1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category那須烏山市・那珂川町のグルメ

ビニールハウスで農作業をするとき、地元FM局の「レディオベリー」聴いてます。
番組の合間に那珂川町の特産品、八溝山系の野生イノシシ肉「八溝ししまる」のCMが流れるんですが、かわえー声

ぼく、八溝ししまる!今、流行りのジビエだよ!食べてみてね!」(←要旨。セリフはもっと長い)。

と言われると、ちょっとためらってしまう…。
なんて言いつつ、毎日聴いていたら食べたくなったので、トマトシーズンが終わったら食べにいこーと思ってました。
狙いは、道の駅ばとうの中の「レストランばとう」さんで食せる、

2020-07-21 11.43.56

これ!
八溝ししまる薬膳カリー1400円(税込み)。
しかし、限定10食という高いハードル。

いつも激混みのお店だから、開店と同時に入店しようと思っていたのです。
が、なんだかんだとグダグダしてたら、12時半になってしまいました。
もうダメかも。
とあるメニューを目的に遠征する時は、「ダメだった時」を考えて、第二候補、第三候補まで考えておかねばなりません。
もしも完売してたら、同じ「八溝ししまるメニュー」で

2020-07-21 11.43.49

いのししうどんか、いのしし丼。
それも完売だったら

2020-07-21 11.44.19

馬刺し定食。

2020-07-21 11.44.41

アカデミックに、広重うどんもいいな。

2020-07-21 11.44.57

鮎シーズンだし、鮎の塩焼き定食もいいかも。

よし、ここまで候補があれば、完売でもショックを受けない。
まだありますか。

「ございますよ」

2020-07-21 11.51.01

うれしー!
このワンプレート感が良いですね!

2020-07-21 11.51.07

お隣が直売所なだけに、野菜も新鮮。

2020-07-21 11.51.24

コンソメソープがつくのですが、冷製でした(初めて飲んだ)。
杏仁は最後に食べましたが、トロトロ&濃厚でウマかった!

2020-07-21 11.51.29

アスパラのマヨデコに驚き。

さて、八溝ししまるちゃん。

2020-07-21 11.51.03

ソーセージとキーマカレーに使われているそうな。

2020-07-21 11.51.05

それを、ヘルスィ~な古代米と共にいただきます。

ジビエのクセは感じず、キーマカレーはどちらかというと野菜感の方が強く感じたかも?
肉肉しさは、ソーセージの方でより堪能しました。

で、実はですね、いちばん気に入ったのは

2020-07-21 11.51.26

温野菜にかかってた、ステーキソース!これ、んまかった!(いわゆる宮のタレ的なお味)
ソースだけ売ってたので、今度買って帰ろうと思ったのでした。
これだけでご飯ドンブリ一膳食べられそう。

人間ドックも控え、今回はジェラートは無理だとわかりつつも

2020-07-21 12.15.33

メニュー見るだけ見ていこーと、お隣のジェラート売り場の建物に行ったのですが

2020-07-21 12.19.25

こういう遊び心好きです。
昔流行った、猫やくざの組織図思い出した。



★★★★お店情報★★★★
那珂川町北向田181-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




初めて食べる物の「最初」の味というのはとても重要で、それが好みではないと、以後口にしない場合があります。

池袋の某所で(たまたま)人生初めて食べた「つけ麺」は私の好みの対極で、その後つけ麺を食べることはないだろうなと思っていました。
しかし、10年~15年前かと思いますが、つけ麺がとってもとっても美味しいという口コミを聴いて、那須烏山市のお店に行ってみたら、もう「つけ麺沼」にハマりました。
以後の人生では、入ったお店にラーメンとつけ麺があったら、つけ麺を選んでしまうように。

しかしその「つけ麺遍路の始まり」となったお店は、数年前に区画整理に伴い閉店。
最後に食べることもできなかった…。
そしたら…。

移転復活したんですってー。

行かねば行かねば行かねば。
と騒いでいるうちに、緊急事態宣言に。
まだかなまだかなまだかな。
と某学研の誰かを待っている気分でいるうちに、宣言解除。
行くのは今。

ちょっと待てよ。
確か、麺の量がすごかった気がする。
事前に運動しなければ。
理想は事後なのですが、この炎天下、午後屋外で運動したら倒れてしまう。

 2020-06-14 11.10.31


というわけで、某所で軽く登山したあと


2020-06-14 14.00.00

心おきなく向かいました、復活の麺屋はじめさん。
しかし、すごいロケーション。
ノボリ旗が見えなかったら、私はたどりつけなかった…。

つけ麺は移転後しばらくしてから復活したそうですが、この日なかったらどうしよう。

2020-06-14 13.10.14

あったー。
次の問題は…売り切れてたらどうしよう。
「黒のつけめん」と「和風つけ麺」があって、私が食べたいのは、初訪問時に食べた「和風つけ麺」なんだけど

2020-06-14 13.01.04

ない。

2020-06-14 13.01.07

いや、ある。
先に食券買って待機してOKとのことでしたので、そうさせていただきました。
店内に入るまで、待つこと30分(蚊と格闘していた)。

2020-06-14 13.46.05

実に10年以上ぶりの再会(感涙)。

2020-06-14 13.46.07

どんぶりに、なみなみと盛られた麺。
あげ底でなく、徹頭徹尾、これすべて麺。
山登っておいてよかった…。

2020-06-14 13.46.10

たちのぼるスープの香りに、こちらのつけ麺に出会ったあの日を思い出す。

2020-06-14 13.46.18

チャーシューの厚みもうるわしく。

2020-06-14 13.46.45


ではいざ

2020-06-14 13.46.58

いただきます…。
私の場合は特に、記憶を結構好きなように塗り替えたりしているのですが、当時に比して、麺細くなったでしょうか?(もうちょっと太かったような)。

しかし、それでもスープを一口飲んだ瞬間、

びびび

と、初訪問時の衝撃がよみがえってまいりました。
ああ、そうだ、この味だったな…。
あら、完食しちゃったわ…。スープまで。

2020-06-14 14.00.58-1


事前に用意しておいた黒烏龍茶を車の中で飲みながら、ノスタルジーに浸ったのでした。
この甘酸っぱさ(黒烏龍ではない)。
例えていうなら、初恋のあの方に、10年ぶりに再会したような気分と申しましょうか。

★★★★お店情報★★★★
栃木県那須烏山市南大和久中嶋657の1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください









アクセス解析すると、このブログ中のアクセス上位記事(月間と日毎)が分かります。
最新記事~公開一か月以内の記事がやっぱりアクセス数多いんですが、まるで演歌のヒット曲のように、ほぼ毎日アクセス上位に来る記事が二つあります。

その一が 「明治時代のレシピでアイスコーヒーを作ってみた結果」(2018年9月8日)
その二が 「秋の那珂川ツアーその1 モクズガニを食べよう~林屋川魚店(那珂川町)~」(2009年10月12日)

なのでした。

特にモクズガニは、地元ニュースなんかで季節の風物詩で取り上げられると、検索されるのかヒットするらしいです。
モクズガニは数があまり採れない上に、地元で消費されちゃうので市場に出回らず、川漁師さんから買うか、数少ない専門店で買うしかないのでした。

そんなワケで、私も「モクズガニ」は日々脳裏にインプットされていたのです。

先日、東武宇都宮の「全国うまいもの展」に551蓬莱の豚まん目当てで行った時のこと。
行列におそれをなし、結局買えずに会場を後にしようした私の目に写ったもの。
それは

 DSC05053

モクズガニ!

なぜここに。
岐阜とか、九州のお店かな。
しかもジャスト千円。

DSC05059

あれっ。
栃木県那珂川町の林屋さんではないですか。
栃木県代表(の一つ)でご登場か。

千円グルメだし、モクズガニ買っていこうかなー。

しかし、私の視線は

DSC05057

子持ち鮎に引きこまれた。

なぜなら、先日の「帰れマンデー」は日光~塩谷~矢板で寿司屋を歩いて探す回。
途中で出てきた、鮎の塩焼きがメチャおいしそうで、私の目と脳に「鮎の塩焼き」がインプットされていたのでした。

インプットしたらアウトプットせねば。
そう、ブラックホールとホワイトホールの関係のように…。

買おう。

DSC05058

豊潤な美味しさが約束されている体型の鮎。
二匹ください…。

DSC05061

家に持って帰って、夫と食べようと思ったのですが

DSC05064

実はまだ食べてません(賞味期限が数日ある)。
そのまま食べるか、加工(鮎飯とか)するか、悩み中…。

そして、やっぱりモクズガニも買ってくるべきだったと若干の後悔。

★★★★お店情報★★★★
那珂川町小川171-8
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

★★★★訪問記録★★★★
三回目 この記事

↑このページのトップへ