1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category長野県


イチゴの種類:淡雪&とちおとめ
イチゴの産地:長野県

こういう理由でして、梅雨入りくらいまでは、毎週日曜日は「2017いちごパフェ流れ旅」です。

都内外資系OLの友人と一泊二日の信州旅もラスト。
最後はもはや言わずもがなで

友「いちごパフェね」

さいでやんす。
善光寺からほど近い

52

菓恋さんに参りました。
シフォンケーキの専門店ですが、イートインメニューで

01

パフェあるのです。
いちごの時期は「いちごのもりもりパフェ」850円。

友「私はカフェオレ」

お店の方「お早目にお召し上がりください」

お早目?

DSC05845

すごい、いちごが重力に抵抗している。
摩擦万歳。
気がせいて画像がぶれた。


DSC05847

幼少のみぎり読んだ「まんがで科学」的な本で、主人公の男の子が手を摩擦熱だかなんだかでケガをして
「なんで摩擦なんかあるんだ」
と騒ぎ
「もしもこの世に摩擦がなかったら、建物などは倒壊してしまいます」
っと博士が解答していたような内容があったことを思い出した。

と想い出に浸っている時間も…


DSC05849

ない。
ああ、いちごの魅力に摩擦が負けた。(逆か)

この日は特別デーだったそうで「通常の『とちおとめ』に加え、白いちごの『淡雪』も乗っていました。
色は薄いのですが、甘み強いです。

DSC05851

とりあえずいちごは全部レスキュー(胃の中に)。
頂点にいるシフォン食べましょうか。
しっとりでウマー。

DSC05848

その下にカットいちごと抹茶アイス。

いちごと抹茶アイスは、非常に親和性が高いのです。
和室で女の子が遊んでいるような感じといいましょうか。

クリームも大変おいしく、上からの旨みが浸透しているシリアルも、最後の苺ソース地底湖も大変幸せにいただけました。

まんぞくー。

あ~~帰るの面倒。

友「これから何キロ運転」

240キロ。

友「がんばれー」

往復500キロ超は、自己最高記録でした。
しかし、さすがに群馬の途中あたりでヘバり、友人に交代してもらい、その交代をしたSAで栗鹿の子を発見し友人がショックを受けたものの、なんとか無事に帰りついたのでした。

家に帰ると

「あー、やっぱり家はいいなー。旅行は疲れるし、しばらくいいや」

と布団に入り、朝起きると

「次はどこに行こうかな」

と、Googlemapを眺めるので、一晩寝れば忘れるタイプです。
あら、友人からメールが。

友「次はどこへ行くー」

結局似た者同士です。

次回の「いちごパフェ流れ旅」は100本目記念です。

★★★★お店情報★★★★

菓恋
長野県長野市東町198

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

戸隠神社から長野市街地に行く間に、桜と桃の花の名所があるそうです。
(と、宿の方に教えてもらった)
そこに寄りながら長野中心地に行きましょう。

友「どこにあったの。中心地に着いちゃったよ」

あれー。おかしいな。
まぁ、もう来てしまったワケだし、せっかくだし

DSC05829

善光寺詣でをしていきましょう。二度目だね。

友「前回来たのいつだっけ」

長野オリンピックの年。

友「何年」

1998年…

友「いやーっ」

DSC05830

人の記憶ってアテにならないねぇ。
なんか想い出と全然違う。

友「真っ暗の地下めぐりしたことしか覚えていない」

お戒壇めぐりね。実は私もそれしか覚えていない。

DSC05831

山門をくぐりまして

DSC05832

本堂の後ろって、このように山が広がっていたんだっけ。

友「記憶と違うねぇ」

お参りしまして、境内から抜けたところに飲食スペースがありますので、そこで休んでいきましょう。

DSC05833

いよいよ、これの出番です。
これとは

DSC05834

これなんです。
じゃじゃーん。

DSC05835

野沢菜おにぎり!

48

そう。そもそも今回の旅の趣旨とは、村のホテル 住吉屋さんで

14

「野沢菜むすび」のお弁当を作ってもらうことだったんです。

雑誌の記事のとおり、これを持ってピクニックに行くには、まだ雪でピクニック路が閉鎖されていました。

友「写真と個数違う」

一人前二個で、一個250円なのです。つまりは、この写真レベルの個数ですと数千円になるのです。それはお財布が許しませんでした。

友「まぁ、こんなに作ってもらっても二人じゃ食べきれないしね」

いや、私とあなたなら不可能ではない。
でも、長野マラソンにでも出ないと消化できないね。

DSC05836

14年来の夢の、野沢菜むすび。
私の「夢の食べモノ」御三家の一つ。

DSC05837

きゃらぶきと共に

DSC05840

春満開の中でいただきまーす。

5842

野沢菜のコクと酸味、お米の美味しさ、具の梅干しと共に「ジャパネスクな美味しさ」を噛みしめました。

友「いいねー。こういうご飯。ところで、『夢だった食べモノ』御三家ってなに」

北海道のホッケコロッケ、これ、そして神田の肉団子

友「神田なんてすぐ近くじゃない」

予算的な意味で遠いお店なの。さらに、肉団子は夜メニューにしかない。

友「なるほど」

★★★★お宿情報★★★★

村のホテル 住吉屋

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8713

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
1日目 の夜その1
1日目 の夜その2
2日目の朝 
おにぎりのお土産 この記事


戸隠神社の奥社を出まして…。

友「蕎麦食べよう、蕎麦」

そうだね、気力と体力回復させないと、とても宇都宮まで運転できない。

友「戸隠神社の中社の近くに有名なお蕎麦屋さんがあるそうな。そこに行きたい」

しかし、この観光人気地帯のトップ・オブ・ザ・人気のお蕎麦屋さんで、現在お昼ど真ん中だよ。
入れんのかいな。

DSC05816

それは信州戸隠 そばの実さん。
残りわずかだった駐車場には置けました。
でも満席。
4~5組待ちってところかな。

友「蕎麦だから回転早いよ。待とう」

ヒマなんで駐車場でラジオ体操してたら、常連らしきおじさんグループが

「こんなに空いてるなんて珍しいねぇ」

と、話をしてました。
普段どんだけカオス状態なのであろう。

ラジオ体操第二も終わろうかというころ、お呼びがかかりました。

45

私は冷たい蕎麦しか食べられない。
さらに、おろし蕎麦があれば、それ一択。決まり。

友「私は蕎麦三昧~」

47

天ぷらもあるんだけど、まだこれから寄るところもあるし。

08

友「ちょっとー!雪中酒ですってよ!」

雪室で熟成されたお酒っておいしそうだね。
おはよう!スパンクをなぜ連想したのだろう。
ああ、原作者が脚本家の雪室俊一さんだからか。

友「また懐かしいタイトルを」

そういや、ひみつのアッコちゃんの呪文って、雪室さんが考えたんだってよ。

友「こないだ、職場で若い男子が ラミパスラミパスルルルル…って言ったのよ」

1999年版を観た?

友「そうかと思ったら『綾瀬はるかの映画で観ました』って言われた」

うわー、ジェネレーションギャップ。

DSC05817

と、いつもながらのどーでもいい話をしながら蕎麦茶と蕎麦チップをいただきました。
蕎麦チップ食べてると、なんか無心になるよね。

友「かっぱえびせんに通じるものがあるわね」

DSC05818

友人の蕎麦三昧。

DSC05819

とろろ、くるみ、普通のツユ。

友「食べる?」

すまぬ、実は私はとろろが食べられない。

友「美味しいのに(ずるる)」

あなたは外資系なのに、ジャパネスクなものが好きだよねー。
玉コンニャクとか、とろろとか。

友「アメリカ留学中は辛かった」

DSC05820

私のおろし蕎麦も到着。

DSC05821

なんかちょっと想定外だった。大根おろしだけが乗っているものと。

友「メニュー説明に ぶっかけそばです って書いてあるじゃない」

あれま。

DSC05823

では、レモン絞ってツユかけて

DSC05824

いただきまーす。

ああ、雪を割って咲き始めた雪割草のような清廉な味。

栃木で食べるお蕎麦とは、また違う風味。
そこにレモンの酸味と大根おろしの絡みで、血液が浄化されるようです。

DSC05827

何も考えないで外を眺めると、カレンダーが2月くらいの気がする。

友「そう。幻想なのよ。すべてはウソなのよ。今が4月の終わりで、一年の3分の1が終わってしまったんて」

そうだよね。ウソだよね。

DSC05828

蕎麦湯も、ポタージュのように濃厚で美味しゅうございました。

友「雪中酒…」

飲んでいいよ。

友「何かあった時の運転手交代要員がいなくなるわよ」

あ、そうか。やめて飲まないで。

★★★★お店情報★★★★

信州戸隠 そばの実

長野県長野市戸隠3510-25

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ