1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category京都府

先日のシュトレンの記事で、京都の「たま木亭」さんを思い出して、ふと考えたこと。
そういえば、すんごい長い間京都に行ってない気がするけど、最後に行ったのはいつだろう。
えーと、2014年4月のいちごパフェ流れ旅以来だった。
約4年半。
すんごい長い気もするし、それほどでも無かったな的な気もする。
久しぶりに行きたいなー

と、願望するだけならタダなので、なんとなく願望してたら

DSC06921

京都の鶴屋義信さんのお菓子をいただきました。
正式に言うならば、いただいたものを一個いただきました。

DSC06922

ああ、懐かしの「京都」の文字。

DSC06923

カロリーは123kcal。
3歩進んで2歩下がる的なカロリー…。
このあと国道123号線でもジョギングすれば大丈夫であろう。

DSC06926

コーヒーを淹れたのは、このお菓子が抹茶味と勘違いしていたからであります。
(抹茶味の「つばらつばら」もあった)。

DSC06925

こちらはノーマルヴァージョン「つばらつばら」でした。
「つばらつばら」とは、万葉集にも登場する 「しみじみと・心ゆくままに・あれこれと」などの意味する言葉だそうで。

わびさびだわ…。

DSC06927

薄皮ですが、非常にもっちり。かじると、口の中から「もっちり~」と響いてくるようなもっちり感。
私の萌えポイントは

DSC06929

こちらの折り返し部分。
照りが萌え。

ご馳走様でした。


★★★★お店情報★★★★
鶴屋義信
京都市上京区今出川通堀川西入る


苺の種類:さがほのか

産地:佐賀県



こういう理由 で、4月は最初から最後まで「いちごパフェ祭り」です。

香川県からは文字通り「いちごパフェ流れ旅」をしております。

香川 ~岡山 (1泊) ~兵庫 ~大阪 と普通電車に揺られ、
京都にまいりました。

ここで一泊。


で、夕飯の買い出し(目当て:鯖味噌弁当)に京都駅の伊勢丹に行ったら

なんと…


栃木県産とちおとめがあったー


久しぶりの再会。西日本で初めて観たかもしれない。

ちょっと感動。

んで、次の日の朝。


寒い


とお店の前で騒ぐわたくし。


京都の冬ってこんなに寒いんだっけかー?

この旅いちばん…というかこの冬いちばん寒い。

いちごパフェを求めていった



お店が、まだ早すぎて開いてなく(開店時間が遅くなったんだそうな)



マッチの売りの少女が、マッチの炎の映る幻想を追い求めたがごとく

メニューを虚ろな表情で見上げる私。

準備に励む店員さんが見かねたのか


「あ、あの寒いので、どうぞ中でお待ちください。

 まだオーダーはお受けできませんが」


ありがとうございます…


ふらふらと入ったこちらのお店は、フルーツパーラーヤオイソ さんでした。

老舗のフルーツ屋さんが営んでいるパーラーだそうです。

もちろん、いちごの時期なので


いちごメニューがいっぱい!

迷うことなく、いちごパフェ(L)945円で行くべきでしょう。

しかし…




わたし、マンゴー命なんだよなー。あ、夏季限定か。

桃にも心をささげてるし。あ、これも夏季限定か。

やだわ、夏にまた来なくては。


京都の夏って暑いんだろぉなぁ。


「いちごパフェお待たせしましたー」




きたーん。





いちごにクリーム、アイスだけのSimple is Bestの構成。

私がいちごパフェに求めるものは、それだけです。

Simple is Bestのいちごパフェに求めるものは、

とにもかくにも…


いちご本体の美味しさ。




甘酸っぱく瑞々しい!




アイス本体のおいしさと、ナイスコンビネーションでした。


まんぞくー。


夏にまた来て、今度はマンゴーパフェと桃パフェ食べようと誓いつつ

電車に乗って次の県へと向かうのでした。


続く。



★★★お店情報★★★

フルーツパーラーヤオイソ

京都府京都市下京区四条大宮東入立中町496

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



※この記事は、店舗移転前のものです

さて、京都を出て宇都宮に帰ることになったけれども、

どうしても心残りが一つ。

ハマりにハマりまくった、たま木亭 さんのパンを、なんとか持って帰れないものか。

ソフト系は無理だし、ハード系は重いし、うーんうーんうーん…。

と悩みつつも、また黄檗駅で降りて


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


たま木亭 さんに行ってしまったワケでございます。

どないしよー…とキョロキョロと見回したら、レジ脇にショーケースがあって

POPに「一週間以内にお食べください」と書いてあった。

逆に言えば、一週間保つ。

それは何!?

と思ったら、「黒豆のシュトーレン」でした。

なんか飛ぶように売れていくし、お値段も1100円(だっけな)。

それ一個くださいっっ。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


これがその…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


黒豆のシュトーレン。

サイズ的には、(CMの)ビッグマックより一回り大きいくらいでしょうか。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


開けた瞬間は、思わずドキっとしてしまいましたが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、周りは砂糖か。

ビックリした。

実は、私は「まぶしてある砂糖」がヒジョーにニガテでございまして

それが理由でドーナッツも食べられないのですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


落とすのももったいないしなー。

ブラックコーヒーがお伴にあれば大丈夫であろう。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


なんか、非常に豆豆しい。

では、珈琲も淹れましたので


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


いただきます。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


どっひゃー。


宇都宮に帰ってまでも叫んでしまった。

なんという、和的で穏やかなシュトレーンでありましょう。

過去に食べたのは、スパイスバリバリ系だったけど

これはとっても穏やか。

たとえて言うなら、しんしんと降り積もる雪の如くー。

で、コーヒーを飲むと、コーヒーの風味をぶわわわわわーと豊かにするのです。

なんじゃー、このシュトーレンはああああ。


さらに、私が大のニガテな「まぶしてある砂糖」まで美味しいっ。

ああ、落とさないで良かった。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


日本茶をお伴にもしてみましたが、これは、お茶の方が

「シュトーレンの味を豊かにしに行ってきまーす」

という感じで、これまた面白い。


一週間保存できるんだよなー。


わーい、一週間楽しめる。


と思ったら3日で無くなりました。


うううう、たま木亭さんと今井食堂 さんとマルク・パージュ さん目当てに

毎月深夜バスで京都に通ってしまいそうだ。


さて、年内の「県外の旅」記事はこれでお終いです。

余談・雑談を二件挟んだ後

今年の残りは、全て栃木県内の記事となります。

★★★お店情報★★★

たま木亭

京都府宇治市五ケ庄平野57-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★訪問記録★★★
一回目
二回目
三回目 (この記事)

↑このページのトップへ