1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category長野県

その2からの続きです。
夜の続きで朝になりました。

2003年6月号dancyuのおにぎり特集で読んで以来、夢だった宿・村のホテル 住吉屋さんに来ました私と、都内外資系OLの友人。

温泉宿の楽しみといえば、朝湯と朝ごはん。
身体から蒸気が立ち上るほどのホカホカ状態で

DSC05756

朝ごはんタイム突入。

友「不思議よねー。普段朝ごはん食べられないんだけど、なんで温泉宿って食べられちゃうんだろうねぇ」

普段から朝ごはん食べてるからよく分からない。

ジュースがつくのですが、

・信州リンゴジュース
・信州牛乳
・信州トマトジュース

この中から一択でした。

友「私リンゴ」

DSC05759

私はトマトジュース。トマト星人の私が、唯一ダメなトマト物。それがトマトジュース。

友「なんで注文したの」

いや、美味しそうだなと思って。
トマト本体が美味しいのでしょう、身体中にリコピンパワーが広がるようです。
目が覚めた。

友「なんでトマト好きなのにトマトジュースダメなの」

あなたが、コーヒーは好きだけどアイスコーヒー苦手なのと、たぶん同じ。

友「一緒にしないでほしい」

DSC05761

それでは気合いを入れて、朝ごはんに取りかかりましょう。

DSC05763

朝も取り回し鉢はつきました。
豆の煮物と、ゴボウのマリネと、漬物。
ゴボウのマリネ、とっても柔らかくて美味しゅうございますー。
どうやって作るんだろう。検索すれば出てくるんだろうけど、自分で作るとこの味にはならない気がする。

DSC05766

自家製フキ味噌に、フキノウトウの刻んだものに、野沢菜のおひたし。
幸せなジャパネスク食卓。
手前はみそ漬けの赤魚。
実は味噌漬けも赤魚もあまり自主的に食べないのですが、きっと味噌本体が美味しいのでしょう。
なんて香ばしい。信州みその本場だからだろうか。

そして、温泉といえばー

DSC05767

温泉タマゴ!(&温泉豆腐)

DSC05769

どれもご飯のお友達。
何をどのように友達にするか悩みましたが

DSC05771

やっぱりこうかな。
そしてさらに

DSC05774

フキ味噌を添えて。

うわーん、黄身の甘さにフキ味噌の苦み。幸せだよー。

デザートはいちごでした。
ちなみに仲居さん、このいちごの種類ってなんですか。

仲居さん「とちおとめです」

友「あら意外だわー」

四国に行くと、意外に女峰が頑張ってるんだよ。

友「へー」

酸味が強かったですが、サッパリとしました。

友「いい宿だった。春夏秋冬来たいね」

冬は自力では来られない(なんせ豪雪地帯)。
でも、また来たいなぁ。頑張って働こう…。


★★★★お宿情報★★★★

村のホテル 住吉屋

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8713

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
1日目 の夜その1
1日目 の夜その2
2日目の朝 この記事



その1からの続きです。

2003年6月号dancyuのおにぎり特集で読んで以来、夢だった宿・村のホテル 住吉屋さんに来ました私と、都内外資系OLの友人。

DSC05696

野沢温泉名物「取り回し鉢」(大鉢にいろんな料理が入っていて、みなで取り分けて食べる)。
美味しいので、箸が止まらない。二人で食べますと、取り回しというより、取り合いに。


DSC05716

芋の煮っ転がしという庶民的な名称ではないと思うけど、芋が美味しい。芋なますも美味しい。
芋そのものが美味しく、味付けもおいしい。こんなオカズ毎日食べたい。

友「作れば?庭の覇者が芋状態って言ってたじゃない」

抜いても抜いても、新たに芋が育っていくんだ…。恐るべしだよ…芋と大葉…。

DSC05718

信州サーモン(の昆布〆)。さすがにこれは庭にいない。
ふと、木曽駒ヶ岳を思い出したのはなぜだろう。

友「登れなかった日の夕飯に出たでしょ」

そうか。思い出したくなかった。このサーモンで記憶を上書きしてしまおう。

DSC05720

にごりワイン美味しいなー。スイスイ飲む感じではなく、ちょびちょび飲むのがじわじわ来る。

DSC05727

和牛香焼。
肉来ました、肉。

友「そう言えば、あんたに勧められて『孤独のグルメ』観たけど、いいねぇ、あれ。思わず見入ってしまう」

いいでしょっ!?特に焼き肉の回は白眉。

友「聖地巡礼今度行ってくる」

都内在住は聖地巡礼しやすくていいねー。

DSC05735

しかし、聖地巡礼せずとも、目の前には和牛。

DSC05730

いろいろ薬味もありますので

DSC05738

いろいろ試しながら。

ああ、柔らかいなー。旨みが口の中にじゅわじゅわーっと広がる。
今まで頑張ってきてよかった。うっうっうっ(感涙)。

そして、お待ちしておりました。

DSC05729

野沢菜ー!
野沢菜の総本山の地の野沢菜。

DSC05736

葉っぱが美味しく、漬けられて美味しい。
私の脳内ライブラリーにある「野沢菜漬け」の味が、さらに濃くなったような味。

このお宿近くの「健命寺」で野沢菜は誕生したのだそうです。境内の畑で今でも栽培されて、その種は「寺種」として珍重されているのだそうです。

友「本朗読してないで、暗記してきなさいよ」

意外にも塩はインドネシア・バリ島の天日塩だそうで。

友「あらビックリ」

DSC05741

福味鶏炊き合わせ。
山椒はお庭で採れたものだそうで。

DSC05742

いろんな意味で滋味深い。

DSC05743

お待ちしておりました、山菜の天ぷら。
なぜなら、衝立を隔てたお隣の席が私たちより少し早くスタートしていて、天ぷらのサクサク音が聞こえてきていたのでした。
お庭で採れたというフキノウトウ。私も山菜が採れるところで暮らしたい。

DSC05748

そして、なんとカタクリご飯。
お庭にカタクリが咲いているのです。
本物のカタクリ粉作れるんだなー。

友「カタクリの花って食べられるんだ」

美味しいよ。

友「食べたことあるの」

秋田で稲庭うどんに入ってた


DSC05750

葉が細かく刻んで入ってました。
ああ、血が浄化される感じ。コレステロール値下がるかな。

そして、〆はデザート。
温泉で蒸した…

DSC05751

温泉プリン&黒蜜だそうです。

DSC05755

ああ、ふるふる、ふるふるだわ…。

友「あ~、お腹いっぱい。このまま布団に倒れられるのが温泉宿の醍醐味よね」

ビバ!畳。


★★★★お宿情報★★★★

村のホテル 住吉屋

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8713

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
1日目 の夜その1
1日目 の夜その2 この記事


今年の2月に「すみよし也」さんの記事の時に書きましたが、私には夢があるのです。

48

2003年6月号dancyuのおにぎり特集に出てきた

14

野沢菜おにぎりを食べに、信州の野沢温泉「村のホテル 住吉屋」さんに泊まりにいくのです。

と、書いたら行きたくて行きたくて、もうたまらず。
「そのうち」と言っていたって、人生どうなるか分からない。
都内外資系OLの友人、一緒に行きましょう。運転するから。
野沢菜おにぎりのためなら、片道250キロなんのその。

友「いいよー」

というワケで、今回の旅行の最終目的地は、長野県の野沢温泉。

DSC05689

14年間夢見ていた、村のホテル 住吉屋さんに泊まりにこられたワケです。
やったー、着いたー。遠かったよー(号泣)。いろんな意味で。

歴史ある趣のある宿は、おそらく増築に増築を重ねたのではないかと思うのですが、迷宮のようでした。

DSC05685

部屋に囲炉裏がある。なんてワビサビ。

DSC05688

廊下から見える中庭には、山野草が自生。

DSC05686

おコタの上には温泉まんじゅうと、温泉の源泉(飲めるんだそうな)。

友「? なんの本持ってきたの」

2003年のdancyuだよー。この温泉が載っている。

友「うはー」

夕飯の飲み物どうするっ。飲むよ私は。

54

友「温泉宿と来たら冷酒でしょ」

私はにごりワインにする。その前に、散歩してくるっ。
私が向かいました先は、

DSC05691

お宿のほとんど目の前にある麻釜(おがま)です。野沢温泉のシンボル。

DSC05693

源泉が湧出していて、地元の方々はこちらで温泉卵作ったり、山菜ゆでたりする大切な場所なんだそうで。
それゆえに、私のようなビジターは中に入ることはできず

DSC05692

外から眺めるだけ(危険という理由もあるんだそうな)。

DSC05694

ありがたやー(拝む)。

さて、宿に戻ろう。温泉だ温泉だ。
温泉宿に泊まるなんて何年ぶりだろー。

ステンドグラスに彩られた温泉は、とても趣があり、熱かったです。
よいお湯でした。
お酒飲む準備万端。

友「準備できたって電話あったよ。行こう」

DSC05721

信州名物が出てくる和食。良いですねっ。

DSC05714

そして乾杯。

友「250キロ運転お疲れ」

どもー。
にごりワインって初めて飲んだけど、まろやかー。

DSC05696

そして、野沢温泉名物の「取り回し鉢」(大鉢にいろんな料理が入っていて、みなで取り分けて食べる)は…、真ん中のお皿かな。

DSC05712

お芋!

友「二人で食べきれるの、これ」

食べちゃうよ、きっと。

友「まぁね」

DSC05701

そして、もうひと皿「芋なます」。

友「ジャガイモづくし」

DSC05702

蛍烏賊 黄味酢。
イカさんの下にある山芋が、細かく切ってあるのですが、これが美味しかった。シャキシャキしゃくしゃく。


DSC05704

では、気合いを入れて、いただきます。

続く。

★★★★お宿情報★★★★

村のホテル 住吉屋

長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8713

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ