1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category栃木県 そば紀行

夫に「外食しましょう。何を食べましょうか」と訊くと、ほぼ100%「蕎麦」と返ってきます。
うどん派の私としましては、うどんもあるお店を探すわけですが、今回は

 2020-02-23 11.25.18

小山市の「手打ち蕎麦 永 とこしえ」さんに来てみました。
一見普通の住宅なのですが、中に入ると広いお座敷。

DSC06920

夫はてっきり、コレに行くのかと思いきや(魚好き)

DSC06922

夫「粗挽き蕎麦!」

DSC06923

蕎麦をうどんに変えられるということなので、私は非常に悩ましい。

DSC06924

こちらが夫の粗挽き蕎麦。
夫が、一口食べた瞬間に

DSC06925

「ウマい!」

と叫んだので、ちょいと驚き(あまり、ウマい or notを言わない人なので)。

「蕎麦もツユも、うまいー」

それは期待。
わたしは…

DSC06926

鍋焼きうどん。

夫「なんか、蕎麦屋行くたびに鍋焼きうどん頼んでない?」

だって好きだから(単純明快)。

DSC06929

ちくわ、卵、海老天、ほうれん草、シイタケ、鶏肉…というラインナップ。
鍋焼きうどんは、お鍋から取り分けの器に移す作業も、萌えるものです。

DSC06931

第一弾はこんなところかなー。
それでは~

DSC06934

揚げ餅びよん。

夫「チーズだけじゃないんだ」

びよん系は等しく愛しています。
おおっ。カリカリの衣に、きゅるんきゅるんの内側。
この揚げ餅、おいしー。

うどんも、うにょんっ、と伸びる食感が楽しい麺。
海老天も、細いながらも何匹かまとめて揚げてあって、お祭り感アップ。

DSC06935

わたしの毎度の「鍋焼きうどんにおける卵」の食べ方。
最後の最後まで鍋内に滞留させ、できるだけ半熟状態にもっていく。
そしてラスト、

DSC06937

「黄身の儀」を行い、麺に絡めて「釜玉」風に食べる。
それが私の、鍋焼きうどんの最後の華。

おつゆ、しょっぱすぎず美味かったなー。

お店の方「鍋焼きうどんの方、デザートがつきます」

なんとー。

DSC06939

そば茶ぷりん。

DSC06940

一口感がうれしいデザート。
蕎麦風味がじわじわと美味しい。
大人のプリンだー。
こちらのお店は、きっと何をオーダーしても美味しいのでありましょう。

お隣で、常連さんらしき方が

「ドレッシングの持ち帰りお願いします」

と頼んでいたので(ニンジンドレッシングを売っていた)、今度買ってみましょう。
わたしの食べ歩き遍路の中で、手作りドレッシングがおいしいところは、自分的に大当たりのお店です。

夫「びよん系好きなのに、なぜにトロロが苦手なの」

謎です。

★★★★お店情報★★★★
小山市向野581-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください








とある新聞記事を読んだ夫が一言。

「行きたいお店がある」

夫が自分から行きたいお店を言うとは珍しい(いつも私が引きずっていく)
行きましょう。どこでしょう。

2020-02-09 10.57.26

鹿沼市の「山里」さんでした。
なんでも、読んだ内容は

DSC06781

「田ぜり祭り」開催中の件だったそうで。

夫「せりが好きなんだー」

わが家の田んぼでも採れたのでは(というか去年食べた)。

夫「せりそば&せり天!」

せりせりコンビ…。

わたしの頭の中の「せりそば」は、もりそばにせりの天ぷらが乗っている図だったのですが

DSC06783

このようなお姿でいらっしゃるとは。

DSC06784

鹿沼名物、にらそば的な。

夫「せりは根っこがウマい」

DSC06790

こちらがせり天。
私が去年作ったせり天とは真逆の、カリっと揚がったせり天。

夫が「田ぜり」を買いたいそうで、数週間前に某農産物直売所で一度見かけたのですが、「後日買いにこよう」と買わずに帰ったら、その後全く見かけないという。
人気なのですね、田ぜり…。
(今日も某直売所に行ったら、お客さんが店員さんに「田ぜり入らないんですか~」と訊いていた)。

で、そういう私は春から逆戻りしたような

DSC06782

鍋焼きうどん。
なぜなら、寒かったから(シンプルな理由)。
前回訪問時もうどん食べた気がする。

DSC06785

あったかい~。
と、涙目になって鍋の上に両手をかざす私(冷え性です)。

DSC06787

私の鍋焼きうどんの食べ方は、何度か書いてますが、「いかに卵の黄身を汁に流出させないか」。
汁に生卵が溶け出すのがダメなのです…(ゆえに月見うどんが食べられない)。

DSC06789

小皿に少しずつ、麺と具を分けていって食べ進め、最後の「ラスト一盛り」となったあたりで

DSC06791

過熱が進んだ卵を移植。

DSC06792

「黄身の儀」をして、釜たま的に食べる。
この場合は、うどんが太麺であればあるほど、そして汁が濃い目の方が好みであります。
両方クリアー。

食卓の上は早春と晩冬が入り混じった状態。
早く春にならないかなー。

★★★お店情報★★★
山里
鹿沼市板荷1153-1
営業時間&定休日 
上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目 
二回目  この記事

わたしはうどん派、夫は蕎麦派でした。
それはおいときまして、壬生町にいちごケーキ買いに行きましょう。お昼ご飯もかねて。

夫「蕎麦食べに行きたい」

壬生町で蕎麦屋さんって、いっぱいあるから、思いつかない。
あ、そういえば。
壬生町在住の知人(フォトショップ職人/30代ラブリー女子)に、「わたしのオススメ」と教えてもらったお蕎麦屋さんがあった。そちらにしましょうか。

13年目の口コミ調査隊に突入。

2007年~2018年の口コミ調査隊一覧はこちらから。
2020年第一回目は

 2020-01-26 12.07.15

蕎麦処 みかどさんです。

2020-01-26 12.08.32

若かりしころは「天ぷらがなけりゃ蕎麦食べられない(お腹が空いて)」だったんですが、今では「蕎麦単品でいいや」です。わたしも大人になりました。

2020-01-26 12.08.37

もつ煮とおにぎりにしようかなー。

2020-01-26 12.09.27


ケーキとコーヒーのセットでもいいなぁ。

夫「いちごケーキを買うんでは」

あ、そうか。

夫「おれはミニ天丼セット」

その下の「よろしく丼セット」が気になる…。

DSC06506

これが夫オーダー。

DSC06507

夫「天ぷら、揚げたてで熱い!」

DSC06517

夫「半熟卵天!」

さぬきうどんトッピングワールドで人気上位を誇る半熟卵天さんではないですか。
天丼にいらっしゃるとは…。

わたしのオーダーは…

DSC06509

鴨汁そば。

夫「冷たい蕎麦しか食べられないんじゃなかった?」

寒さに負けました。
麺が冷たければ大丈夫でしょう。

DSC06512

鴨汁にも

DSC06514

お漬物にも、柚子さんのお姿が。
すっきり爽やか。

DSC06511

それでは、細めのお蕎麦を

DSC06515

鴨汁につけていただきます。

やはり、お肉があるとうれしい。
肉女です。

量もほどよい感じで、蕎麦もしゃっきと喉越しがよく、すっきりといただけました。

ケーキ前の食事として、よい感じでした。
こちらの自家製ケーキも気になるので、栃木市方面に行った帰り道に寄って、コーヒーセットを頼んでみたい。

さて、ケーキを買いにいきましょう。

★★★★お店情報★★★★
壬生町至宝1-5-10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください













↑このページのトップへ