1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category京都府

駅の改札から出ればそこは


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


イッツ・ア・お茶ワールド。

それが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


宇治!

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


茶茶壺茶壺!

あらっ、茶壺にふたがあるわ。

(右上の童は何が気になっているのであろうか)


このように「食材で有名な街」を闊歩するのは、とっても心弾むものでございます。


が、宇治に来た目的は、食」じゃないんだよーん


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


と言いつつ目に入るのは食べ物屋さん。

こちらの、各種抹茶パンで有名な「ベーカリータマキ 」さんは

先日の「どっひゃー」なパン屋さん「たま木亭」さん のルーツだそうです。


でもって私が宇治に来たのは

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


とっても好きな建造物その1の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


平等院鳳凰堂ー!


中世カスティーリャ王国のペドロ一世の物語「アル・カサル-王城- 」の作者の

青池保子さんが、スペインの修道院(だっけな)でドン・ペドロ像の実物を

初めて観た時、嬉しくて、一日中衛星のように像の周りを廻って写真をパシャパシャ

撮っていたとエッセイに書いていらっしゃいましたがー、

私もこちらの建物の周囲を衛星のように

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ぐるぐる

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ぐるぐる

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


…と廻っていれば幸せなのでした。

この「衛星グルグル」の楽しみを過去に味わったのはもう一件、

ルーブル美術館で「サモトラケのニケ」の実物を観た時だけでした。

(好きなんだー)


さて、宇治といえば

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


源氏物語のまちー。

わたしは源氏物語では女子の部は秋好中宮、男子の部では夕霧が好きでございます。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そして宇治橋ー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


宇治川といえば宇治十帖。

千年前もこんな流れだったのでしょうか…

宇治の街は、「甘い水」の香りがする(気が)します。

あら、もう時間が。

よし、最初に戻って

宇治といへば…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


抹茶スイーツ!

次回記事に続く。


秋は京都観光シーズンだからか、雑誌も京都特集が多く

いちおーアレコレ事前に読んだんですが、お値段とか

趣味がどうにもマッチングせず、唯一心に残ったのが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


食楽11月号に載っていた


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


河原町の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


御二九と八さい はちべー さんの「とある」メニュー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


それは、牛タンハンバーグでも牛ネックシチューでもなく、

その名は…

その名は……

忘れちった(すんません、立ち読みだったもんで)。


えーと、すみません、食楽に載ってたナントカ丼ください。


「ハラミ丼でございますねー」


あ、そうだったんですね(←写真しか見ていなかった)


私が一目見て心奪われたビジュアルの

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ハラミ丼ー!

いよー、待ってましたー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


これは何でございましょー。


「牛のフワです」


ふわ?


「肺です」


はい(←シャレではない)


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


フワは、ふわふわとしていて(←シャレではない)

不思議な食感でございました。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そして、アムロいきまーす。

ハラミ丼!

(正式には秋野菜のグリルとハラミ丼 だったかな)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


見て萌え。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


食べて萌え。

くにゅくにゅと噛みしめる喜び。

お肉ばんざーい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


赤だしも美味しく

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


珈琲とデザートもつくんでした。

この日は、チョコレートの「わらび餅」だったんですが。

うーん、困ったな、実はワラビ餅ニガテなんだな。あのぷよぷよした食感が。

(基本的に和菓子全般ニガテなんです。 芋ヨウカン除く)


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


と思ったら、あまりぷよぷよしてなくて、いやー、ウマいわ、コレ。

で、食べ終わって気づいたけど、私、写真しか目に入ってなくて

値段観なかった。


おいくらでしょうか…


「2100円です」


この日の夕飯を抜いたのは言うまでもない。


さて、次回は「宇治編」です。


★★★お店情報★★★
御二九と八さい はちべー
京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町577-17 1F・2F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

18歳未満×の京都御所。

修学旅行では涙を飲み、めでたく大人になったら行こうと思っていたら

事前予約制。(しかも平日オンリー)

私は基本的にめんどくさがりの上に、フリーダムに生きているので

「事前予約」というものがダメだった。

(新幹線の指定席すら負担に思うタイプ)


が、だが、しかし。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


毎年、秋と春には予約不要・フリーダムの一般公開があるのだよーん。

正倉院展と同じように「そのうち行くぞー」と思っている内に、気がつけば

えらい年月が経過してしまった。

今年こそ、ああ、今年こそ今年こそ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

と思う方はいっぱいいるようで、朝イチで行ったものの、すんごい人であった。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


しかしそれでも、清涼殿とか建礼門とか

古典世界LOVERの身には

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


それだけで涙が出てくる世界観。

むろん、平安時代の御所とは違うけど、

ああ、目の前に「なんて素敵にジャパネスク」の瑠璃姫が動いているようです。

冨田靖子さんが瑠璃姫をやったドラマ版をリアルタイムで観た私であった。

木村一八さんが高彬で、仲村トオルさんが鷹男の帝だったんだよなー。

小林聡美さんが瑠璃姫をやったというラジオ版を聞きのがしたのは一生の不覚であった。


と、遠い目をしつつてくてく歩いていると

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


んまぁ。お茶席。

お抹茶がご一客で、お500円でおございますね。

せっかくだしいただいてまいりましょう。

俵屋吉富 さんが、御所の敷地内に臨時のお茶席を開いてました。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うーむ。あんこだな、どれも。さすがに和菓子だし。

あんこニガテだけど、単品じゃなくて抹茶があれば大丈夫であろう。

えーと、この中から一つ選ぶのか。

どーれーにーしーよーおーかーなー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「都の錦」を選びました。

なんてわびさびなお名前。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


えーと、切り方…



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こんなんではイケないんだよな。きっと。

茶道習うかなー今さらだけど。

わびさびなお味でございました。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


それではお抹茶で

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ボー。

さて、さらに、すぺさるなことにこの日は

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「五節の舞」の特別披露があったんだけども

それを待っていると、他の予定が流れてしまうので、残念ながらそれはまたの機会に。

アイ・シャル・リターン…


一期一会編その4に続く。


★★★★お店情報★★★

俵屋吉富

京都市上京区室町通上立売上ル
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ