1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category徳島県

徳島を電車と徒歩(時にはバス)でめぐる、「徳島お散歩旅」。


食べることしか考えてない私とは言え、

徳島に来たなら、やはり鳴門の渦潮観ないとねー。

日光に行かず結構と言うようなもんだ


カロリー消費もかねて



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


鳴門公園を徒歩で


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


すたすたと歩き抜けて行こうかと思ったのですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


これが意外に…アップダウンが激しく…

うう、太ももがっ。

最近山登りしてないからなあ。

しかも、暑いよぉぉぉ。

お水ー。水分が欲しい。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


途中休憩所を発見した時は、涙が出るかと思いました。

でも自販機が無い。

ああああ、水分がああ。

もうダメ。遠ざかる意識。


あっ。

そういえばっ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


さっき「あそこ食堂」さんでもらったミカン が2個あるではないか。

わーん、良かったー。水分とブドウ糖とクエン酸補給。

ミカン食べ食べ、しばし海を眺めながらボー。



ああ、やはり瀬戸内海は素晴らしい…。好きだわ、四国…


と、ここに丸の内外資系OLの友人がいたら

「こっちの方向は太平洋だよっ!」とツッコミを入れてくれるところなのですが

残念ながら今回は一人旅でした。

いちおー誘ったのですが「渦潮一回観たからいい」と断られました。


で、渦潮はどこで観られるんだ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あのあたりかな。


私、鳴門の渦潮って「地球のヘソ」みたいな巨大渦巻きが

24時間365日ぐるぐると同じ場所で渦巻いてるんかと思ってました。

そしたら、出現する場所や時間は日によるんだそうで(公式サイト に時間は出てます)。


なんかイメージと違った。

で、出現するまでに1時間くらいあるので、時間つぶさなきゃ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


大鳴門橋架橋記念館エディという建物がありました。

そこで待ってるか。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


観光ビデオ観てたんですが…


すごい


この、徳島県民の阿波踊りにかける情熱のスゴさ。

幼少のみぎりからステップを身体にたたき込むのか。

わー、小学生でも手先の動きが全然違うよ。バレリーナみたい。

こういうお祭りが無い宇都宮市民としては羨ましい限りです。


…と、うらやましがってたら時間になりました。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


さぁ、それでは渦を観に行きましょう。

この「渦の道」を行くんだそうな。

あ、ちなみにさっきの記念館とこの渦の道は両方有料で、私はセット券買いました。

880円くらいだったかな。(バラで買うと1100円)


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


それでは、道を行きまーす。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


海を観ても平和だなぁ。

ホントに渦が出現するんだろうか。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


足下がガラスになっている場所があって、そこからも観られ…


ジャンプ禁止。


なんか想像したら怖くなってしまった。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うーん…

あ?そろそろ、海がなんか…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おおっ。渦巻いてきた。

洗濯機みたい。


海のあちこちに巨大洗濯機が同時多発的に出現して

それが流れて行くようだ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おおっ。観光船が勇敢にも近づいていく。

船に乗ろうかなと思ったんですが数千円するので

私は空からの観察となりました。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おおっ。ドリフト!

船長さんの腕前スゴイ。

うーん、乗ってたら船酔いした気がする。

なぜなら私は船に弱い。

なんせ海無し県民だから。


あー堪能した。


さて、そろそろ戻りましょう。

駅まではバスで行って、鳴門線で徳島まで。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ホームのベンチに座って電車来るの待ってたら、

花壇が渦巻きだった。


渦巻きの町なんだ。


そういや、伊藤潤二の「うずまき」ってホラー漫画あったなぁ。

自分の身の回りのものが全部うずまきになっていく内容(だったような)。

ホラーなんだかコメディなんだかよく分かんなかったけど

あれ読んで以来、カタツムリ怖くなってしまった。

閑話休題。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


それでは、エコなトレインに乗って、トゥデイのホテルに向かいマース。

(怪しい外人さんテイスト)


続く。


徳島を電車と徒歩(時にはバス)でめぐる、「徳島お散歩旅」。


鳴門に来たからには、目指すは鳴門の渦潮なのですがー。

もう一つ目指すべき、「鳴門チック」なものが。

それはー


鳴門金時。

お芋!食べずにはいられないッ!

なぜなら私は芋スイーツ系LOVER。

鳴門駅前から渦潮へと向かうバスに乗り、ちょうど途中下車のバス停の

真ん前に


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県




ルネッサンスリゾートナルトという、その名もズバリの鳴門のリゾートホテルがあり、

その一階のカフェテラスカフェ オーゲ さんに



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


鳴門金時スイーツがいっぱいあるのでーす。

わーい。

ご当地パフェLOVERの私としては、やはり金時パフェに行くべきか。840円か。

しかし…


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


この鳴門金時タルトも私を呼ぶ。

300円かー。ケーキセットにすると860円。

せっかくだし、アイスコーヒー飲みたいしなー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


というワケで、鳴門金時タルトセットにいたしました。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


美人ルックス。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


それも清楚系。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ではいただきます。

おいしー。


イモイモしてると、粗野な感じがある場合があるけど(それが好きです)

こちらはとってもお上品なイモイモしさ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

それでは、アイスコーヒーで

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ボーっとしようとしたら、まぁ、氷が珈琲を凍らせたもの。

こういう気遣いって嬉しいよねー。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


では薄まる心配も無くボー(あ、ストローが)。

この風景、ムード、お味で860円はスゴイ。

都内のホテルとかだったらサービス料込みで2000円くらいするのではなかろうか。


わーん満足満足。


さて、途中下車ということは、途中乗車しなきゃならんのだけど


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


渦巻きまで3キロかー。

カロリー消費がてら歩いていこ。

なんせ「お散歩旅」だもんね。


続く。


★★★お店情報★★★

テラスカフェ オーゲ

徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛16-45

ルネッサンスリゾートナルト 1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




徳島を電車と徒歩(時にはバス)でめぐる、「徳島お散歩旅」の

初日の朝。(寝台車で来たので、厳密には1.5日であろうか)。


無事ー

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


徳島駅に着きました。

わーい、これで正式に四国全踏破。

やったねー。


しかし、私は重要なことに気づいていた。

お金を下ろしてくるのを忘れたんであった。

わーん、お財布の中小銭しかないよー。

小銭だけで喜ぶのはジェームズ君かパタリロだけだ。


私が異国の地でお金を下ろすのは、セブンイレブンに行くしかない。

なぜなら私のメインバンクが提携しているのがセブン銀行で

セブン銀行なら手数料かからないのだ。


んが。


県によっては、セブンイレブン無い県があるんだよなー。

徳島ってどうなんだっけ。

場合によっては非常にヤバし。


その時。

私の目に映ったのは…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


駅の真ん前のそごう。

そこの垂れ幕に「祝!セブンイレブン四国出店」

あ、そういえば最近ニュースで観たな。

四国にイッキにオープンしたとかで。

それでもって駅前に


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


セブンイレブンあった。

わーん、良かったよー。

お金を下ろして一息ついて、駅に戻って


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


鳴門線で向かいましたのは、鳴門。

そう、渦巻きの町。

駅を降りて気づいたけど


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


鳴門高校がセンバツに出るんだ。

そーいや、宇商と対決するんじゃなかったっけ。

すると、私の正体ばれたら、ご飯出してもらえなかったりして。


コソコソと隠れるように歩き、私が向かった先は、駅近くにある

どこだっけ。

ああ、あそこだ。

どこよ。

だからあそこだって。


…というギャグをやる人が絶対いるだろーなーと思われるお名前の



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あそこ食堂 」さん。


私が行こうと思ったのは、店名に惹かれたというのもありますが、

鳴門のご当地うどんである


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「鳴ちゅるうどん」なるものが食べられるんですと。

マイナー名物うどん、と、鳴門市観光協会自ら言ってる のが、けなげです。


んで、鳴ちゅるうどんとは何かというと、

「ちゅるっと」食べられるんですと。


ご当地うどんLOVERの私が食べないワケにはいかない。

そして、このお店の決め手の三点目。それは…


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このショーケースに並ぶおかず!

萌える。萌えるわー。たまりません。

えーと、どれにしよっかなー。

海有り県の海有り市だからー、やっぱり~


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


なぜか太巻き寿司を選んでしまった。

だって好きなんだもん。

わーん、ほのぼのと美味しい。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そして、やっぱりなぜか鶏レバー。

わーん、臭みなくて、家庭的なほのぼの味で美味しいー。


あ、で、鳴ちゅるううどんお願いします。

ついでにお願い、冷やしてください。

私はうどんは冷やしてなんぼの女。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


きたーん。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


では、ちゅるっといただきます。

ちゅる。


ヤワヤワした麺なのかと思いきや、意外にしっかり。

ヤワヤワ麺のお店もあるみたいなので、お店ごとにキャラがあるんですね。

そして、ちくわがうーまーいー

福井の何気なく入ってたかまぼこ もそうだけど、

海有り県は、こういう「何気ない海の物」が美味しー。


まんぞくまんぞく。

お値段は以上で800円でした。

安い。

近所にあったら週に3回は通う。


「おまけにあげるわー」


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ラブリーなミカンを二つもらえました。わーい。

(こうやって持つとちょっと微妙な形状だな)


この時の私は、このミカンが後になってとっても役立つことをまだ知らない。


続く。



★★★お店情報★★★

あそこ食堂

徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜327
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ