1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category愛知県

いちごの種類:まりひめ苺
いちごの産地:和歌山県



名古屋での日程をあれこれ終えて

54

ビルの隙間の青空を見上げながら、私は落ち込んでおりました。なぜなら…

デジカメ(の機能)が使いこなせない

今までは、携帯やスマホのカメラ機能でお気楽に撮ってきていました。何年か前、地元紙の記者さんに「美味しそうに撮るコツはなんですか」と聴かれた時も

「気合いです」

と、答えたような気がするけど、デジカメの機能は気合いだけではどーにもならんと気づきました。落ちこみつつも、名古屋を離れる前に趣味のいちごパフェ食べておこうと、タカノフルーツパーラーJR名古屋髙島屋店さんに行ってみました。

時は、苺フェア真っ最中。

22

パフェも何種類かありましたが、苺の品種と産地を追いかけているので、

18

この、まりひめ苺のパフェにしよう。たぶん、食べるのお初だし。

パフェが来るまでの間、デジカメの説明書もう一回読み直そう。しかし、なんでこんな横文字ばかりなんだろう。両手をパン!と叩くと「デジカメの妖精」が現れて、「こういう時はねー、こうするんだよー」と教えてくれないものか。

「お待たせしましたー」


DSC00359

たおやかな乙女のようなお姿。

でもって、露出補正が…。わー、色がおかしくなっていく。


DSC00358

花冠のような鳥瞰図。

DSC00355

気品あふれるうなじ。

DSC00352

ああっ。色が、色がうまく出ないっ。

テーブルに突っ伏して泣きそうな私に

DSC00362

「努力するのだ」

と、叱咤激励しているような、一瞬金魚に見えたまりひめ様。

DSC00363


はい、がんばります…。(あ、明度がなんかおかしい)。

まりひめ苺は、とっても瑞々しく。当時の一言メモには「最後に まるっ と味が変わる」とありました。

お武家の姫のような、清廉な味でございました。

DSC00356

いちばん下の層にはいちごソースがあって、その上には、さわやかな(かんきつ風味的な)透明ゼリー。

もしも自分がいちごソースだったら、見上げればこの透明ゼリー。冬の川を覆う氷のような透明ゼリー。

♪春になれば~ 氷こも解けて~
  どじょっこだの ふなっこだの 夜が明けたと思うべな~♪

と脳裏にBGMが流れ、なんとなく、どじょうになった気分の私でした。

ちなみに買ったのは一眼レフではなく、フツーのコンパクトデジタルカメラです。

★★★★お店情報★★★★

タカノフルーツパーラーJR名古屋髙島屋店
愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番4号

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

いちごの種類:とちおとめ
いちごの産地:愛知県



せっかく名古屋に来たので名鉄に乗り、国宝・犬山城があるという

DSC00339

犬山駅に来ました。モダンな駅舎だ。てっきりお城の形をしているのかと。

で、お城にてくてくお散歩していく途中にですね

DSC00340

芳川屋さんというフルーツショップがありましてですね

05

カフェが併設されてましてですね

15

てことは、いちごパフェがあるのかと思いまして。特段メニューとしては書いてないのですが、大丈夫とのことでした。

DSC00341

400円のとちおとめパフェ。

DSC00342

きらきらした鳥瞰図。

DSC00343

わん丸くんな地層。

DSC00344

清楚な背中。

DSC00345

それでは

DSC00347

いただきまーす。

ああ、甘酸っぱくみずみずしい。でもってリーズナボ。とちおとめワンダホー。

アイスも見た感じ通り清楚においしく、活発な姫(とちおとめ)と清楚な姫の、仲良いコンビネーションでした。

わん丸くんは、薄いどら焼き生地のようでした。いちごとアイスを包んで食べてみました。ああ、幸せ。

DSC00348

さて、せっかくなので、桜並木を抜けて

30

国宝・犬山城を眺めて帰りましょうか。(中に入ると入場料が…)

★★★★お店情報★★★★

芳川屋
愛知県犬山市犬山東古券195-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

苺の種類:レッドパール

産地:三重県 or 岐阜県



こういう理由 で、4月は最初から最後まで「いちごパフェ祭り」です。

香川県からは文字通り「いちごパフェ流れ旅」をしております。

香川岡山 (1泊) ~兵庫大阪 ~京都 (1泊)にまいりました。



全然観光しなくてお名残惜しいですが、

京都を出まして



普通電車に揺られて関ヶ原を過ぎ(歴女の某友人が喜びそうな看板だ)




名古屋に到着しましたー。

一連の「流れ旅」では、ここが最終地です。

名古屋には、かき氷で(も)あまりにも有名な弘法屋 さんがありまして

フルーツパフェも有名なので

一度来てみたかったのですが、今回夢が叶った次第です。

名古屋っつっても、池下駅までは地下鉄なので、ちょっと距離はありますが


無事につきましたー。


パフェ等のデザートが食べられるのは14時からなので

時間調整してから来ました。

…それでは…


季節のパフェ(いちご)千円ジャストくださいませ。






こちらー。



まぁ、なんてでっかい苺なのでしょう。

御店主にお話伺いましたら

「レッドパール」という品種で




こちらの苺にすっかりほれ込み

お店のいちごパフェの品種は、ずっとレッドパールなんだそうです。

で、産地が三重or岐阜なのは、当時のメモには「岐阜県」と書いてあったのですが

今この写真見たら三重県になっていたからです。

品種は同じでも、産地はいろいろなのかもしれませぬ。




麗しの鳥瞰図。




ときめきの断層。

もちろんコーンフレークの姿無し。




それでは、入刀位置を考慮しつつ


いただきまーす。

清楚な味ですね!

我が最愛の姫様(とちひめ)を連想する味です。

むぎゅっとした食感が印象的。




アイスやプリンやいちごシャーベットも盛りだくさん。


「パフェ」を楽しませていただきました。

ちなみに底はヨーグルトでした。


ご馳走様でございます。


ここからは、イッキに栃木に帰ります。



新幹線の車内で、珈琲で温まりつつ

こういう「ワンテーマ流れ旅」も、なかなか楽しいものかな~と

ボーっとする私でした。


「流れ旅」としては、この名古屋が最後だったのですが

いちごパフェを求める旅はまだまだ続きます。


次の県へと続く。


★★★お店情報★★★

弘法屋 池下店

愛知県名古屋市千種区覚王山通8-70-1 名鉄パレサンクレア池下店 1F

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


↑このページのトップへ