1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category登って食べよう山ごはん

朝ごはんも食べたので、縦走の旅に行ってきます。
まずは40分くらいで着きます…

53-1

両崖山(251m)。こちらには一昨年登っているので、今回はここからさらに縦走に行きたい。できれば行道山(442m)まで。
しかし、問題は時間。
行道山まで行って帰ってくると往復6時間。
今、8時半だから下山が14時半。お昼を食べるのが15時になってしまうのは辛い。
かと言って、西に周って天狗山周遊コースだと3時間くらい。もうちょっと登りたい。カロリー消費的な意味で。
地図を観ながら考えて、

27

行道山途中の大岩毘沙門天まで行って帰ってくることにしました。
これだと、往復5時間コース。
ルートは「関東ふれあいの道」なので、それほどシビアなコースではないはず。
と、一時間半ほど歩きまして

08

大岩山(のチョイ手前だったらしい)に到着ー。
十重二十重の山々がすんばらしい。

40-1

大岩毘沙門天にもお参りしていきましょう。
745年に聖武天皇の勅命で行基菩薩が開いたという古刹。

さて、戻ろう。
しかし緩やかなアップダウンとはいえ、5時間は結構キツかった。
織姫神社まで戻って、歩数計見ましたら

44

おおっ。
なかなかいい数値。
単純計算で、1500キロカロリーくらいは消費しているはず。
思いきり食べよう。でも、もう14時。
だけど大丈夫。なぜなら

20

シチューの王様ビストロガレさんはランチタイム長いから。
正直に言いましょう、こちらのお店で思いきり食べるために、山登ってカロリー消費してきたようなもんです。
鎌倉から引っ越していらしたそうですが

33

鎌倉時代(1192…)から人気だという、王様のビーフシチューを食べるのだー。
予算オーバーなんのその。

38

リーズナボなランチセットもあるんですけどね。
なんせ頑張って五時間縦走したし。
ということで、お邪魔します、ビーフシチューセットください。

31

冷製スープ。
コーンスープですが、非常にまろやかなお味。

41

トマト星人としては、驚きのサラダ。トマトまるまる一個。

00

中心部までドレッシングが染み渡りおいしゅうございます。
そして、

28

お待ちしておりましたー。ビーフシチュー。

41

後顧の憂いなく食べる(決意)。
いただきますっ。
私の脳内ライブラリーにあるビーフシチューの味と違う。
甘みはなく、薬膳のような。ほろ苦いというか。

44

御飯と合いますね。和的な感じ。

40-1

お肉もスプーンでスッと切れる柔らかさ。

イイクニならぬ、イイニク食べよう 鎌倉幕府…

今は1192年じゃなくて1185年だと教えられていると知って驚きです。

★★★★お店情報★★★★
シチューの王様ビストロガレ
足利市鹿島町1111-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

朝からラーメンが食べられる「朝ラー」のお店は栃木県内にも増えましたが、朝そばのお店もあるのだそうです。

35

それが、織姫山荘 手打ちそば 伊とうさん。その名のとおり

49

織姫山の山頂にあります。やっほー。標高118mだけど。しかも車で登っちゃったけど。
心配だったのは臨時休業だったのですが(毎度、事前確認しない私)

59

営業していた。よかった。朝8時からだそうです。てなわけで、朝8時に来ました。
こちらのお蕎麦屋さんはカフェメニューもありまして

13

そば粉ガレットとかいいなー。カプチーノ飲んだりして。

と、思ったのですが、朝の時間帯は「朝そばセット」オンリーだそうです。
私はモーニングメニューを追いかけているので、ウェルカムです。

セット内容は
かけ蕎麦or盛りそば、自家焙煎珈琲で1000円ジャスト。

「お蕎麦が茹であがるまでの間、こちらをどうぞ」

20


朝がゆ~。
お出汁がおいしい。
二日酔いの朝に食べたら、喜びのあまり涙出てしまいそう。

37

お蕎麦がまいりました。
たんまりな量。

42

そして、太目(わたしか)。

44

薬味には柚子コショウも。

「とても辛いので、少しずつどうぞ」

はいっ(たぶん食べられない)。

21

それでは、ツユに

10

チョイとつけていただきます。

のど越しが良くて、太めだからがっしり感もあって、美味しゅうございます。

16

自家焙煎のコーヒーは、とってもまろやか~。

26

さて、こちらは始まりであって、目標ではないのです。
ここから、縦走の旅にでかけるのです。低山だけど。
スタートとなる織姫山の山頂は

55

縁結びで有名な、織姫神社です。
女子でいっぱいでした。

私はリュックを背負って旅立ちます。続く。

★★★★お店情報★★★★
織姫山荘 手打ちそば 伊とう
足利市巴町3890-17
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

大田原市の街中に行きたいお店ができた!
行ってみよ。

→行ったら臨時休業でした。

全てにおいてやる気がなくなってしまったのですが、大田原市まで来たからには、せめてどこかに寄って帰らねばガソリン代もったいない。

必死に脳内記憶を「大田原市」で検索。

あっ。そういえば前々から行きたいお店があった(1件ヒット)。

05

茶房城山さんに行ってみました。
この周辺、なんか記憶あるなーと思ったら、一年前にご近所の大雄寺さんで「修業体験」させていただいたんでした。作務(境内清掃)、坐禅、写経、読経、梵鐘の半日コース。
貴重な体験だったのに、集団で襲ってきた蚊との対決の方が記憶に残っているという。

で、こちらのお店に来たかった理由は


58

「おやき」があるんです。おやきラブ。
セットでも550円って安いと思う。これください。

「野沢菜、あんこ、切り干し大根、茄子から二つ選んでください」

切り干し大根と茄子。

03

ドリンクメニューもありますが、とりあえずそれだけで。

…と待っている間に、次々におやきテイクアウト(予約済)のお客さんが来て、私は驚愕してしまった。なぜなら、30個とか40個とか、半端ない量がテイクアウトされていくのです。

DSC07966

驚愕していたら来ました。

DSC07967

自家製がんも? カリカリして味が染み染みでおいしい。

DSC07969

お焼きのナス。
サイズ的には小さめかと思いますが、もっちもちで、具がみっちり。
密度が濃い。中性子星のよう。

DSC07971

切り干し大根もみっちり。
甘じょっぱい北関東的な味を食べていますと

日本に生まれて良かったわ~~~

と、思います。

DSC07974

ご当地味噌のお味噌汁も、しみじみとおいしい。
これで550円はわんだほです。

ご馳走様でした。
さて、せっかく大田原市まで来たし、もうチョイ。
数百メートル先の

32

黒羽城址公園に行ってみました。
一応、「山登り」カテゴリーということで(城山なだけに)。
登った先は

DSC07976

あら、能舞台かしら。

DSC07977

城址の名に相応しく、物見櫓(?)も。

DSC07979

絶景ー。

お城勤めの女中気分。
私はお毒見係になりたい。


★★★★お店情報★★★★

茶房城山

大田原市前田960-3

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ