1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category食べ物&農業関係のイベント

イベント情報に大変うとく、終わってから存在を知り「行けばよかったー」と枕を涙で濡らすことが多かった私です。
しかし、スマホに県内情報関係の某アプリを入れたら、プッシュ通知で事前に色々イベント情報が流れてくるようになりました。

ありがたやー。

さっそく

DSC01742

下野市の天平の丘公園で行われた「森乃野掛」に行ってみました。
森のピクニック的に楽しむイベントだそうですが、この日は非常に暑かった
ううっ。放射熱が。
アイスコーヒー…アイスコーヒーが飲みたい…。

DSC01711

蜃気楼のように見えてきたこの看板。



DSC01713

アイスコーヒーの文字が。
幻でないならば…これください。

DSC01715

Rishi coffeeさんだそうで。

DSC01716

すっきりサッパリ、おいしー。
当時の一言メモには

春:夏=3:7

とありました。
季節が七三分け状態。
春に飲みたい濃厚系も感じるけど、夏に飲みたいさっぱり系が強いアイスコーヒーだわー。
という感想だったのでしょう

生き返ったので、アイスコーヒーと共にピクニック気分を味わおう。

DSC01721

この公園は何か記憶がある。
と思ったら一年前に来ていた

DSC01722

蓮池の前でコーヒーでボーっとしたことは無かったな。
祝、初シチュエーション。

DSC01723

出店ブースが風景に溶け込む感がいいですねー。
しかし、もう帰らねば。
お土産買って帰るかな。

DSC01743

生チョコより濃厚。
テリーヌショコラ。

テリーヌ物語ってあったよなー

と思ったらペリーヌ物語だった。

DSC01745

「つめたいチョコレート」の文字にも惹かれたけど、「やってるだ」の方にはるかに惹かれてしまった。

DSC01746

茨城県土浦市ののんびりくらしさんでした。
せっかくだし、一個ください。

「すぐお食べくださいねー。この気温なので」

あら、お土産には無理か。
じゃあ、今食べてしまおう。

DSC01747

一瞬、カステラかと思ったのですが

DSC01748

テリーヌ・ショコラ・ノワール…。

キャンディ・キャンディの登場人物のような。

DSC01750

いただきまーす。

DSC01751

当時のメモには

板チョコレートほど固体ではなく
生チョコよりは固体

とありました。
冷涼な甘さで、夏山登山の頂上で食べたい。
そんな、リゾート気分のひと時でございました。

★★★★お店情報その1★★★★
出店日 上記リンクをご参照ください


★★★★お店情報その2★★★★
のんびりくらし
茨城県土浦市上坂田1486-24 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください





 

まだまだ引き続き、栃木市で5/19に行われたイベントTochigi Coffee Town – Take Root –」から。
最後は、まだイベントでも出会ったことのなかった

DSC01640

湯澤珈琲さん。

 DSC01638

ハンドドリップのホットコーヒーと水出しアイスコーヒーがあるならば、後者~なのですが、私の前のお客さんがハンドドリップをオーダーし、淹れるその手元からオーラを放っているような感があったので

DSC01641

私もオーダー。
なんかかんだ言いつつ、結局ホットコーヒーばかり飲んでいたような。

合わせる「珈琲のお友」は

DSC01635

la panxaさんのパンで。
大行列で買えないだろうなーと思ったのですが、ホンの一瞬切れ間があり

DSC01634

その瞬間に飛び込みました。

この感覚は…小学校の時の、長縄跳び大会を思い出す…。
(飛び込んでいき、そして引っかかる)。

DSC01633

レモンクロワッサン280円とかいいな。
これください。
考えてみれば、農作業にいそしむ夫を置いてきた気がする。
心苦しいのでお土産買おう。パンオレザンください。
明日の朝はパンが食べたいな。
フレンチトーストください。
そういえば、サンドイッチが作りたい。
食パンください。
結構な量になってしまった。

DSC01644

今はレモンクロワッサン。

DSC01646

ふわぱりっとした食感に、レモンの酸味が爽やかで

DSC01643

爽やかな酸味を感じるコーヒーと、酸×酸コンビ。
相乗効果で、味覚は新たな次元へー。

で、ラ・パンチャさんのパンをお土産に買って帰って、そのままテーブルの上に置いておいたら、夫が「なんだー、このパンは。オーラを放っている」と言いながら食べ、いたく気に入り

「また栃木市へ行ったら買ってきてー」

ぜひぜひ。
翌朝は

DSC01662

フレンチトーストに

DSC01663

カフェテラさんのハムを乗っけて食べてみました。

パンの甘さとしょっぱさが合うなー。


やっぱり、また栃木市に行ってこよ。

★★★★お店情報その1★★★★
栃木県栃木市西方町真名子2040-13
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★お店情報その2★★★★
la panxa
栃木市川原田町1348 
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事









続きを読む

引き続き、栃木市で5/19に行われたイベントTochigi Coffee Town – Take Root –」から。
実際の時系列で行くと、こちらがラストになるのですが、会場内をテクテク歩いていたら

DSC01648

あんバタフランス150円の文字が!
目下、あんバター遍路の真っ最中。

DSC01647

栃木市のパン屋さんベーカリーFujiさんでた。
まだお店にお邪魔したことなかった。
これもご縁。あんバタフランス一個ください。

個人的趣味では、口の中でバターが溶けていくのが楽しいので、アイスコーヒーよりもホットコーヒーのがいいかなー。
でも暑いなー。

どちらにしよ。
いずれにせよ、目指すコーヒーのお店は

 DSC01651

WANI Coffeeさん。
なかなか遭遇することがなかったお店。
チャンスは生かさねば。

DSC01649

ホットのフレンチプレスコーヒーかアイスのコールドブリューコーヒー。

しかし、日差しサンサンが私を襲っている。
いっそのことジュースにしちゃおっかなー。

「フレンチプレスコーヒーは、置いておくと味がさらに馴染みますよ。冷めても楽しめます」

一粒で二度美味しいわけですね。
ではそれで。

DSC01653

では、あんバタフランスからいきましょうか。

DSC01659

あんこの甘みとー。

DSC01661

バターの塩味の引き綱がたまらない。
ぱふぱふ&しっとりとした食感のフランスパンも良いハーモニー。

で、そこで

DSC01655

ホットコーヒーを飲むと、バターがはらはらと溶けていく快感。

コーヒーは酸味を強く感じる大人味でしたが、あんバタフランスの「童心」味と遭遇すると、大人ワールドと子どもワールドの未知との遭遇感があって、ナイスコンビでした。

残りのコーヒーは帰りの車の中で、ちびちびと楽しみました。

★★★★お店情報その1★★★★
営業日&場所 上記リンクをご参照ください

★★★★お店情報その2★★★★
栃木市河合町9-29
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください






↑このページのトップへ