1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category栃木県 そば紀行

わたしはうどん派、夫は蕎麦派でした。
それはおいときまして、壬生町にいちごケーキ買いに行きましょう。お昼ご飯もかねて。

夫「蕎麦食べに行きたい」

壬生町で蕎麦屋さんって、いっぱいあるから、思いつかない。
あ、そういえば。
壬生町在住の知人(フォトショップ職人/30代ラブリー女子)に、「わたしのオススメ」と教えてもらったお蕎麦屋さんがあった。そちらにしましょうか。

13年目の口コミ調査隊に突入。

2007年~2018年の口コミ調査隊一覧はこちらから。
2020年第一回目は

 2020-01-26 12.07.15

蕎麦処 みかどさんです。

2020-01-26 12.08.32

若かりしころは「天ぷらがなけりゃ蕎麦食べられない(お腹が空いて)」だったんですが、今では「蕎麦単品でいいや」です。わたしも大人になりました。

2020-01-26 12.08.37

もつ煮とおにぎりにしようかなー。

2020-01-26 12.09.27


ケーキとコーヒーのセットでもいいなぁ。

夫「いちごケーキを買うんでは」

あ、そうか。

夫「おれはミニ天丼セット」

その下の「よろしく丼セット」が気になる…。

DSC06506

これが夫オーダー。

DSC06507

夫「天ぷら、揚げたてで熱い!」

DSC06517

夫「半熟卵天!」

さぬきうどんトッピングワールドで人気上位を誇る半熟卵天さんではないですか。
天丼にいらっしゃるとは…。

わたしのオーダーは…

DSC06509

鴨汁そば。

夫「冷たい蕎麦しか食べられないんじゃなかった?」

寒さに負けました。
麺が冷たければ大丈夫でしょう。

DSC06512

鴨汁にも

DSC06514

お漬物にも、柚子さんのお姿が。
すっきり爽やか。

DSC06511

それでは、細めのお蕎麦を

DSC06515

鴨汁につけていただきます。

やはり、お肉があるとうれしい。
肉女です。

量もほどよい感じで、蕎麦もしゃっきと喉越しがよく、すっきりといただけました。

ケーキ前の食事として、よい感じでした。
こちらの自家製ケーキも気になるので、栃木市方面に行った帰り道に寄って、コーヒーセットを頼んでみたい。

さて、ケーキを買いにいきましょう。

★★★★お店情報★★★★
壬生町至宝1-5-10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください













消費税UPもあり、なかなか「アンダー1000円ランチ」を探すのも難しくなってきました。
そんな中、

 DSC05249

和ふう亭さんはアンダー千円のメニューも多く、特に日替わりの「そば定食」がお得だと小耳に挟んだので行ってみました。
小鉢が三品つくそうな。
肉系があるといいな!魚系でもいいな!

2019-11-12 12.03.36

・豆腐ステーキ
・煮物
・温キャベツのサラダ

肉女の私としては…。

2019-11-12 12.04.30

ちょっと他のメニューも見てみよう。
生姜焼きランチ620円。
蕎麦屋さんだし、初回だし蕎麦がついた方がいいかな。

2019-11-12 12.05.09

しかし、うどんもあるそうだし、冷やしうどんという線も。

2019-11-12 12.05.07

かつ重なら蕎麦orうどん。

たぬきご飯推薦している若原君って誰。

と、いろいろ悩ましいところに更に悩ましい存在が。

2019-11-12 12.06.34

カキフライ定食…。
しかもアンダー千円。

どないしよー。

悩んだ結果、初志貫徹で日替わり定食にしました。
とオーダーすると、すぐに

DSC05237

来た。

DSC05240

温キャベツのサラダ。
ポン酢かしら、酸っぱい。
加熱で甘いキャベツとナイスコンビネーション。
って、これは無限キャベツ。
箸が止まらない。
家にあったらドンブリ一杯食べてしまいそう。

DSC05244

煮物。
芋とがんもという精進な構成でありますが、ほのぼのとしたお味。

おかーさーん。

と、夕暮れの裏山に叫びたくなる。

そして、肉女の私の頬を引っ叩かれたような衝撃を与えたのが、

DSC05241

こちらの豆腐ステーキ。
最初、豚バラブロックのステーキかと思ってしまったビジュアル。
箸で割れば、確かに豆腐。
しかし、このかかっているタレが美味しい!
玉ねぎ醤油みりんベースかな。
これだけでドンブリ二杯行けそう。
タレお持ちかえりしたい…。

DSC05239

程よい量のお蕎麦。

DSC05245

甘めのツユが、癒しの雰囲気。

2019-11-12 12.15.07

一人分の可愛いサイズの湯桶に萌え。

まんぞく…。
次回はカキフライ、次次回はかつ重だ。決まり。

★★★★お店情報★★★★
和ふう亭
宇都宮市城南1-1-4
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



夫が常々気になっている蕎麦屋さんがあるそうで。

DSC04841

それが、真岡市にある手打ち蕎麦かめやまさん。
確かに「気になる」心を掻きたてる看板である。

夫「寒くなってきたから、温かい蕎麦が食べたいんだー」

ということで、

DSC04839

一緒に来たワケです。
民家を改装したテイストですね。
中は広いわー。

2019-10-19 10.56.15

温かい蕎麦…。
私は温かい蕎麦が食べられないのであった(汁でも麺でも)。

夫「年越し蕎麦って、温かい蕎麦じゃないの?」

私は年越しうどんですもん。
なので「一杯のかけそば」が私ワールドに存在するなら「一杯のざるそば」か「一杯の釜揚げ」になります。

2019-10-19 10.56.18

なので、冷たい方から選ぼう。
すずしろそば?
なんでしょう。

お店の方「頂点に細かく刻んだ辛味大根が」

おろし蕎麦みたいなもんかな。
いずれにせよ、大根×蕎麦は私の好きなコンビ。
すずしろにします。

夫「肉なくて大丈夫なの!?」


2019-10-19 10.56.48

鴨ロース頼もうかなぁ。
しかし、予算が。

2019-10-19 10.56.56

いっそのこと、すべての考えをリセットし、天丼にするという手もある。
…。
すずしろで。

夫「俺は肉汁つけそば」

温かくないじゃないですか(麺が)。

夫「そういう気分なの」

DSC04822

サービスの、茹で落花生(自家製だそうな)。
落花生を茹でたの食べるのは、人生において初めてですが

DSC04825

ほこほこした食感が美味しい!
塩っ気もたまりません。
無心になるひととき。

DSC04827

すずしろ登場。

DSC04832

想像と違った。
もうちょっと、大根おろしに寄ってるかと思ったけど、しっかり存在感がある。

DSC04837


いただきます…。
シャキシャキの大根が、シャキシャキの蕎麦と絡み合い、わー、これは美味しい。

DSC04834

夫オーダーの肉汁つけそば。

DSC04836

夫「肉食べなよ、肉」

もらいます(電光石火)。
ああ、この甘じょっぱさが良いですね。

夫「また来たいなー、気に入った」

看板、茹で落花生、すずしろ蕎麦…。
未知の世界に飛び込むのは楽しいものです。
into the unkown…。

★★★★お店情報★★★★
真岡市亀山1-32-5
営業時間 11:00~20:00
定休日 木曜日(祝日の場合は翌日)
※お店情報は訪問当時のものです

↑このページのトップへ