1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category茂木町・市貝町・芳賀町のグルメ

こういう理由で、6月くらいまで毎週日曜日は「いちごパフェ流れ旅」です。
基本的に「流れ旅」なので、「一店一パフェ」で訪問しているのですが、いちごの品種が変わったり、パフェの構成が変わった場合は再訪してます。
定番的に登場するいちごパフェもあれば、イベントなどで限定的に登場するいちごパフェもあります。

道の駅はがで毎年2月に「いちご祭り」があるんですが、その年その年で違ったものが出ます。
今年も出るのかどうか。とドキドキしていたら、出るとの新聞広告。

行ってきます。

DSC06732

来ました。
イベント時の道の駅は混むので、意地でも朝イチで来ます。
去年のいちごパフェは「スカイベリー、とちおとめ、とちひめ(名簿順)」の「いちご三姉妹パフェ」でしたが、
さて、今年のパフェは~

2020-02-08 08.56.31-1

「はがまるパルフェ」ミルクとチョコの二種。
いちごは、姫様が退場して、スカイベリーがメイン。
スカイベリーパフェが700円だなんて、市価の半値くらいの感覚。
しかも、結構な個数。
スカイベリー出だしのころ、一粒だけのって千円というパフェに出会ったことがあります…。

どちらにしよう。
チョコかミルク。
ミルクかチョコ。
うーん。

2020-02-08 09.05.17-1

せっかくだし、チョコにしました。
2月だと、イベント的に深層心理がチョコになるらしい。

DSC06726

この旗の有無で雰囲気がガラっと変わるであろう「はがまる」フラッグ。
王冠部分はスカイベリー。

2020-02-08 09.05.21

地層にいる「刻みいちご」はとちおとめ。
スポンジでもグラノーラでもコーンフレークでもなく、ポップコーンは初めてだ…。
いただきます…。
パフェに大きな夢を抱いていた幼少期を思い出すような、夢あふれるパフェでした。
大人のいま、パフェに抱いているものは野心です。

DSC06714

さて、始まってまだ5分だけど帰ろう(農作業)。
あら、なにかテントでやっている。
 
2020-02-08 09.22.42

とちおとめの試食!

お隣にいた奥様「試食なのに、あまり人がいないのはなぜかしら」

おなじく旦那様「栃木県民だと、とちおとめの味に慣れすぎてるからじゃない」

なるほど。
もぐもぐ(試食しまくる)。

★★★★お店情報★★★★
芳賀町祖母井842-1 道の駅はが内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事






今年の夏は、短い。
…んじゃないかなーという予感がする。

早いうちに、期間限定の冷やしを味わっておこう。

 DSC03636

ということで、坦々麺専門 發巳さんに来ました。

2019-08-06 11.59.03

熱い担々麺は、なかなか食べられないのですが

2019-08-06 11.59.31

汁無しとか、

2019-08-06 11.59.35

冷やしなら、とても食べてみたい。
ということで、海老冷し担々麺ください。

DSC03626

麗しのビジュアル。

DSC03629

おくれ毛的な一本がセクシー。

DSC03630

麺の上に広がる、具材的六大陸。
オリンピックならぬ六輪ピック。

DSC03631

ぷりぷり感が約束されたようなビジュアルの海老たち。

DSC03633

いただきまーす。
一口目は、あまりかき混ぜず口の中へ。

広がる…胡麻ごまゴマ。イッツ・胡麻ワールド。

二口目はちょいとかき混ぜまして。

これは…海老(ラー油)!
どこかノスタルジックな気分になったのは、カルビーかっ○えびせんの記憶がよみがえったからかもしれない。
海老的香ばしさ。

三口目はお肉部分を。
ひき肉のゴロゴロ感が、肉女の野望を埋めてくれます。

四口目はネギ、きゅうり部分。
ネギのピリ辛ときゅうりのさっぱり部分が一陣の風。

五口目は…

全部混ぜ混ぜー。

走馬燈のように、いろいろな味が口内をかけめぐる。

DSC03635

六口目(というか六味目)は、余韻的にスープを最後までいただきます。
ごまごま、エビエビ…。

満足。
東京2020の前に、芳賀2019を味わえました。

冷やしの金メダル。

★★★★お店情報★★★★
坦々麺専門 發巳
芳賀町祖母井1691-6
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




cocoro様からコメントをいただきました。

「芳賀町町民会館道を挟んだ横の〝素意屋〟さんがモーニングやってます!」

芳賀町で(チェーン店を除く)ソトアサスポットって、ラーメンの「らいけん」さんしかないのでは。
新規オープンのお店だろうか。
いずれにせよ、早めに行かねば。ソトアサの運命は非常に儚い。
というワケで夫、明日の朝ごはんは不要です(夫が朝ごはん作ってくれるのでした)。

夫「行ってらっしゃい」

ただいま。

夫「早いね。出ていって15分も経ってない」

平日の、自宅からあの近辺への朝時間は、渋滞がハンパなく…。
早々にギブアップして帰ってきました。

夫「朝ごはんないよ」

栃木名産・セブンイレブンのサンドイッチを買って帰ってきました。

夫「事前にちゃんと調べてから行ったら、定休日とか」

検索しても情報が全く出てこないので、とりあえず土曜の朝に直接行ってきます。
用事がいろいろあって、土曜日はソトアサ無理なので、時間確認だけしてきます。

さすが、土曜日は道が空いていた。
えーと、芳賀町民会館の道路挟んで横…。

 2019-06-08 09.27.16

ここだ。
ラーメン屋さんだったのか。
定休日だけ聞いてこよ。

「6月中は無休です」

そうなんですね!とりあえず明日また来ます。


DSC02132

来ました。

DSC02131

時間も確認。モーニングあり。
あらためまして、おはようございます。

ラーメン屋さんだから、ラーメン定食とかかな。

2019-06-09 07.50.25

喫茶店な朝だった。
Aセット380円、目玉焼きでお願いします…。
お昼メニューが非常に気になる。

2019-06-09 07.51.52

これか。

2019-06-09 08.10.10

安い。

2019-06-09 08.10.04

舟が400円って気になる。
定食と単品が同じ値段というのも非常に気になりますし、1000円定食のゴージャスな内容も大変気になります。

2019-06-09 07.51.59

お子様メニューも気になる。
おにぎり食べたい。

DSC02124

THE 喫茶店な朝ごはん登場。

DSC02125

クロス置きのパンは

DSC02126

厚切りで嬉しい。

DSC02127

目玉焼きにはケチャップ派です。

DSC02128

マーガリンたっぷりのトーストを、目玉焼きの黄身をつけつつ食べるのが、わたし流。

DSC02130

ラーメンののぼりを眺めながら、コーヒーでボー。
ランチにぜひ再訪してみたいところです。
お店のオフィシャルサイトとかないかなー。
画像入りでランチメニューのってないだろうか。

DSC02129

あら、Facebookやってるんだ。
素意屋で検索…(見つからない)。

★★★★お店情報★★★★
中華食堂 素意屋
 栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井(芳賀町役場となり)
営業時間 7:00~10:00、11:30~14:00、17:30~21:00
定休日 2019年6月中は無休

↑このページのトップへ