1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category食べ物&農業関係のイベント


なんということでしょう。
今年は「とちひめ」運が私にはよろしくないらしく、あちこちでパック売りを買っても、「姫様、いかがされました」と言いたくなるようなシチュエーション。

今まで鉄板だった場所で買っても同じ。
どこで買えばいいのでありましょー。

そんなある時(と言っても2/17)
「いちご市」宣言している/鹿沼市で

スクリーンショット 2019-02-19 16.04.11

いちごイベント「いちごのもり」があるので、行くことにしました。
プレイベントの「つちぎつぎストロベリーウィーク」にも行って、「いちご七種類食べ比べ」をしたかったんですが、ああ、なんということでしょう、いわゆる用事があって行けなかった~♪

先日、いちご五種食べ比べしたから、それで今シーズンは満足しよう。
今の課題は「パック売り姫様」であります。
去年、同じイベントで買ったら「麗しの姫様」だったので、今年も期待をつなぎ

 DSC08560

行ってみました。
さすが「いちご市」宣言のいちごイベント。

DSC08524

あちこち、いちごだらけ。

DSC08522

いちごではないと思っても、いちごがあった。

DSC08525

お雛様までいちごだ。

しかし、今回の狙いは「姫様」。
買える出店ブースは「出会いの森」。去年は、1パック650円というお安さでした。
1パック買うつもりで「これください」と指さしたら、1箱(4パック入り)出てきたという記憶はまだ鮮明なので、今年は学習しよう。
1パックください。
と言おうとしたら、なんということでしょう。

DSC08531

1700円の「箱」一種類のみ。

うーむ。

しかし悩んでいるヒマはなかった。
なぜなら、一番乗りしたブースは、振りかえれば既に長蛇の列。
みんな、(たぶん)ひめさま狙い…。

これください。

DSC08561

お値段と量からして、これが私の今年の「姫様おさめ」。

DSC08562

お布団(緩衝材)に包まれ、眠れる姫様方は

DSC08563

非常に麗しかった。

DSC08567

そして瑞々しく、今年の私の「パック売りひめさま運」の悪さを考えると、運が修正されたかなーと思える感じの美味しさでした。

夫「いちご五種食べ比べの時の『とちおとめ』が凄すぎて、俺の今年のいちごの記憶は全部アレが持っていった」

そうか、今年の私は『とちおとめ運』が強すぎて、ほかのいちご運を食ってしまったのか!

★★★★イベント情報★★★★
いちごのもり
会場 鹿沼市花木センター
★★★★訪問記録★★★★
二回目 この記事


1月15日は、あちらこちらで「いちごイベント」がありました。
夫は「銀座の資生堂パーラーのいちごパフェフェア行ってきたら~」と言ってくれたのですが、交通費の往復四千円を考えると、限られた予算ので中では「いちご本体」に配分を厚くした方が良いと思い、交通費ゼロの栃木県庁に行きました。
なぜならー

DSC07482

「いちご王国。栃木」マルシェがあったのです。
私の狙いは一つ。
とちひめ
夫はまだ「とちひめ」を食べたことがないのというので、姫様デビュー。
それともう一つ(二つか)。
新品種の白いいちご

銀座には行けなかったけど、この二つにすべてを賭けるー!

DSC07483

しかし、どのブースだろう。
とちぎ観光いちご園連絡協議会だな。たぶん。

DSC07479

姫様あったー!
1700円か…。

DSC07481

こちらが1300円…。
こちらでいいか。贈答用じゃないし。自家消費用だし。

DSC07478

新品種の白いいちごもあったー!
400円。
合計1700円。
贈答用姫様の値段と同額。よし、この組み合わせにしよう。

DSC07480

この「とちおとめ」、でっかいなー。
1粒100円…。
スカイベリーのお値段もなかなか。

いろいろ心惹かれるけど、姫様&白いちごでお会計を…。

DSC07476

むっ!?

これは…

DSC07477

とちおとめ、なつおとめ、スカイベリー、とちひめ、白いちごが入った「栃木スペシャル」700円とな。
夫の分と私の分、二つ買っても1400円。
姫様は、また後日どこかで大量購入できても(ていうか、絶対する)、この栃木スペシャルに出会えるのは、たぶんこの機会を除けばもう無い(気がする)。

DSC07485

というワケで、トマトマンの夫、いちご食べ比べセットを買ってきました。
一緒に食べましょう。

夫「糖度計使う?」

よくお分かりで。

DSC07490

夫「ところで、どれがどれだか分かるの?」

上の段の真ん中が白いいちご。

夫「そりゃそうだろう」

右下の真っ赤なのが、姫様。

夫「その左隣がスカイベリーでしょ」

なんで分かるの。

夫「しゅっとした形状だし」

えーと、メモして来たんだ。
上の段左から、とちおとめ、白いちご、なつおとめ。
下の段左からスカイベリー、とちひめ。

otome

じゃあ、まずは王道の「とちおとめ」から行きましょうか。

夫「糖度計で計るには、果頂部を切り取って、そこを…」

へ~(もぐもぐ)。

夫「なんで先に食べ終わってるんだよ!? 二パック計って平均値出した方がいいのに」

なるほどー。
というわけで、あくまでも夫のパックだけの数値です。

夫「糖度14」

このとちおとめ、メチャ美味しいんですけど。贈答用かな。

夫「濃厚だね。口に残る感じ」


siro

白いちご(名前はまだない。そうな)。

夫「糖度13」

さっぱり系ですね。

夫「白いから、赤との組み合わせで映えるんだろうね。これ、果汁少ない」

スイーツ向けなんですかね。
最近、紅白イチゴのパフェとか見かけますし。

natsu

なつおとめ。

夫「糖度14」

かぽっとした食感。


skay

スカイベリー。

夫「糖度16」

高いねー!
でも、さっぱりして、スッと消えて行く感じ。



hime

とちひめ。
姫様ですよ、姫様。これがウワサの姫様。

夫「糖度12」

そんな低いの!?

夫「だから、俺のパックの場合」

口に含んだ瞬間、あふれ出るいちご果汁。
まるで「いちご蛇口」のようなこのジュースィー加減。
これぞ姫様。

夫「確かに果汁多いね。切った中で、いちばん水分多かった」

さて、夫。
どれがいちばん心に残りましたか。

夫「この中だったら、とちおとめ。インパクト強すぎた」

実は私もそうでした…。
こんな濃厚な乙女ちゃん、初めて食べました。
食べる順番を、白→なつおとめ→スカイベリー→姫様→とちおとめにすればよかったのかな。

夫「それは、食べた後だからそう思うんだよ」

2月頭になったら、あちこちの「とちひめ」買ってくるので、姫様食べ比べパーリ―をしましょう。

夫「どんだけ好きなんだよ」













ある日のこと。と言っても昨晩なんですが。
閉店間近に、(お惣菜半額目当てで)宇都宮駅ビルパセオに行きましたら、なんということでしょう

2018-11-13 19.21.55

トチギを召し上がれのイベントポスターが。
16.17日って…もう明日ではないか。
出店のお店に…コッペパン専門店 COPPERIさん発見。
行きたいけどまだ行けてないお店リストの筆頭クラスではありませぬか。

召し上がります!

さっそく翌日

2018-11-16 12.13.42

駅に行ってみました。お昼ご飯、お昼ご飯。
既に完売してたらどうしよう。

2018-11-16 12.10.52

いっぱいあったー。

2018-11-16 12.10.59

やはり種類は限られているか。

コッペパンであるからには、ピーナッツ(ただしつぶつぶ派)、あんマーガリンがよかろうか。

DSC06525

…なのにツナポテとキーマたまごにしてしまったのは、やはりお昼時だったので、オカズを求めていたのだと思います、はい。


DSC06527

まずは、キーマたまごから。

DSC06528

持った感触は、ふあふあというより、むしろ「しっとり&ずっしり」。

DSC06529

中の様子を拝見。
非破壊検査…と思ったものの、具とパンがみっちり結着していた。
パンが破れそうになったので、ここまで。
あとはいただきまーす。

なるほど、キーマカレーと卵が合体した味だ。

コッペパンは、密度高し。
2個は無理かなぁ。
無理せず、明日の朝食に回そう。

DSC06532

と言いつつ、ツナポテもいただきます。

DSC06533

パンそのものの種類は同じなのかな。

DSC06535

こちらも結着度高し。

なので、いただきまーす。

なるほど、ポテサラとツナが合体した味だ。

そして、明日の朝ごはん分は、やはり消えていました。

★★★★お店情報★★★★
コッペパン専門店 COPPERI
小山市神山2-12-2大地住建神山ビル1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ