1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category栃木市・壬生町のグルメ

海鮮丼の日々を送っていたりカキフライの粒を数えていたころ、栃木市の「うおえい」さんにお邪魔したのですが、移転されたんだそうです。

 DSC03280

というワケで行ってみました。
郊外型のお店になったようです。
なんとなく通りかかるのは、なかなかないようなシチュエーション。
あたらしい店名は「おりょうり魚栄」さん。
移転前はアンダー千円メニューもかなりありましたが

DSC03264

移転後は、変わったようです。
刺身定食1200円がいちばんリーズナボーでありましょうか。
定食セット500円に着目し

DSC03266

一品料理につけることもできるかな。
もずく酢定食とか。

DSC03265

やきとり定食とか。
周囲のお客さんは、刺身or天ぷら定食が多いようでした。
お店のツイッターとか拝見すると、刺身定食推しのようだし、刺身定食にします。

DSC03267

香の物と大根の煮物をいただきつつ、しばし待つ。
その間、周囲の観察をしていると、天ぷらや鳥唐のテイクアウトをお願いする方が多いようでした。
なるほど、お土産プロジェクト。

DSC03270

お刺身定食~。

DSC03272

お店のツイッターを拝見すると、刺身はその日その日のオススメが供されるそうですが(魚フライ定食も)不動のセンターはマグロだそうです。

DSC03273

なるほど、センター。
センターといえば、キャンディーズの不動のセンターといえば蘭ちゃんのイメージだったんだけど、「わな」の時はミキちゃんがセンターだったと知って、ちょっと驚いたこの頃。
私はスーちゃん推しだったんだけど、スーちゃんがセンターだった曲はあるのだろうか。


DSC03275

ご飯は半ライスにしていただきましたが、お刺身の量が多いので、程よい感じでした。

DSC03277

お茶をいただきつつ…。

Rがつく月になったら、再度「カキフライ」エンジンを始動しようと思うのでした。


★★★★お店情報★★★★
 おりょうり魚栄
栃木市吹上町206
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



そのメニューとビジュアルは、私を栃木市に駆り立てるのに余りあるパワーがありました。
ということで、

 DSC03405

何度も栃木市に来ているのに、今回初めて知った「焼肉中華 福楽苑」に車を飛ばしてきた私(と夫)。
見たのはもちろん「玉ねぎ畑の管理人」キャツミさんのブログです。
私の目を奪ったのは

DSC03407

このメニュー表もなんですが…。
もちろん、スパゲッティナポリタン600円。
そして肉スープ250円。

夫「玉子スープも肉スープも野菜スープもワカメスープも全部値段が同じ(250円)ってスゴイ」

さらにスゴイのは

DSC03406

焼き肉系のお店にはよく見かける「サラダ」の文字が無い。
唯一の野菜メニューが野菜スープなんだ。

夫はナポリンタン食べてください。
私は肉スープと…

夫「かつ丼?」

いえ、意外でしょうが冷やし中華。
この雰囲気のお店の冷やし中華がどのようなものか非常に気になる。

周囲のお客さんのオーダー率は「カルビ丼」が非常に多く、丼には蓋が乗り、その蓋の上にさらに香物の小皿が乗る三層構造は、ノスタルジック度ハンパない。

そしてさらに気になったのは

2019-07-27 12.25.02

クリームカルピス350円。
流れからして、カルピスの中にアイスが浮かんでいると思われるけど、見たこと無い。

お店の方「冷やし中華はどちら?」

私です私です。

DSC03409

キターん。

DSC03411

キクラゲに玉子焼、

DSC03412

キュウリに

DSC03413

ハムにナルト。
均一の細さに切り分けられた具に、盛り上がる期待。

DSC03417

いただきまーす。
麺は柔らかめ。
心の奥底の扉を開くような、甘酸っぱいノスタルジックな味。

そんでもって

DSC03418

ナポリタン!
銀皿にナポリタンは、「梅にウグイス」のような、ジャパネスク的麗しいとり合わせ。

DSC03420

一口いただきます。
これは…

あの味。

どんな味かと言われると、私の記憶の「ナポリタンといえばこんな味」のストライクゾーンに、ぐわしっとくる味。
柔らかめの麺が、そのストライクゾーンに時速150㎞で飛び込んでくる。

しあわせー。

DSC03421

小どんぶりのサイズの肉スープ。

DSC03423

これは…!

夫「どしたの」

DSC03424

野菜スープだ。

なのだけど、さっぱりあっさりしているし、お値段同じだし、結果オーライ。
これで麺入れて食べたら美味しいだろうな。

夫、近いうちにぜひ再訪しましょう。
私はカルビ丼で行きます。

夫「俺は、目玉焼きと赤いウインナー炒めとライスかな」

家でも食べられるような。

夫「あえてここで食べたいんだよ」

そんな雰囲気のお店でした。

★★★★お店情報★★★★
福楽苑
栃木県栃木市今泉町1丁目8−4
営業時間 11:00~20:00
定休日 木曜日
※お店情報は訪問当時のものです


















去年食べはぐったかき氷は結構ありまして、その一つが武平作 栃木本店さんだったのでした。
今年はなんとしても。
と、思いながらインスタグラムを日々見つめていても、出てこない。
今年は無いのかなー。

そしたら、別の情報系アプリで始まったことを知りました。

 DSC03262

よし、早いうちに食べにこよう(また忘れるから)。

DSC03246

去年は、「しろくま」食べたいと思っていたんだっけ(これは間違いない)。
これください。
しかし…

DSC03247

焼きたて団子も食べたいなー。
お団子屋さんだしなー。
うーむ。

DSC03248

緑の庭園を眺めながら悩むことしばし。
答えは一つ。

「団子は秋冬でも食べられるではないか」

DSC03250


ということで、初志貫徹のしろくま700円。
大きい。
わたあめサイズ。
フルーツ類は全部フローズンでした。

DSC03253

氷のシースルーが悩ましい。

DSC03254

大きいから、崩壊防止のためにも、登攀ルートをきっちり分析せねば。
でもかき氷だから、分析は瞬時に終えねばならない(溶けるから)。
よしっ。

DSC03256

まずはポッキーからだ。
考えてみると、かき氷にポッキーが刺さっているシチュエーションって初めてだろうか。

DSC03260

で、これが…。

サクサクとしたポッキーの食感と、サクサクっとした氷の食感が「サクサク二重奏」で非常に心地よい!
この心地良さはどこかで味わった。
どこだ。
んー。

あ、とちぎ屋さんだ!クラッシュナッツと氷のサクサクコンビが快感だったんだ。

DSC03261

大きかったですが、最後まできっちり形状ホールドのままゴール。

やりきった感。

★★★お店情報★★★
栃木市城内町2-15-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




↑このページのトップへ