1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category和歌山県

丸の内外資系OLの友人と征く和歌山・熊野古道の旅。

8時間の熊野古道遍路を経て

ついに


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


到着しましたー。

熊野本宮大社


友「よく頑張ったね!」


わーん、友人、連れてきてくれてありがとう。


友「ついて来てくれてありがとー!」


抱き合って泣く二人。


…という、「山登りはじめました」で読んだような情景になるかと思ったんですが。


友「ううう、チョコケーキ、お参り済んだらチョコケーキが食べたいっっ」


私フルーツパフェ食べたい。ガイドブックでお店探して。


友「だ~、めんどー。あんたの野性のカンで探知して」


やだよ、8時間も歩いて疲れてんのに。


友「あたしだって同じよっ!?」


そんなもんでした。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


しかし、鳥居をくぐった荘厳な空気の中では

そのような俗な言い争いは控え


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


大社からの階段を下り…

で、この階段がいちばん身体に「効く」感じでして…


あ、チョコケーキ食べないと、もうダメかも。


友「でしょーっ!?」


観光案内所で周辺マップをもらい、大社から近いという理由で



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


カフェボヌール さんにお邪魔したのでした。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ランチメニューに見入ってしまったけど、考えたらお昼はおにぎり三個食べたんだった。

それでは友人、せーの、


チョコケーキください!


「今日のデザートはシュークリームだけなんですー」


きゃああああああああああああ。


友「じゃ、シュークリームで」


そうだよね、似たようなもんだよね、もう。


切り替えの早い二人であった。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、冷静に見たらドリンクセットがあった。

二人ともドリンクセットで。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「あづい。さすがに私でもホットは無理だ。  アイスティーで」


私も…。


友「コーヒーじゃないんだ」


ヘロヘロに

疲れた時は

紅茶派に

(↑疲れているので、長文しゃべりたくないので 五七五になる)


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


きたー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁ、なんてデカく、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そしてきゃわえールックスのシュークリームなんでしょう。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


いただきまーす。

わーん、生クリームとカスタードの二層だ。

皮が固くてパフパフしてて、クリームしっとーりで

わー、コレ美味しいよぉぉ。

疲れ補正を差し引いても、メチャクチャうまいー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

アイスティをお願いしたらミルクティーで。

デフォはミルクティーなんだろうか。

デザートあるときはミルクティー好まないんだけど

わああ、このミルクティーも非常にウマイ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


幸せ気分でボー…


友「このお店、近所にあったら絶対通うよね」


うんうん。…ところで友人、今さら言うのもなんなんだけど


友「何よ」


山から見えた大鳥居 と、さっきくぐった鳥居は、違くありませんか。


友「え゛」


山から見えた鳥居は、田んぼの中にポツン、とあったようだったけど。


友「観光マップ…さっきもらった観光マップ…」


ヘロヘロの状態で地図を見たら、カフェから歩くこと10分ほどの場所に



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


大鳥居がありました。

本来は

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらの場所に大社があったのですが明治の水害で大社が流され、

現在の地に遷座されたのだそうです。


続く。


★★★神社情報★★★

熊野本宮大社

和歌山県田辺市本宮町本宮


★★★お店情報★★★

カフェボヌール
和歌山県田辺市本宮町本宮436-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


丸の内外資系OLの友人と征く和歌山・熊野古道の旅。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


歩いておりますのは、中辺路。

歩き始めてもう何時間になるのだろー…

なんかもう無我の境地になってきた。悟りを開けるのではなかろうか。

ご本尊はアイスコーヒーで。

なんでこんなどうでもいいこと考えてるんだ。(無我になってない)

あ、そういえば、私が山登りするきっかけになった「山登りはじめました」 に

山登りの途中、なぜか無関係な歌が頭を流れるって描いてあったな…

確か、作者の鈴木ともこさんは「おそまつ君音頭」だったっけ。


友「…あーかい あかーい~…赤い仮面のV3~」


友人、なぜに仮面ライダーV3の主題歌を…


~しゅらしゅしゅしゅ~


ちーちよー はーはよー いーもーおーとーよ~♪(←つられて歌っている)


友「あ!もうすぐ…」


えっ!もしやゴール!?


友「いや、当初歩く予定だった2時間コースに入る」


………


友「ほら、言ったじゃないの。そのコースには、カフェがいっぱいあるのよぉ」


がんばるわー!わたしーっ。


そして、目に入る光景も

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


人里になりました。


友「ほら、良かったねー!」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「あと四キロでゴールだってよ!」


四キロ!

もう感覚が麻痺してるんで距離感分からない。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そして、うーん、靴が、山靴が重い。

古賀志山で靴慣らししてきたとはいえ…


友「ほら、お茶屋だよー」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おお!

コーヒーがあるっ。

「カフェ」というよりも、このようなラブリーな「お茶屋」さんを何軒か見かけました。

でも、もうちょっと、もうちょっとゴールに近づいてからにするー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「あそこにしようか。温泉コーヒーだってさ。200円」


私は今、アイスコーヒーしか飲みたくない。

なんで熱いモノが飲めましょう。

というワケで



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


アイスコーヒー。

ああああああああ、美味しいっ。


友「あんた、飲む前に言ってんのね」


実際に飲んでも、心理的に非常に美味しいっ。

正直、ヘロヘロ状態でもう味わかんない。

っかー、生き返るっ。


友「わぁ、本当に温泉の味だぁ、この珈琲」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


なんで暑い時に熱いモノを…


友「一口だけ!味見してみなよ」


え゛ー、一口だけだよ。

あら、不思議ーっ。

疲れが吹っ飛んでいく感じ。


友「でしょー!? 熱い飲み物の方がこういう時いいのよ」


うんうん。


友「交換しないよー」



この後、帰る時まで友人は「あの温泉の味は忘れられない」とつぶやいてました。

が、私は温泉の味は全く分かりませんでした。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


でもいいのさ、私のアイデンティティはアイスコーヒーでボーっ。

ところで

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お茶屋さんの前は伏拝王子跡。

このような「~王子跡」がいっぱいありまして、私はてっきり古代の皇子様が

お寄りになった場所かと思ってたのですが


友「王子とは祠のことだそうです」


へー。


友「さて、行くぞー!ホントにあと少し」


ここで最後の場面転換。

しゅらしゅしゅしゅ~。


友「ほら、ごらんー!」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


何を。


友「ほら、中央の右あたり」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「右下!鳥居だよ!目的地、熊野大社の大鳥居!もう見えるよ」


おおおお!


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


8時間の道のりを経て

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ついに到着…。


続く。


★★★お店情報★★★

伏拝茶屋

和歌山県田辺市 伏拝王子の前

営業日 土日祝日のみらしい


丸の内外資系OLの友人と征く和歌山・熊野古道の旅。

現在は今回の旅のハイライト、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


熊野古道(の中辺路)を8時間かけて歩く真っ最中。

しかし、昨年の水害で熊野古道には通行禁止区間があり、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


迂回路を進む私と友人であった。

ううう、汗が。喉が渇く。

ところで友人、二年前に私を熊野古道に誘った時の言葉覚えてる?


友「全然」


場面転換の合い言葉は引き続き「しゅらしゅしゅしゅ~」


~しゅらしゅしゅしゅ~(二年前)~


友「ねぇ!熊野古道行こうよ!山道2時間歩くだけだから」


私、生粋のインドア派なのよね。


友「観光客多いから、道すがらカフェがいっぱいあるんだってよー!

  アイスコーヒーもあるんだって」


しょうがないな~。2時間だけだね!?


~しゅらしゅしゅしゅ~(現在)~


カフェなんかどこにも無いじゃん。


友「こんな山中にあるワケないでしょ。

カフェがあるのは、最初の予定だった2時間コース」


………(←割り切れない何か)


友「そんな割り切れない顔しないでよっ」


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「ほら、休憩所は要所要所にあるからっ。休んでいこ」


休憩所には何も売って無いじゃないか。


友「はい!」


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「(ドラえもん口調で)アルフォートぉ~」


私、チョコレートのスナック菓子って苦手なのよね。


友「何言ってんの!山登りの時はねぇ、こういうスナック菓子が効くのよ」


…(もぐもぐ)

あらー!ホントー!

五臓六腑に染みこんでいって、疲れがふっとぶ感じー。


友「でしょー?」


~しゅらしゅしゅしゅ~


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


張り切って歩いていると


友「わー、去年の水害の爪跡かなー」


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うわぁ。


ぎ~こぎ~こ。


? こだまでしょうか。


友「いいえ、誰でも。…って冗談言ってる場合じゃない。何の音?」


誰かでっかいブランコ漕いでんじゃないの?


友「やめてよぉ。こんな山奥でそんなシュールな」


ぎ~こぎ~こ。


友「あああ、あの木が一本だけ揺れてるんだよぉ。

  わぁ、メトロノームみたいに大きく揺れてる」


猛ダッシュで逃げる二人であった。


~しゅらしゅしゅしゅ~


友「わー!見てー!」



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「カニだー!カニだよぉ。なんでこんなところに」


そりゃ川が流れてりゃ、沢ガニの一匹や二匹や三匹いるでしょうよ。

ズワイガニでもいれば事件だけどさ。


友「何よ、その言い方はー!」


つまらんことで言い合いになるのは、お腹が空いている証拠であった。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


友「あそこが開けてる。お昼にしよ。 四時間歩いたし、ちょうどいいね」


わーい。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


リュックからお弁当を取り出すわたくし。

お宿で、千円で山歩き用のお弁当作ってもらったのでした。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


じゃーん。

わーい、いいねーいいねー。まんが日本昔ばなしみたい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わー、中も非常にジャパネスク。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


三個もおにぎり食べるなんて、高校時代のお弁当以来だよ。


友「あんた三個も食べてたの?」


だって片道10キロ自転車漕いで通学してたんだよっ!?


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おかずも、非常にジャパネスク。

もちろん美味しいんだけど…

さっきのアルフォートじゃないけど、

フツーの鶏唐と、厚焼き玉子が欲しかった。おにぎり一個少なくていいから。


友「山登りって、そういうの食べたくなるのよねー(もぐもぐ)」

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


しかしやはり、梅干しおにぎりは最強であった。


友「あんまり休んでると後半辛いから行くよー!」


よっしゃー。

続く。


★★★お店情報★★★

温泉民宿大村家

和歌山県田辺市本宮町川湯温泉1406-1


★★★場所情報★★★

熊野古道 中辺路 (小広王子~発心門王子)

和歌山県田辺市


↑このページのトップへ