1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category登って食べよう山ごはん

昨年末のこと。

丸の内外資系OLの友人に電話。ぴぽぱぽ。とぅるるるー。


友「なにー」


友人、あなた山登りするよねー。


友「幼少のみぎりからあちこち登ってるよ」


私も山登り始めます。


友「なに寝言言ってんの。ナチュラルボーンインドア派のあんたが」


いえ、キッカケはですね、昨年末にハマった「たかぎなおこ」さんの作品の中の



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「マラソン一年生」に出てくるエピソードで、イラストレーターの

鈴木ともこさんと山登りをしたという話があって

たまたま本屋に行ったら

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


その「鈴木ともこ」さんのエッセイ漫画「山登りはじめました 1&2巻」があって

試しに立ち読みしたら、これがもー面白くて、両方買っちゃったんだよね。


友「で、なんで自分も山登りしようと思ったのさ」


いや、憧れの「槍ヶ岳」に登ったというエピソードが、すごく涙モノで

私も、なんというか、こう、人生の登頂を始めてみたいと思ったというか…


友「ウソつけ。あんたが食べモン以外で何かするワケがない」


バレたか。

実は、「山登りはじめました」に出てくる本で

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「山小屋ごはん」という本がありまして

これらの山小屋に出てくるご飯が、これがもー美味しそうでー。


友「やっぱりなあああああ」


というワケで、一緒に山登り(して山小屋にご飯たべに)いこー。


友「あんたが最後に山登りしたのいつよ」


えーと高校の遠足かな?


友「あたしに山連れて行って欲しいんなら、

  まずは古賀志山登ってきなさいよ。地元の有名な山なんだから


そうだね。有名だもんね。

ところで…


友「何よ」


古賀志山ってどこ。


あ、電話切られちゃった。

えーと、古賀志山はどこだ。教えて、Google先生。

あら、森林公園のところなのね。

なーんだ、ほとんど目の前ではないか。

でも今はまだ冬だしなー。春になってから始めよう(←この時点でダメ)

私は形から入る人間なんで、まずは山登りグッズから買うか。

というワケで、「鈴木ともこ」さんと同じく、「好日山荘」で買うかーと

お店を探したら、宇都宮にも支店 があってビックリした。

値段を見てぶっとび、細々と揃え、

机上登山学校にも通い(←他人様に迷惑かけないようにせねばと なにせ基本一人だから)
本も色々読み、時は「早春」の頃になりました。

よし、準備できた。行くぞー、古賀志山。

大きくわけて北コースと南コースがあって、初心者は南コースがいいらしい。

よし、南コースだ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お、ここだな。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


入り口への入り口を見上げて~

……

………

もうちょっと暖かくなってからにしよっかな。

よし、勇気ある撤退。


~一ヶ月経過~


時は四月。

今度こそ、ああ今度こそ今度こそ。

よし、気分を盛り上げねば。

今日来るときの車のBGMは「インディ・ジョーンズのテーマ」と「ロッキーのテーマ」。

やり直しの今回は、南コースじゃなくて


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ちょっとハードな北コースから行きますっ。

7:30アタック開始。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


よしっまずは徒歩10分の水場を目指すぞっ。

ところでそこの靴はなんなんだ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

と悩みつつも水場到着。

わーい、お水が美味しいなー。


この後の途中経過写真が無いのは、写真撮るどころではなかったからです。

それでもっ

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ふと振り返れば、地上の世界は遙か遠く。

ということは、もうすぐ

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

頂上ー!時間は9:45。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


やったー!着いたー!(と言いつつここは富士見峠の方かな)

丸の内外資系OLの友人に証拠写真メールせねば。


そして、登頂の際には、「山登りはじめました」を読んで

コレに憧れておりました

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


山頂ティータイムっ。

自分の食べたい!と思う「ご褒美お菓子」を持ってくるそうな。

鈴木ともこさんのセレクションは「槍ヶ岳でとんがりコーン」。

古賀志山だから、「きのこの山」」にしようかなと思ったのですが(いや、なんとなく)

私が県外の人にお土産に渡すのにいちばん頻度が高い

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


那須トラピスト修道院のガレット にしました。

以前は箱入りしか見たことなかったんだけど

最近は産直とかで、バラ売りを見かけるんですー。うれしー。


続く。


★★★山情報★★★

古賀志山

栃木県宇都宮市


★★★お店情報★★★

那須トラピスト修道院ガレット

栃木県那須郡那須町豊原乙3101
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください






前編に引き続き 、そのまんま口コミ調査隊の後編に突入します。

さて、二軒目は、フミィさんの記事で一目惚れした 、清流園 山小屋カフェさん。

さきほどの山帰来 さんから一本道なので、(宇都宮方面に戻る感じ)


1000円グルメの日々in宇都宮


この看板さえ見落とさなければ(逆方向から来ると見えないかも)

で、右折で入っていけば

1000円グルメの日々in宇都宮


さほど苦労せずに着きました。

着きましたーがー。


すごいロケーション。


私の中の「すごいロケーションナンバー1、フォレスト大芦 」さんと肩を並べるのでは…



1000円グルメの日々in宇都宮


中は、とっても素朴で可愛らしい。

1000円グルメの日々in宇都宮


見える風景もすんばらしい。

おお、山藤発見。

1000円グルメの日々in宇都宮


下を流れるのは黒川かな。

ああ、あの流れに乗って…(以下略)

1000円グルメの日々in宇都宮


えーと、メニュー。


グリーンカレー。


と言いたいところだけど、さっき天ぷら&蕎麦食べちゃったしなー

この風景ならアレしかないけど、有るかな。

アイスコーヒーありますかー。


ご主人「今、研究中なんです」


そすか。じゃ、ホットコーヒーで。

1000円グルメの日々in宇都宮 


まずはお水。

山の水ーっ

って感じで、まろやかで美味しいっ。

1000円グルメの日々in宇都宮


コーヒーと、おまけのクッキー。

1000円グルメの日々in宇都宮


やはりこれは…

と、コーヒーを持ってベランダに出て

1000円グルメの日々in宇都宮


コレだよねっ。

あああ、吹き渡る山風と、せせらぎの音と、

ウグイスの天然ホーホケキョが(鶯谷駅は人工のが流れてる)たまりませんわーっ。

節電の夏、避暑はここだ。

1000円グルメの日々in宇都宮


クッキーも素朴で美味しいっ。

後日、研究の成果のアイスコーヒーと、グリーンカレーを食べに来よう。


★★★お店情報★★★

清流園 山小屋カフェ

日光市南小来川2-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

※お店情報は訪問当時のものです
★★★訪問記録★★★
一回目 (この記事)
二回目

丸の内外資系OLの友人に連れられて、山形駅からバスで約40分。

着いた先は…


1000円グルメの日々in宇都宮

どこここ。

友「蔵王ですー!樹氷を見るのだー!」

私スカート姿。
最強クラスの厚さのタイツ履いているとはいえ。

友「一月の北欧もスカートで過ごした。私の身体はそうできていると豪語しただろうが 」

あひゃひゃひゃひゃ、

すれ違う人はみんなスキーの服装。
友人も、7年前(だっけな)に網走流氷観測ツアーに行った時と同じ格好をしている。
だけれども

1000円グルメの日々in宇都宮

まぁ、ロープウェイだし、大丈夫でしょ。

そんな風に思っていた時期が私にもありました。


1000円グルメの日々in宇都宮


いやー、スゴイね、これが樹氷か。

まぁ、キレイ、ガラス細工みたい。


と、喜んでいた。そんな時期もありました。


1000円グルメの日々in宇都宮


まさか、ロープウェイで行って乗り換えがあるなんて思わず

駅オタクとはいえ、樹氷高原駅の文字を見た瞬間に、体感温度ががくん、と下がり。


1000円グルメの日々in宇都宮

見える風景は、樹氷から「スノーモンスター」に変わり

1000円グルメの日々in宇都宮

それすらも吹雪で見えなくなり…
実は私の愛読書は、
ピッケルを持ったお巡りさん 」とか「山靴よ疾風れ」とか、山岳救助モノなのであった。
映画も「
運命を分けたザイル 」とか、「アライブ 」とか、そっち系の映画をよく観ていて…
う、走馬燈のように、それらの場面が脳裏を…

1000円グルメの日々in宇都宮

そして着いた地蔵山頂駅。

1000円グルメの日々in宇都宮

ただいまの温度マイナス11℃の表示を見た瞬間に
ああ、私の身体は、もうそういう風にできていない、と実感し、

1000円グルメの日々in宇都宮

外に出た瞬間、その風は、私の身体を防寒着なんて目に入らないかのように
稲妻のように貫いて
友人、行ってらっしゃーい(^∇^)

1000円グルメの日々in宇都宮

私は、こちらの

レストラン山頂 さんで、窓からの風景を眺めております。


1000円グルメの日々in宇都宮

スノーモンスターが屹立する風景。
この中を、一眼レフを抱えて飛び出していく友人の後ろ姿は、たくましかった。
私は根性無しなので

1000円グルメの日々in宇都宮

コーヒーで(さすがにアイスコーヒーは無理)

1000円グルメの日々in宇都宮


ボー。

友「ただいまー!いやー、こっちがスノーモンスターになるかと思ったよ」

友人、何飲む?

友「ココア」



1000円グルメの日々in宇都宮


その後、樹氷高原駅まで戻ったところ、どこぞのご婦人に

「肉眼で樹氷を観るべきよ!」と熱く語られ、結局外に行きました。

が、氷点下11度の後なので、なんか温帯気候にいる気持ち。


友「本当は、青空に輝く樹氷っての観たかったんですよ。ポストカード みたいの」


ご婦人「ホテルの人に訊いたんだけどね、ああいう青空って、12月から今までで

ホンの数日ですって」


そんなもんすか、やっぱり。


友「ところで…」


はい。


友「さっきのレストランの、担々麺美味しそうだったね」


アンタもそう思ったね(`・ω・´)


友「次回は担々麺食べようっと」


うん、そのときは私もスキーウェア着てくるよ。


続く。


★★★お店情報★★★

レストラン山頂

山形県山形市蔵王温泉229-3 蔵王ロープウェイ山頂駅構内
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください




↑このページのトップへ