1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category京都府

(毎度のごとく)朝もお昼もいっぱい食べちゃったし、

夜は軽く済まそうかなー

テイクアウトしてホテルで食べよ。

というワケで、一度行ってみたかった


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


錦市場 に行ってみましたーっ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まー、鰉とかモロコとか、初めて観るわー。

焼いてあるのが売ってるっていいねー。

えーと、何買おうかな。

まずは炭水化物だな。

軽く済ますには、おにぎりかな、やっぱり。

どこかに売ってないかな、おにぎりおにぎり…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あったー。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


中央米穀 錦店 さんだって。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

おにぎりいっぱーい。

せっかくだし、京都テイストのがいいよなー。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


えーと、すぐき160円と、ちりめん山椒190円にしよう。合計350円。

よし、次はタンパク質だっ。

でも、ヘルシーなタンパク質がいいなー。

魚と卵あたりかなー。

と、キョロキョロと探しながら歩いていると


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


山元馬場商店 さんで

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「お一人様食べきりサイズ」のオカズを発見。

やったねー。コレにしよ。

えーと、本もろこ焼き150円と、はも照り焼き150円と、だし巻き卵100円。

合計400円。

よし、いい感じ。


うーん、プラスサムシングが欲しいところだな。

サラダかスープあたり…

と、キョロキョロ探すと

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まち×むらSTATION「しずくや」 さんというお店があり

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


和だしべースの野菜スープ。よし、コレだー!

えーとどれにしようかなー。

飲んだことの無い「呉汁風スープ」にしようかな。

丸ごと大豆を煮た、だって。味噌汁の一歩手前な感じかしら。

これが300円でしたので


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


合計1,050円という、ご予算にもマッチングな夕飯となりました。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


卵はふあふあと美味しく、はもの照り焼きはむっちんむっちんしていて

生まれて初めて食べた「もろこ」は、遠い昔、

川で獲って食べた雑魚の味を思い出し(縄文時代ではない)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


呉汁も「和っ」って感じで美味しかったです。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おにぎり一個で良かったかなと思いつつあっさり2個食べてしまった。

今回は涙を飲んだ、揚げ物屋さんやお肉屋さんもいっぱいあったし…

錦市場の近くに住みたい…

(そしたら絶対料理しない人生になるだろう)


さて、次回で2011京都・奈良の旅はお終いです。

最終回は「着いたその足でモーニング」の巻。



★★★お店情報その1★★★

中央米穀 錦店

京都府京都市中京区錦小路通柳馬場角中魚屋町
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



★★★お店情報その2★★★

山元馬場商店

京都府京都市中京区錦小路通富小路東入東魚屋町196
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


★★★★★★★★★★お店情報その3★★★★★★★★★★★★

まち×むらSTATION「しずくや」 (京都 錦市場内)

京都市中京区十文字町456番地(錦小路柳馬場西入る)
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


宇治と言へばお茶。

そして、抹茶パフェ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


宇治駅のほど近くにある、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


老舗オーラが漂う「中村藤吉 本店 」さんに来てみました。

会社概要 を読んでみたら


>代々当主は「中村藤吉」を襲名し、戸籍を改名いたします。


とありました。なんてる老舗。

さて、お茶屋さんなのですけども、お店の奥に

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


カフェがあるのでございます。

さっそく突入と思ったら、まだ開店まで時間がありすぎまして(40分くらい前に着いてしまった)

さりとて、どこか観光してまた戻ってくるにはビミョーな時間だな、

どないしよ、と思ってましたら

待合い室みたいな場所に通されまして

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お茶をいただきました。

新茶を半年寝かしたものだそうです。

まろやかな渋さという感じでございました。

で、ボーっとしてたら時間になりましたので、カフェへ通されました。

やったねー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


夏だったら、迷わずかき氷だっただろう。しかし

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わたくしが夏以外の京都に求めるもの、それは…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


抹茶パフェ800円!


いやー、大きいなー。壮観だ。

容器も大きいし、パーツも大きい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


鳥瞰図も麗しい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらスネーク。

上空からの偵察によると、

アイスが、いち、にぃ…二種類。

容器がステルスじゃないからか、全体像は伺えず。

(スネークの意味なし)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


やっぱり実際食べてみないとねー。

いただきまーす。

うぉうっ。

さすが、抹茶アイスの味が違う。

フル・オブ・上質抹茶。

で、このアイスが大きいのですね。

二つ食して、「ふー。終わった」と思いましたら

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


その下に、アイス発見。

煎茶アイスであろうか。

これも大きい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


さらにその下にアラレ(?)

パーツパーツが非常に上質的美味なんでございますが

それぞれの量が多いので、庶民故の「上質疲れ」のようなものを若干感じてしまいました。

(輸入牛肉はステーキでドカンと食べるのが好きだけど

 高級牛肉は一口くらいが楽しいのと同じ心境)

友人と半分ずつでちょうどいいかなー。私の場合。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


最後に京番茶がサービスで出ましたが

私の脳内ライブラリーに無い味であった。

なんと言いますか、お座敷に通されたら掛け軸があって

「この絵の感想を言わねばならぬのだろうか」と悩むような味というか。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うーん、やはり煎茶道を習おうかなーと悩みつつ、ボー。


さて、京都・奈良の旅も残り2回ですが、次回は「錦市場で夕飯を の巻」でございます。


★★★お店情報★★★

中村藤吉 本店

京都府宇治市宇治壱番10
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


駅の改札から出ればそこは


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


イッツ・ア・お茶ワールド。

それが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


宇治!

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


茶茶壺茶壺!

あらっ、茶壺にふたがあるわ。

(右上の童は何が気になっているのであろうか)


このように「食材で有名な街」を闊歩するのは、とっても心弾むものでございます。


が、宇治に来た目的は、食」じゃないんだよーん


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


と言いつつ目に入るのは食べ物屋さん。

こちらの、各種抹茶パンで有名な「ベーカリータマキ 」さんは

先日の「どっひゃー」なパン屋さん「たま木亭」さん のルーツだそうです。


でもって私が宇治に来たのは

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


とっても好きな建造物その1の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


平等院鳳凰堂ー!


中世カスティーリャ王国のペドロ一世の物語「アル・カサル-王城- 」の作者の

青池保子さんが、スペインの修道院(だっけな)でドン・ペドロ像の実物を

初めて観た時、嬉しくて、一日中衛星のように像の周りを廻って写真をパシャパシャ

撮っていたとエッセイに書いていらっしゃいましたがー、

私もこちらの建物の周囲を衛星のように

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ぐるぐる

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ぐるぐる

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


…と廻っていれば幸せなのでした。

この「衛星グルグル」の楽しみを過去に味わったのはもう一件、

ルーブル美術館で「サモトラケのニケ」の実物を観た時だけでした。

(好きなんだー)


さて、宇治といえば

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


源氏物語のまちー。

わたしは源氏物語では女子の部は秋好中宮、男子の部では夕霧が好きでございます。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そして宇治橋ー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


宇治川といえば宇治十帖。

千年前もこんな流れだったのでしょうか…

宇治の街は、「甘い水」の香りがする(気が)します。

あら、もう時間が。

よし、最初に戻って

宇治といへば…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


抹茶スイーツ!

次回記事に続く。


↑このページのトップへ