1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category北海道

愛猫しじみが来て以来(長期の)旅行は断念していますが、最後の長期旅行はいつだったかなというと、2014年10月の「さよなら北斗星」を兼ねた北海道旅行でした。
あれからちょうど5年。
しじみの体重は五倍以上になり、公私共に私の状況も変化し、いろいろしみじみです。

しかし…。

北海道に行きたい!

しじみ、早く夫になつくんだ!
と日々言っても逆効果状態になっているので、せめて物産店だと福田屋(インターパーク店)の北海道物産店に行きましたら

 2019-10-08 12.20.48

んめーら。

逆か。
らーめん山頭火さんとな。
旭川市のラーメン屋さん。

2019-10-08 12.20.54

税込みアンダー千円だし、お昼ご飯はこちらにしよう。
味玉とろ肉ちゃーしゅーめんか、「お好きならーめんとミニチャーシューご飯のセット」をコールしたいところですが

DSC04728

普通に塩らーめん。

DSC04730

グルグルのナルトがあると、妙に安心する。
小梅があるのは新鮮。

DSC04732

お肉は薄いけど、ミルフィーユ状にすれば厚切りに変身。

DSC04735

では、いただきまーす。

DSC04737

豚骨ベースとのことですが、普段(全くと言っていいほど)豚骨ラーメン食べない私です。
臭みは全く気にならなく、ミルキー加減を堪能しました。

山頭火といえば、旅に生き旅に死んだ歌人の名。
フランキー堺が主演した山頭火のドラマを小さいころに観て、「放浪の旅」に憧れたものの、やはり体力勝負。普通にまっすぐ生きて、たまに寄り道するところが楽しいのでありましょうか。

「まつすぐな道でさみしい」

と山頭火は詠んでいましたが。

ああ、北海道に北海道限定じゃがポックルを買いに行く旅がしたい…。

★★★★お店情報★★★★
らーめん山頭火
北海道旭川市1条通8丁目348番地3 ささきビル1F






北海道に住む夫の親戚から、

 2019-04-01 17.56.00

このような円形がクール宅配便で送られてきました。

夫「ルタオっていう、小樽にある有名なケーキ屋さんのチーズケーキ」

食べましょう食べましょう。
フォーク持ってきます。

夫「解凍しないとダメ。食べる4~8時間前に冷凍庫から冷蔵庫に移すんだそうな」

わたしが4~8時間も待てるとお思いですか。

夫「ダメなものはダメ」

2019-04-01 17.56.36

仕方ない、同梱のリーフレットでも読んで待とう。
ドゥーブルフロマージュの名前からするに、何かが二倍なのでありましょう。
ベイクドとレアの二層だからかな。

2019-04-01 17.56.41

早く時間経たないかなー。
と、頻繁に冷蔵庫に見にいったので、庫内温度が上がってしまった気がしますが

2019-04-01 19.08.40

無事解凍。
やったー。

夫「解凍したら、48時間以内に食べきる必要があるんだって」

48時間も残っていないと思いますが。

2019-04-01 19.12.41

切りましょうか、一応。

2019-04-01 19.12.42

おいしー。

ふあふあのベイクド層と、とろりんとしたレアチーズ層の食感対比も素敵ですが、濃厚でコクがあるけど、しつこくなくて良いですー。

結果、12時間以内に全部なくなりました(3/4を私がたべた)。

★★★★お店情報★★★★
北海道小樽市堺町7番16号
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




いちごの種類:さとほろ


産地:北海道


こういう理由 で今年も4月はひたすら「いちごパフェ」です。

県外編については、順不同で登場してます。

「北斗星で行く積丹ホッケツアー 」、

札幌到着初日は自然満喫倶楽部 さんに行きました。


翌日の夜は



札幌駅からやはり北斗星で帰るのですが、その夕食用に

「さえら」さんという有名な喫茶店でタラバガニサンド買って帰ろうと思ったら完売でした 。


しくしく泣きながら札幌の街中を歩く私の目に映ったのは




雪印パーラー さん。

あー。思い出した。

6年前に丸の内外資系OLの友人と北海道旅行した時

ここで食べようと思ったんだけど、お財布との折り合いがつかず

そのまま帰ったんだっけ。


いちごパフェあるかな。




あら、あった。

しかも、札幌市農業支援センターが品種改良した

札幌限定の幻の苺「さとほろ」ですって。

これにしましょう。1300円。

タラバガニサンド買えなかったから、その心の空白を埋めていただこう。




来ましたー。



見事な赤系統グラデーション。


底の方にあるのが、「さとほろ」で作った苺ソースなのだな。




麗しの鳥瞰図からもうかがえる、頂点にかかっているソースも

「さとほろ」なのだわ。


だから、「1300円なのに、いちごが一粒しかない」と文句たれてはいけないのだわ。




それでは、その貴重な一粒を


いただきまーす。


かなり噛みごたえというか、硬めの苺で

ぷっちんぷっちんした食感でした。

酸味が強めでしたかね。


「さとほろソース」は非常に濃厚で美味しかったです。

乳製品も雪印なだけに美味しくて、

このへん、1300円のパフェだなと思うのでした。


★★★★★お店情報★★★★★★

雪印パーラー  

北海道札幌市中央区北3条西3丁目1番地
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

★★★★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目(この記事)

↑このページのトップへ