1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category那須烏山市・那珂川町のグルメ

初めて食べる物の「最初」の味というのはとても重要で、それが好みではないと、以後口にしない場合があります。

池袋の某所で(たまたま)人生初めて食べた「つけ麺」は私の好みの対極で、その後つけ麺を食べることはないだろうなと思っていました。
しかし、10年~15年前かと思いますが、つけ麺がとってもとっても美味しいという口コミを聴いて、那須烏山市のお店に行ってみたら、もう「つけ麺沼」にハマりました。
以後の人生では、入ったお店にラーメンとつけ麺があったら、つけ麺を選んでしまうように。

しかしその「つけ麺遍路の始まり」となったお店は、数年前に区画整理に伴い閉店。
最後に食べることもできなかった…。
そしたら…。

移転復活したんですってー。

行かねば行かねば行かねば。
と騒いでいるうちに、緊急事態宣言に。
まだかなまだかなまだかな。
と某学研の誰かを待っている気分でいるうちに、宣言解除。
行くのは今。

ちょっと待てよ。
確か、麺の量がすごかった気がする。
事前に運動しなければ。
理想は事後なのですが、この炎天下、午後屋外で運動したら倒れてしまう。

 2020-06-14 11.10.31


というわけで、某所で軽く登山したあと


2020-06-14 14.00.00

心おきなく向かいました、復活の麺屋はじめさん。
しかし、すごいロケーション。
ノボリ旗が見えなかったら、私はたどりつけなかった…。

つけ麺は移転後しばらくしてから復活したそうですが、この日なかったらどうしよう。

2020-06-14 13.10.14

あったー。
次の問題は…売り切れてたらどうしよう。
「黒のつけめん」と「和風つけ麺」があって、私が食べたいのは、初訪問時に食べた「和風つけ麺」なんだけど

2020-06-14 13.01.04

ない。

2020-06-14 13.01.07

いや、ある。
先に食券買って待機してOKとのことでしたので、そうさせていただきました。
店内に入るまで、待つこと30分(蚊と格闘していた)。

2020-06-14 13.46.05

実に10年以上ぶりの再会(感涙)。

2020-06-14 13.46.07

どんぶりに、なみなみと盛られた麺。
あげ底でなく、徹頭徹尾、これすべて麺。
山登っておいてよかった…。

2020-06-14 13.46.10

たちのぼるスープの香りに、こちらのつけ麺に出会ったあの日を思い出す。

2020-06-14 13.46.18

チャーシューの厚みもうるわしく。

2020-06-14 13.46.45


ではいざ

2020-06-14 13.46.58

いただきます…。
私の場合は特に、記憶を結構好きなように塗り替えたりしているのですが、当時に比して、麺細くなったでしょうか?(もうちょっと太かったような)。

しかし、それでもスープを一口飲んだ瞬間、

びびび

と、初訪問時の衝撃がよみがえってまいりました。
ああ、そうだ、この味だったな…。
あら、完食しちゃったわ…。スープまで。

2020-06-14 14.00.58-1


事前に用意しておいた黒烏龍茶を車の中で飲みながら、ノスタルジーに浸ったのでした。
この甘酸っぱさ(黒烏龍ではない)。
例えていうなら、初恋のあの方に、10年ぶりに再会したような気分と申しましょうか。

★★★★お店情報★★★★
栃木県那須烏山市南大和久中嶋657の1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください









アクセス解析すると、このブログ中のアクセス上位記事(月間と日毎)が分かります。
最新記事~公開一か月以内の記事がやっぱりアクセス数多いんですが、まるで演歌のヒット曲のように、ほぼ毎日アクセス上位に来る記事が二つあります。

その一が 「明治時代のレシピでアイスコーヒーを作ってみた結果」(2018年9月8日)
その二が 「秋の那珂川ツアーその1 モクズガニを食べよう~林屋川魚店(那珂川町)~」(2009年10月12日)

なのでした。

特にモクズガニは、地元ニュースなんかで季節の風物詩で取り上げられると、検索されるのかヒットするらしいです。
モクズガニは数があまり採れない上に、地元で消費されちゃうので市場に出回らず、川漁師さんから買うか、数少ない専門店で買うしかないのでした。

そんなワケで、私も「モクズガニ」は日々脳裏にインプットされていたのです。

先日、東武宇都宮の「全国うまいもの展」に551蓬莱の豚まん目当てで行った時のこと。
行列におそれをなし、結局買えずに会場を後にしようした私の目に写ったもの。
それは

 DSC05053

モクズガニ!

なぜここに。
岐阜とか、九州のお店かな。
しかもジャスト千円。

DSC05059

あれっ。
栃木県那珂川町の林屋さんではないですか。
栃木県代表(の一つ)でご登場か。

千円グルメだし、モクズガニ買っていこうかなー。

しかし、私の視線は

DSC05057

子持ち鮎に引きこまれた。

なぜなら、先日の「帰れマンデー」は日光~塩谷~矢板で寿司屋を歩いて探す回。
途中で出てきた、鮎の塩焼きがメチャおいしそうで、私の目と脳に「鮎の塩焼き」がインプットされていたのでした。

インプットしたらアウトプットせねば。
そう、ブラックホールとホワイトホールの関係のように…。

買おう。

DSC05058

豊潤な美味しさが約束されている体型の鮎。
二匹ください…。

DSC05061

家に持って帰って、夫と食べようと思ったのですが

DSC05064

実はまだ食べてません(賞味期限が数日ある)。
そのまま食べるか、加工(鮎飯とか)するか、悩み中…。

そして、やっぱりモクズガニも買ってくるべきだったと若干の後悔。

★★★★お店情報★★★★
那珂川町小川171-8
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

★★★★訪問記録★★★★
三回目 この記事

5月に那須烏山市にオープンしたという

2019-09-01 11.05.29

手作りケーキ パンのお店 Cafe ローズさんに行きましたのは、口コミに「モーニングセット」の文字を見たからであります。
烏山の中心部だと、駐車場がネックなのですが

2019-09-01 11.05.34

お店の前に、停めやすい駐車場がありました。
らっきー。

「ローズ」と言うと、学生時代に音楽の先生に授業中に「先生コレ好きなのよ!」と流された「The ROSE」を思い出す。
本当に先生が好きだったらしく、一回どころではなく、授業のたびに流されたレベルです。
余談ながら、その後「おもひでぽろぽろ」の主題歌に使われ、ビックリでした。

なので今でも「ローズ」の名前を見ると

♪アイセイラーブ♪と条件反射で歌ってしまうのでした。

話は戻りまして現在は

2019-09-01 11.06.42

モーニングセットは無いようでした。
おそらく、開店当初は開店時間がもう少し早く、そのころはあったのかもしれません。

トーストセットを頼めば、モーニングな気分になれる(気がする)。
お手製の食パンだそうです。

トースト大好き。
トースト旅のカテゴリーも作ってるし、トーストセットにします。

アイセイラブ イティーズ ア トーストー♪

そう、愛はトースト。カリカリきつね色に萌ゆる。
100円の差なら、ケーキ付きにしようかどうか。

お店の方「今日は、かぼちゃプリンとベイクドチーズケーキです」

アイセイラブ イティーズ ア …

両方好きなんだなー。
悩みましたが、かぼちゃプリンで。

2019-09-01 11.06.45

ドリンクはアイスコーヒーで。
プラス50円ですと

2019-09-01 11.07.25

さらに選択肢も増えますが、トーストセットにはコーヒーかなと。

DSC03967

おおっ。
アイセイラブ…

DSC03968

きつね色のトースト。
マーガリンタップリなので、しっとり~。

DSC03969

目玉焼きには、ペッパーたっぷり。
私は目玉焼きにはケチャップ派なのですが

DSC03971

選択肢にないので

DSC03972

「黄身の儀」の後、トーストにつけつけ食べよう。
ほのかな甘味のトーストが、黄身のこってり加減をまとい、至福のひととき。

DSC03970

画面右上の「かぼちゃの煮物」、ものすごくホクホクでした。
どうやって作るのか聴いてみようかと思うくらい、ホクホクでした。

DSC03975

そして、ケーキセット。

DSC03978

かぼちゃプリンは、ホコホコではなく、しっとりねっとり。

DSC03973

すっきりした感じのアイスコーヒーで、アイセイラブ、サムセイラブ、やっぱり愛はアイスコーヒーと思うのでした。
見た目濃いけど、味わいスッキリが一番だねと。

★★★★お店情報★★★★
那須烏山市中央1-20-33
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください 

↑このページのトップへ