どの花見てもきれいだなー♪とお遊戯したくなる地層部分。

DSC02506

エリザベス一世のような後ろ姿。
扇で顔を隠す奥ゆかしい平安美人ともいえましょう。

DSC02513

どこから食べようかなー。

DSC02514

「私を食べて」と訴えかけるような、瑞々しいとちおとめ。

DSC02516

そのアピールに堕ちた私。
いただきまーす。

ああ、なんて瑞々しや。

身体中をビタミンCが駆け巡る気分。
酸味をクリームやアイスで回復させながら、地層部分まで。
底はシリアルで、カリカリ感で食感回復。

DSC02509


コーヒーで巴波川を眺めてボーっとしながら

運動しないとヤバいな、これ。

と、本日のジョギングを誓ったのでした。

★★★★お店情報★★★★
ゲストハウス蔵の街キッチン
栃木市湊町12-20
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
後編 この記事


まっすぐ帰るものなんだし、新しいカフェがいっぱいできた栃木市に寄って散歩していこうかねの話になり、

DSC02898

散歩してたら、あれ~?

DSC02896

cafe hanaさんとな。
初めて見る気がする。
ご新規店に違いない、と思って入ったら

「開店して10年以上なんですよ~」

どうも失礼いたしました。
賑やかな場所にあって、非常に落ち着いた雰囲気。
ゆえに、気づかなかったのでありましょう。ということにしよう。

2018-05-06 13.01.12

焼きサンドセット気になるけど、さっきホットサンド食べたしな~。

友「私はレスカ」

レスカ!

なんと大人な響き。
お水をお冷やと呼ぶような。

では私もレスカにします。


DSC02880

グラスかわえー。

DSC02883

そしてレモンスカッシュ登場。

御店主「甘さが足りない時には、そちらのシロップ追加してください」

ということは、甘さ控えめなのかな。
基本的に甘い飲み物は得意ではないので、控えめならうれしい。

DSC02885

果肉の浮かぶ水面。

DSC02886

往年のアイドルの衣装のような、うるわしのグラデーション。

DSC02889

暑さで疲れた身体に、清涼のひととき。

やはり甘さ控えめで、酸味を心地良く味わったのでした。

DSC02894

このまま、いつまでものんべんだらりとしていたい。
そんな、オトナ空間なカフェでした。

★★★★お店情報★★★★
cafe hana
栃木市倭町7-17
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


↑このページのトップへ