1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category栃木市・壬生町のグルメ


そろそろ終わりが見えてきましたが、毎週日曜日は「かき氷遍路」です。
23回目の今回は、いちごが有名な


2018-09-01 11.59.03

Mib-TOWNさん…

えっ。


2018-09-01 11.48.13

桃!?



2018-09-01 11.48.10

ケーキ!ジュース!杏仁!


かき氷は無かった。
しょぼーん。

まあ、いいや。今日の目的はフローズンな苺を削ったという

2018-09-01 11.48.18

日光社参 将軍の苺氷だし…。
視線がその右下のサンライズ・マンゴーに引きずられるけど…。
両方食べるという手もあるけど…。
ついでに桃も食べてしまうという手もあるな…。

今後を見据えて、小さめSサイズ491円(税別)ください。

2018-09-01 11.50.26

愛らしい乙女姿。

2018-09-01 11.51.01

やっぱり、苺には練乳がたっぷりほしい。

2018-09-01 11.52.01

いただきまーす。

これは…!
昔懐かしの、女峰を牛乳に入れてつぶして砂糖かけて食べた、あの懐かしの味の夏版…!

私のイチゴ好き原点の味…。と、余韻に浸るのでした。(BGM「ふるさと」♪うーさーぎーおーいしーかーのーやーまー♪)

余韻に浸りすぎて、マンゴーと桃はまた次回に、と帰ったのでした。

★★★★お店情報★★★★

Mib-TOWN

壬生町国谷1870-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  

三回目この記事

私はうどん好きです。
生まれ変わったら、うどん打ちの名手になりたい(現世では諦めた)。

玉ねぎ畑の管理人・キャツミさんのブログや、リアルワカコ酒ナナコさんのブログに登場するうどん屋さんが、めちゃウマソーでした。

行ってくる。

2018-09-01 11.37.06

来ました。
初訪問のうどん店においては、「冷たいうどん」と決めております。

2018-09-01 11.17.30

もりうどん450円。リーズナボー。
理想は大根おろしが山ほど乗っている「おろしうどん」なんだけど、メニューにはない…。

2018-09-01 11.18.03

おつまみに「大根おろし」があれば、セルフでおろしうどんにするんだけど、ない。
もりうどんにします。

でも、オカズが欲しいところ。
天ぷらではちょっと重いかな(なぜなら夜に宴会が控えていた)。

さつま揚げ2個500円にします。

2018-09-01 11.21.36

お水のかわりに冷たいお茶が出てくるお店は、私の中で名店確実。

じゃばじゃばと、水でうどんを洗う音が聞こえてくると、血がたぎる。
ああ、もうすぐ、もうすぐうどんと…

2018-09-01 11.29.42

ご対面ー!

2018-09-01 11.29.47

なんて瑞瑞(きらきら)しいうどん。

スマホ画像なのが残念です。
なぜなら、カメラ持ってきたのに、メモリーカードを家に忘れてきたとゆー。

2018-09-01 11.29.53

赤ちゃんの拳(北斗の拳のラブリー版)サイズの、さつま揚げ。

2018-09-01 11.29.56

それでは、ツユに

2018-09-01 11.29.58

この艶やかなうどんを

2018-09-01 11.30.28

つけていただきます。


ぷにぷにー。

なんという、ぷにぷに加減。
讃岐や稲庭や水沢うどんといったメジャーレーベルとは違う、インディーズ系…。

これ、カレーつけ汁うどんで食べたいなー!
メニューに無いけど、カレー南蛮うどんはあるわけだから、「うどん冷やして別盛りで」とオーダーすれば、可能性は無くは無いか。

2018-09-01 11.32.16

さつま揚げもカリっとして香ばしくておいしかったです。

2018-09-01 11.27.12

ワカコ酒の世界観のようなおつまみも魅力的。

昼と夜、それぞれ来たいものです。
夜のおつまみは絶対、ポテサラ

★★★★お店情報★★★★
手造りうどん けやき
壬生町緑町3-1-6
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


お昼どうしよう。
そういえば、栃木市からの帰路の途中にキッチンぬまたさんがあったなぁ。
聞いた話ではランチを食べるのはなかなか難しく(予約不可)、11時の段階で名前をボードに書くために人がいっぱいとかなんとか。
車で走りながら、ちらりと横目で見たら(時間は11時チョイ過ぎ)人はほとんどいませんでした。
えっ。

DSC05177

これはラッキーデー。Uターン。
名前書きます。問題は一人でも大丈夫か否か。

「大丈夫ですよ」

うれしー。
カウンター席があったので、ひとりでも気兼ねない。

DSC05117


ランチは1200円、ドリンク100円、デザート500円。
さっきかき氷食べたから、ランチ+ドリンクにしよう。
メインは~。まんまるハンバーグにしましょうかね。お肉だし。

「どうぞ」

DSC05122

えっ。

「ビーツの冷製スープです」

かわえ~~と思わず叫んでしまった。
このハート型を作るのに、どれほどの手間なのであろー。
一口飲んだ瞬間、これ単品で1200円でも納得すると私は思ってしまった。
おいしー。

DSC05131

サラダ。大きな器にてんこ盛りのサラダ。
野菜がおいしく、ドレッシングもおいしく。

DSC05133

ポテサラもこんにちは。
でも、私が知っているようなポテサラの味ではなかった。
なんといいましょうか、しっとりさらっと溶けていくようなポテサラ。

DSC05138

ハンバーグ。

DSC05141

まさに、まんまる。

DSC05156

お肉密集度MAX。
溢れる肉のうまみー。

DSC05144

キノコそのものも美味しい。

DSC05148

ご飯の盛りも可愛いですね。

DSC05169

で、アイスコーヒーを飲みながら…。
人生は一期一会。
チャンスをつかめ。
わが人生に一片の悔いなし。
等々の名言が脳裏をよぎり…。
次回、いつここで食べられるか分からない。
私は悔いのない人生を歩みたい。
カロリーオーバーなら走って消化してしまえ。
予算オーバーなら、後日調整するのだ(鯖缶のグレードを下げるなど)。

すみません、デザート追加します。

DSC05117

再度メニュー…。
白桃のコンポート一択な気もするけど、ミントアイスがペア。実はミント苦手。
目の前で焼き目つけていただけるクレームブリュレのオーダー率が高いけど、季節はフルーツシーズン。
メロンはそのまんま食べるのが好きだけど、メロンのブラマンジェが非常に気になる。
これを追加します。

DSC05168

おおーっ。
と思わず叫んでしまった…

DSC05159

この大きさ。

DSC05162

そして、ヨーグルトのソルベの清楚な外見。

DSC05171

いただきます…。

う、おいしい。おいしいよう。と、涙が出てきてしまった。
メロンそのものも美味しく、たなびくココナッツ風味。


DSC05164

ガトーショコラや紅茶のシフォン、抹茶ケーキまでついている。

以上で1800円。
3500円のコースを頼んだような充足感。

いつの日かめでたいことがあったら、ぜひ、夜食べに来たい…。

★★★★お店情報★★★★
キッチンぬまた
栃木市泉町24-29
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ