1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category那須烏山市・那珂川町のグルメ

2010年の1月に出会って以来、いろいろな場所で「とちひめ」(通称姫様)を食べてまいりました。
いろんな個性の姫様に出会いましたが、忘れえぬ姫様がいらっしゃいまして。

久々に会いに行きました。
それが、こちら

DSC05011

ふじた体験村さん。
実は、初めて姫様に出会ったのは、こちらです。

DSC05012

当時と変わらぬ、のぼり旗。

売り場に、一個ずつケースに入った姫様が売って…

ある。

いや、ない。
反語か。

一個ずつケースに入っているのは、スカイベリー(1個150円)。
姫様のお姿がない。
世代交代が行われてしまったのか。

「一個売りは無いのですが、パックでしたら、おつつみしますよ」

おいくらでしょう。
いくら姫様とはいえ、二千円とか言われると考えてしまう。

「800円です」

安いです。ぜひぜひぜひぜひ。

包んでいただいている間、張り紙眺めてたら、今年は姫様不作のため、いちご狩りも姫様は無いそうです(とちおとめ狩りで、最後に1~2粒程度姫様を食べられるそうな)。

そういえば、あっちこっちのいちご園で「姫様不作」と書いてあった。
まさに深窓の姫様になってしまったのか。

「お待たせしました。どうぞ」

やったー。
あ、でもスカイベリー1個150円。摘みたてホヤホヤのスカイベリーって食べたことないや。
両方買っても950円で、アンダー千円。
せっかくだから

DSC04997

両方買っていきましょう。

ラップが触れるだけでも、姫様は傷んでいくという話なので(なにせ、かよわい)

DSC05008

さっさと剥がしてしまいます。というか、ここで食べていってしまいます。

DSC04999

スカイベリーから食べようか。

DSC05006

いただきまーす。

実は、今シーズン結構食べているんですが(帰宅が遅いので、スーパーで値引きになっているのを狙っている)、やっぱり摘みたては瑞々しい。
桃のような食感だなーと、食べるたびに思います。

DSC05001

では、姫様。

姫様とスカイベリー、両方の摘みたてを食べられるなんて、幸せの極み。
海でサザエとアワビを採ってきて、浜辺でバーベキューにするようなものでしょうか。

DSC05004

それでは、

DSC05009

いただきまーす。ああ、花びらが残っている新鮮さ。

姫様はか弱いので、噛んだ瞬間に、もう口の中がいちごジュースで満たされる感じです。
愛媛の空港では、蛇口をひねるとポンジュースが出てくるという話ですが、まさにそのような。
香川の空港では、蛇口をひねるとウドン出汁らしいですが。


とちひめとスカイベリー、両方の姫があいまみえた可憐な体験でした。
プリキュアオールスター映画みたい。

★★★★お店情報★★★★

ふじた体験村

那須烏山市藤田1060-4
営業時間&定休日 上記リンクを参考に、直接施設にお問い合わせください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目

三回目 この記事


旅グルメブログに転向して今年で6年目ですが、猫を飼い始めたり、なんだーかんだーで旅はストップして「ご近所食べ歩きブログ」に戻っています。
でも、「旅」って響きは、やはり憧れ。

旅気分に浸りたいなー。

ああ、ドラえもんがいれば「どこでもドア」出してもらえるのになぁ。
「ときめきトゥナイト」のJALパックの扉でもいいなー。

両方無理なので

DSC04980

那須烏山市の
tabi cafeさんに行ってみました。
今月号の「もんみや」のカフェ特集で知った次第です。
旧南那須町の市街地(の近く)。

このあたりに、カフェって初めてではなかろうか。
さっそくランチ食べよう。
世界を旅するメニューだそうですが

21

このあたりは、ジャパネスクかな。ドラクエ3のジパングのテーマが脳裏を流れる。
あら、メキシコも。


27

パスタもいろいろ。

鶏肉とマンゴーのトロピカルクリームパスタってどんなもんであろう。


37

ピザはイタリアン一色。

43

メキシカンなサラダという手もあるし

05

デザートメインで行く考えもある。

うーん。決まらない。最初のページに戻ろう。ハンバーグだっけ。

16

はんばー…

むっ!?

オリエンタルロッジハンバーグ パクチー or いんげん !?

もはや無条件選択。パクチーください。じゃなくて、このハンバーグください。

「サラダバーは、まだ準備ができていないので後日スタートになるのですが
 ドリンクセットは可能です。つけますか」

200円プラスならば、飲んでいきます。

DSC04984

「オニオンスープです」

北関東的な感じを受ける濃厚さ。

「ハンバーグとご飯です」

DSC04989

ま~。カフェだわ。

DSC04987

パクチーの姿が目に鮮やか。
我が家の庭で栽培しても、大葉との生存競争に負けてしまうので、今年からは栽培を止めようと思ったのだ。

付属のソースかけよ。

DSC04993

じゅわじゅわと、麗しい効果音。

DSC04994

いただきまーす。

肉汁じゅあ~なこってり感を、パクチーの爽やかな風で癒します。

DSC04996

ああ、これ肉汁&ソースごと全部ご飯に乗っけて、丼にしたい。

DSC04992

可愛い盛りの十五穀米。

DSC04982

それではアイスコーヒーで

DSC04983

気分だけ、トロピカルな旅に出よう。
今、私はタイのリゾート地にいるのだ(思いこみ)。

周囲のお客さんは、ママ友会や、「なんだかよくわかんないけど、すぱげっちー食べよう」と相談しあっている近所のラブリーな、おじーちゃんおばーちゃんグループや、ご近所さまが多い感じを受けました。

ここで『違う空間への旅』」に出る方が多いのでございましょう。

ご馳走様でした。


~余談~

最近読んだ本シリーズ。

漫画家の藤河るりさんの、卵巣がん闘病記、

24

「元気になるシカ!」
最初、コミックエッセイ劇場で読んでたんですが、実際の治療の段階のエピソードになると本でないと読めないので、やっと読むことができました。
県内で置いてある図書館が、まさにここの、那須烏山市立南那須図書館にしかないとゆー。

私も一人暮らしでございますんで、入院とか療養とかになった場合について、あんまり考えたくないけど、でも考えておいた方がいいんだなーと、考え込んでしまいました。

★★★★お店情報★★★★

tabi cafe

那須烏山市田野倉13-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


直営店&直売所と言えば、ぜひぜひこちらにお邪魔したかったのです。
那珂川町の

25

ばとう手づくりハム工房 レストラン 巴夢さん。
なにせ

53

自家製「茶色豚」を使ったハムやソーセージの直売所である上に、レストランもあり。
さらにさらに

18

平日のみの「1000円ジャスト」のランチの数々。
土日は普通に1400円とかの定食オンリーなのです。ぜひとも平日に来たかった。
どれにしよっかなー。
最初だから「そのものずばり」を味わいたいので、ポークソテーかな。
意表をついてカキフライ膳を頼んでしまいそうな自分が怖い。

17

冷麺セットも心惹かれるものの、麺ラブの私がこの世で唯一食べられない麺。それが冷麺なのでした(あのゴムような食感が)。

カツカレーもいいなー。でもやっぱりお肉をズバリ味わうならポークソテーかな。てなわけで、ポークソテーください。

ドリンクは別料金なので頼まなかったんですが

35

テーブルに飲み放題の麦茶があるのが嬉しい!

ドキドキしながら麦茶飲んで待ってますと、じゅ~じゅ~という、周囲のお客さんが振り向くような擬音と共に


DSC03360

ポークソテー登場!

DSC03361

まああっ。なんて素晴らしい形状。ぷっくり膨らんでいる。
つけあわせも、芋フライ、にんじん、ブロッコリーと信号機カラーの艶やかさ。

DSC03363

こちらは、ご飯とお伴部隊。

DSC03364

コンソメスープでお腹温めよう(麦茶飲みまくったから)。
底にハムが沈澱してます。ああ、穏やかな味。

DSC03365

冬瓜の煮物。ああ、夏だなーと思います(夏になると、大量にいただく)。

DSC03366

もはや、ベジファーストどころではなく早く肉食べたいと思いつつ、ベジファースト。酸味あるドレッシングが私好みー。
塩もみも美味しいけど、箸休めにとっておこ。

DSC03367

カレーをかけたくなる形状のご飯。

DSC03368

では、本命本丸本家本元の茶色豚ポークソテーいきます!

DSC03369

素晴らしい、この厚み。

DSC03370

いただきまーす。

ああ、柔らかいのに、むぎゅっとした噛みごたえ、そして口にあふれる肉の旨み。
脂身も甘くて美味しい。キツくない。

DSC03372

おろしダレも爽やかなアクセント。ご飯が進む。

ああ、食べ終わってしまった。
毎週平日に通って全メニュー制覇しようかなぁ。


★★★★お店情報★★★★

ばとう手づくりハム工房 レストラン 巴夢

那珂川町小口1467-3  

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ