1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category栃木市・壬生町のグルメ

こういう理由で、年内の毎週日曜日は「抹茶放浪記」です(おそらく)。
あっという間に6回目。早いですね。
夏の終わりごろから私生活で超バタバタしていることもあり、今年の秋は早かった。
きっともうすぐ「いちごパフェ流れ旅」が始まる。
紅白の生活になる前に、緑を堪能しておこう。
と、いうことで

2018-11-07 13.40.16

栃木市にできた「和かふぇ あん」さんに行ってみました。
和かふぇ というお名前からして、抹茶系があると思うの。

2018-11-07 13.41.26

あった。抹茶白玉クリームあんみつください。

みつまめ、あんみつは食べられないのですが、クリームが入っていれば大丈夫です。
お席ですが

DSC06451

せっかくなので、縁側に行きましょう。
縁側のある家が夢です。ベランダとはまた違うの。

2018-11-07 13.41.29

じっくりメニューを眺めていたら、うどんとトーストが気になった。
いっそのこと、うどんトーストとか…。

「お待たせしました~」

注文してから白玉を茹でられるということで、若干の時間はありましたが縁側でボケッとしてたので無問題。

DSC06452

あら、ビューティホー。

DSC06453

緑があると、グッと映えますね。

DSC06454

黒蜜…。
実は苦手なのであった。

でも、同様のメープルシロップも、パンケーキ付属だと思わずかけてしまうし

DSC06455

せっかくだし、

DSC06456

ちょびっとかけましょう。
あんみつ附属黒蜜女学園のようになった…。

DSC06458

いただきまーす。
実は、求肥、寒天、みつまめ、あんこが苦手なのですが(ゆえに、あんみつやみつまめは食べない)白玉のキュロキュロ感、抹茶クリームの渋いアシストと共に、完食いたしました。
激しくない、優しい甘さで良かったです。

DSC06459

それでは、サービスのほうじ茶で

DSC06460

お庭を眺めがらボー。

私には一つ、昨年からの懸案事項がございました。
それは、愛猫に破かれた障子の補修をせねばならないという(放置プレイ状態)。
障子紙、障子糊、障子剥がし材を買って数か月、まだ手をつけていない…。
しかし、

2018-11-07 14.02.06

こういうカラフルな障子もいいなー。

緑もあるといいかもー。

そしてまた破られる。

★★★★お店情報★★★★
和カフェ あん
栃木市箱森町11-12
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


そろそろ終わりが見えてきましたが、毎週日曜日は「かき氷遍路」です。
23回目の今回は、いちごが有名な


2018-09-01 11.59.03

Mib-TOWNさん…

えっ。


2018-09-01 11.48.13

桃!?



2018-09-01 11.48.10

ケーキ!ジュース!杏仁!


かき氷は無かった。
しょぼーん。

まあ、いいや。今日の目的はフローズンな苺を削ったという

2018-09-01 11.48.18

日光社参 将軍の苺氷だし…。
視線がその右下のサンライズ・マンゴーに引きずられるけど…。
両方食べるという手もあるけど…。
ついでに桃も食べてしまうという手もあるな…。

今後を見据えて、小さめSサイズ491円(税別)ください。

2018-09-01 11.50.26

愛らしい乙女姿。

2018-09-01 11.51.01

やっぱり、苺には練乳がたっぷりほしい。

2018-09-01 11.52.01

いただきまーす。

これは…!
昔懐かしの、女峰を牛乳に入れてつぶして砂糖かけて食べた、あの懐かしの味の夏版…!

私のイチゴ好き原点の味…。と、余韻に浸るのでした。(BGM「ふるさと」♪うーさーぎーおーいしーかーのーやーまー♪)

余韻に浸りすぎて、マンゴーと桃はまた次回に、と帰ったのでした。

★★★★お店情報★★★★

Mib-TOWN

壬生町国谷1870-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  

三回目この記事

私はうどん好きです。
生まれ変わったら、うどん打ちの名手になりたい(現世では諦めた)。

玉ねぎ畑の管理人・キャツミさんのブログや、リアルワカコ酒ナナコさんのブログに登場するうどん屋さんが、めちゃウマソーでした。

行ってくる。

2018-09-01 11.37.06

来ました。
初訪問のうどん店においては、「冷たいうどん」と決めております。

2018-09-01 11.17.30

もりうどん450円。リーズナボー。
理想は大根おろしが山ほど乗っている「おろしうどん」なんだけど、メニューにはない…。

2018-09-01 11.18.03

おつまみに「大根おろし」があれば、セルフでおろしうどんにするんだけど、ない。
もりうどんにします。

でも、オカズが欲しいところ。
天ぷらではちょっと重いかな(なぜなら夜に宴会が控えていた)。

さつま揚げ2個500円にします。

2018-09-01 11.21.36

お水のかわりに冷たいお茶が出てくるお店は、私の中で名店確実。

じゃばじゃばと、水でうどんを洗う音が聞こえてくると、血がたぎる。
ああ、もうすぐ、もうすぐうどんと…

2018-09-01 11.29.42

ご対面ー!

2018-09-01 11.29.47

なんて瑞瑞(きらきら)しいうどん。

スマホ画像なのが残念です。
なぜなら、カメラ持ってきたのに、メモリーカードを家に忘れてきたとゆー。

2018-09-01 11.29.53

赤ちゃんの拳(北斗の拳のラブリー版)サイズの、さつま揚げ。

2018-09-01 11.29.56

それでは、ツユに

2018-09-01 11.29.58

この艶やかなうどんを

2018-09-01 11.30.28

つけていただきます。


ぷにぷにー。

なんという、ぷにぷに加減。
讃岐や稲庭や水沢うどんといったメジャーレーベルとは違う、インディーズ系…。

これ、カレーつけ汁うどんで食べたいなー!
メニューに無いけど、カレー南蛮うどんはあるわけだから、「うどん冷やして別盛りで」とオーダーすれば、可能性は無くは無いか。

2018-09-01 11.32.16

さつま揚げもカリっとして香ばしくておいしかったです。

2018-09-01 11.27.12

ワカコ酒の世界観のようなおつまみも魅力的。

昼と夜、それぞれ来たいものです。
夜のおつまみは絶対、ポテサラ

★★★★お店情報★★★★
手造りうどん けやき
壬生町緑町3-1-6
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ