1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category長崎県

私も、つくば在住でWEBデザイナーやってる大学時代の友人も

産業遺産萌えなので、軍艦島は一度行ってみたい場所でした。


しかし個人上陸はできないので、ツアーを利用するしかないのです。

(ツアー会社はいくつかあります)

昨今、日本のみならず、海外からのツアー参加者も多いそうです。

理由の一つに




007スカイフォールの舞台(のモデル)になったことがあげられるそうです。

へー。


友「007見たことある?」


009ならある。




で、もちろん船で行くわけなんですが

荒天だと欠航です。

最近、旅に関しての天気運が非常に悪く

ひたすら、てるてる坊主に祈っていたのですが

めでたく晴天の予報でした。


そしたら、開催前日にツアー会社から電話がありまして


「エンジントラブルで欠航になりました」


ぎゃあああ。


「ほかのツアー会社に空きがありますので、申し込んでみてください」


というワケで、当初予定ではない会社でのツアーになったのですが

これが…


非常に結果オーライでした。


なぜなら


ガイドさんが非常に上手でした。


友「あのガイドさんには、プロの魂を見たよ…」


…と、今でも当時を思い出し、友人と語り合っております。



軍艦島への航路にも、産業遺産がいっぱいありまして


ガイドさん「あれはジャイアントカンチバークレーンと言いまして

       1909年に日本に初めて設置された最新式電動クレーンで、現役です」


うおお。





「こちらは三菱造船所です」


海無し県民には萌える響き。造船。


友「だよねー」


茨城は海有り県じゃないか。


友「つくばは内陸だから、あんまり海有り県って感覚無いんだよね」


ガイドさん「軍艦島は、医療や教育、そして神社までありました。

       だけれども、ただ一つ、生活する上で必要な設備がありませんでした。

      それがなんだかわかりますか?


??


ガイドさん「火葬場です」


おおおお。


ガイドさん「葬儀までは軍艦島でできたのですが、火葬は

       中ノ島まで行かねばなりませんでした

        船は、高島に寄っていきます」


高島も無人島なのかなぁ。




どう見ても有人ですね。



しかもきっちり整備されてバスも走ってる。


島一周マラソン大会とか無いかな。

走りやすそうで楽しそう。


ガイドさん「こちらが石炭資料館です。

       入口に軍艦島の模型があります」



へー。

浮かぶ街みたい。


ガイドさん「軍艦島は、炭鉱のための街でした。

       資料館で、炭鉱の生活を見ていってくださいね」




まぁ、やっぱり三菱マークが。


友「ほら、地元の有名人」



え?



まぁ、懐かしい名前。




このパン焼き器で焼いたパン美味しそうだなぁ。


友「停電時にも使えていいよね」



ガイドさん「そろそろ船に戻りまーす」


はっ。いけないっ。結局意識が食べ物に行ってしまった。




さすが三菱、岩崎彌太郎像が…


友「似てる…けど思い出せない…」


え?


友「ほら、大河で岩崎彌太郎役やった」


ああ、最近歌舞伎役者に転向した。


友「そう、その人」


いやだああ、私も思い出せないっっ。


友「うあー、気持ち悪いっ」


えーとえーと、確かあれは~


と悩みながら船に揺られていますと…


友「あ。あれ軍艦島じゃない?」


え?




おおおっ。

あのシルエットは!


あ、香川照之だ。彌太郎役。


友「あーすっきりした」


続く。

テルマエ・ロマエで有名な放浪の漫画家・ヤマザキマリさんの

旅への憧れとなった原点は「兼高かおる世界の旅 」だそうです。


私の原点は小田空さんの「目のうろこ」 なのですが、

小田空さんは「少女漫画界の兼高かおる」と言われていたそうです。


旅好きを告白すると、「兼高かおるの世界の旅観てたんでしょー」と

言われるのですが、見たことないです。

なぜなら、放送時間は日曜の朝。

そんな時間に起きてるわけないんでした。


そんなワケで、私にとっての「兼高かおる」さんは

旅関係のすごい人らしい、という認識のみだったのですが

ある日、図書館に行ったら





兼高かおるさんの「わたくしが旅から学んだこと」という本があったのでした。

読んでみましたのですが、


>人生

>最初の3分の1は、あとで世の中で役に立つようなことを習う。

>次の3分の1は、世のため、人のために尽くす。

>残りの3分の1は、自分で好きなように使う。

>わたくしは人生をこのような三分割で考えています。

>このうちどれが欠けても、この世に送り込まれた理由、価値が無いと。


どあー。冒頭の文からズシンと来るわー。


>年を重ねてきた者だけが味わえる旅の醍醐味は、かつて訪問した所への再訪です。

>小説でも、10代で読んだのと、40代、60代で読むのとでは

>受ける印象や心への響き方が違います。

>若い頃はストーリーだけを追っていたのが、人生経験を積むことでもう少し

>深いところまで感じ取れたり、違う角度から物語を考えられたりする。

>それは旅でも同じです。


基本的に、一度行ったところは二度行かない主義だけど(京都除く)

確かに、久しぶりに行ったお伊勢参りは、前回と違うものを感じたよなー。

47都道府県めぐりも二巡目に入ったので、今後どうしようと思ってたけど

同じところに行くのもいいかもなー

12年前に九州初上陸したの長崎だったっけ。

あの旅、思い返してみれば非常に良かったなぁ。もう一回長崎行ってみようかなぁ。


「はい!わたしも行くー!九州行ったことない」




…と、「行く」コールが、つくば在住でWebデザイナーやってる

大学時代の友人からあがったので

長崎行きの飛行機をあくびしながら見つめるわたくしたち。

いやー、始発の飛行機はやっぱり眠いねぇ。一日は有効に使えるけど。


友「現地に着いたらどうやって移動すんの」


前回はバスだったけど、今回はレンタカー借りた。

最終日までずっと車。割り勘だからいいよね。あっはっは。



友「ガイドブックに、長崎市内の交通手段は、車は推奨しないって書いてあるよ」


え゛




友「長崎って、建物が坂の上で、寄り添うように立っているねぇ」



友「どうしたの、涙目になって」



車で来なければよかった…


友「だからガイドブックに書いてあったじゃん」


そうっ。長崎は坂の街。細い坂道が連続する。

そんなところに、旅人がレンタカーで来たら

悲惨なことになるのでした。


友「駐車場、そこだよー!ああ、また行き過ぎた」


目的となる駐車場に入れたのは、実に四度目のトライでした。


ひーひー言いながら着いたのは




フェリーチェ さん。

イートインスペースのあるパティスリーで

ランチもあると勘違いしてきたら、食事メニューは無いのでした。


友「次の予定考えると、ランチスポット探してる時間は無いね。

  私はケーキだけでも大丈夫だけど」


私も大丈夫です。(←坂道運転してたら自分で自分の運転に酔った)。




オヤツタイム兼ランチタイム。



250円のこれは、実は




アップルパイなのでした。


ケーキがあまり得意でない私が好きな、例外の2つ

・アップルパイ

・チーズケーキ

…のうちの一つ。

見た感じ甘いかなーと思ったけど、さっぱりした甘さで美味しいー。



友人のフルーツパイシュー(だったっけな)。


友「これも甘すぎなくて美味しいよ」


あ、そろそろ時間だね。

行こうか。


友「わーい。今回のメインイベント!」


港まで車で行き


船に乗りまして、向かいますのは…



軍艦島!

続く。

★★★お店情報★★★

フェリーチェ

長崎県長崎市弁天町13-14

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


↑このページのトップへ