1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category余談・雑談

実は元旦の祝宴のあとから体調不良に陥りまして、今喉を通るのは

DSC07400

みかんくらい。

気が抜けると寝込むタイプなんですが(ゆえに年末年始は寝込みやすい)、今回は実家の両親も同じくダウン。
やはり、人生の後半生の最大の懸案事項だった「私の独身問題」が解決したからみたいです。

平日限定のランチスポット歩きとか始めようと思ってたんですが、まだしばらくかかりそうです。

私…元気になったら焼き肉食べ放題に行くんだ…


人生を変えよう作戦のその2です。

姉から来た縁談は、最初の情報によるとお相手は
・私の三歳半年上
・専業農家
・一人暮らし

だけでした。

名前も聞いてなく、顔写真もない。
でも、あまり事前に色々知ってしまうと、実際会う前に考え込んでしまいそうなので、とりあえず「会います」という返事だけしておこうか。
私も、あれこれ条件つけられる立場じゃないけれど、譲れない条件はあるので、それだけは伝えて、OKなら実際会うことにしよう。

譲れない条件
その1 完全室内飼いの猫が一匹ついてきます
その2 ふらっと一人旅に行ってしまいます
その3 大のマンガ好きなので、大量の本がついてきます

これでOKなら会うよーと姉に返事したら、意外に速攻でお相手側の返事が。

その1 猫同居OK
その2 朝起きたら姿が無い、というワケでなければOK
その3 自分も大のマンガ好き

まさかOKで来ると思わなかった。
では、人生初のお見合いにレッツゴー。

会った場所は、姉に縁談の話を持ち込んだ方が運営する、某場所の集会所。8月25日(土)のお昼前でした。

「魔女とシロクマ」を書いた時に婚活本をいろいろ読んだんですが、(ネット婚活の場合)「初回お見合いは1時間で終了すべし」とあったので、1時間話したら失礼しよっと。
というワケで、初めまして。

農家ということですが、何を作っていらっしゃるんですか。

お相手「トマトです」

トマト!

のちにお相手の方が語ったところによると、この時私の目がギラギラ(キラキラではない)したので、「この人、結婚したら絶対商品に手をつけるに違いない」と思ったそうな。

そうだ、マンガ好きとのことですが、なんのマンガがお好きですか。

お相手「孤独のグルメとか、深夜食堂とか、ワカコ酒とか」

もう婚姻届出してもいいかも。
いや、私は出しても相手が受け取ってくれないか。
あれ、1時間経っちゃった。
では今回はこれで失礼しま…

ご紹介の方「じゃあ、二人でお昼行ってきたら」

えっ。心の準備が。
お相手の車に乗せていただき、着いた場所は宇都宮の某イタリアン。

F1000030

トマトパスタを食べながら(画像はイメージです。さすがに写真撮れない)色々話したのですが、緊張で味が分からず。しまった、お相手より先に食べ終わってしまった。

0f6c50ce

酷暑の日だったんですが、普段ならアイスコーヒーのところ、お相手にあわせてホットコーヒーにしてしまった(画像は以下同文)。
う、汗が。ハンカチハンカチ。

お相手「暑いですか?」

ええ、冷や汗ではないんですよ。
雷が来てますし、今回はここまでにいたしませんか。

そして帰宅。
私のその時の気持ちは、「継続」。
でもOKにしろ断るにせよ、お見合いは3回会ってから結論だすべきという話。時間ももったいないし、とりあえず早めに3回会った方がいいよなー。
お相手の連絡先はもらったし、電話してみるか。

もしもし、来週飲みに行きませんか。

続く。


ご近所マダムのNさんいわく。

「ちょっと、コレおすすめ、コレ。ウェルシアで見かけたので買ってみて」

私が行くウェルシアって、越戸のコープのところなんですが、そこにありましたか。

「私は今泉のウェルシアしか行ったことないから、わかんない」

今泉のウェルシアって、たいらやに隣接しているところですか。

「そうだよーん」

車だったらたいした時間の違いはないので

DSC00549

今泉の方に行ってみました。
あるかな。

37

あった。

名古屋名物「赤から(から赤なのかな)きしめん」183円。
なんと…

59

私が熱烈に宇都宮に帰還を要望していている「寿がきや」さんの製品なのですー。
かつての駅東口デパート(なのかな)田原屋ユーザーなら分かっていただける、テナントに入っていた寿がきやさんの味。
撤退して涙にくれていた私は、滋賀県まで追いかけていきました

これはラーメンじゃなくてきしめんだけど。

47

開けるとこんな感じ。

えーと、どうやって作るんだ。
とりあえずはお湯を沸かそう。

57

スープの素と液体スープを避難させて、麺にお湯をそそぐ。
一分経ったら、お湯をすてる。
いわゆる「ペヤングだばぁ」にならないように気を付けねば。
流しが「べこん」と音を立てるのを聞き届けて、えーと次は…

「熱湯を注いで、スープの素とスープを入れる」

さっき熱湯全部使っちゃったよ。

もう一回沸かして

42

できあがり。
いただきます。

あのラーメンとはまた違うんですが、「ああ、きしめんだね」と思う味でした。
そんなに辛くなかったですね。

そして、私が非常にお世話になっております、駅東にお住まいの若き美女いわく

「今泉のたいらやってね、なんかお肉部門が他のたいらやと違うだかなんだかで、スゴく良いのがあるのよ」

良いお肉っ。

DSC00550

せっかくなので、隣に行ってみました。
まぁ、確かになんとなくモノが違うわ。下野和牛とか。

あとで、閉店間際に来てみよう(セコイ)

夕飯買って行こうかなぁ。
鯖寿司食べたいなぁ。でも一本千円くらいするんだよね、寿司屋のテイクアウトでも。
なんて思ってたら

DSC00556

298円で〆鯖太巻き寿司がっ。

DSC00577

断面萌えにはたまらぬビジュアル。

孤独のグルメのゴローちゃんの名言を思い出す。

「ほー いいじゃないか こういうのでいいんだよ こういうので」

コッテリしているようでスッキリしている〆鯖を、紅ショウガが爽やかにアシストして、キュウリがポリポリとアクセント、高菜のジャパネスク感で締める感が満足。

そして、たいらやと言えば、ご近所さん(らしき)「さいちー」様からコメントを頂戴しておりました。

「毎日楽しく拝見しております。
たいらや泉が丘でちょこちょこ「氷室町 福田さんのとちひめ」が売られています。
おそらくむらさきさんのお宅から遠くないと思われますし、
機会がおありでしたら覗いてみて下さいませ。」

ここは泉が丘店ではないけど、あるかなぁ。

DSC00561

あったー!
しかも398円。

DSC00571

さすが、繊細な姫様。ぷちぷちに守られている。

DSC00573

たぶん、この日一日しかもたないであろう、カゲロウのような儚い命、それが姫様。
ありがたくいただきます。
398円なので、庶民派姫様かなと思いましたが、

DSC00563

この、右上の一個が「神がかり的な」おいしさでした。
これだけで398円感を突破していた。

なんと充実したご近所さん情報の数々だったのでありましょう。
そうだ、一つ買っていくか。

21

父へのバレタイン。

↑このページのトップへ