1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category岩手県

宮古駅から三陸鉄道北リアス線に乗りましたが

この日の段階では、宮古からは小本まで、久慈から陸中野田までが通じていました。

今年の四月に陸中野田~田野畑が開通し、

田野畑~小本が開通、つまりは北リアス線が完全復活するのは、2014年4月の予定だそうです。

(南リアス線も完全開通は2014年4月予定らしい)

完全復旧には108億円かかるそうで、地元でもそれには賛否両論ある、と「さんてつ 」に描いてありましたが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


とっても健気で可愛らしい「さんてつ」には、是非とも復興してほしいな…

本にも書いてありましたが、やはり、バスではなく「鉄道」でないと

旅人は減ると思う。

私は体質的に「バスの揺れ」が苦手で、バスでしか行けないところは、まず行かないもんな…。


ディーゼル車である三陸鉄道の列車は、停電しても電気暖房が使えるので

震災時は、列車を災害対策本部にしたのだそうです。


私のこの日の行程は、宮古から小本に行って、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


そのまま小本から宮古に帰ってくることにいたしました。

(時間的にそこまでが限界)

着いた列車がそのまま宮古に引き返し、また、小本に一車両残っているので

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まるで車両同志が会話しているよう。


「どうだった?」


「さむかったけど 頑張って走ってきたー」


みたいな。

かわいーなーー。しみじみ。


しかし、さみー。

待合室に戻ろう。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わーい、ダルマストーブだ。

かわえー。

さて、何か買わねば。

えーとえーとえーと。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


結局、缶コーヒーを買ってしまった。

宮古に戻ってきたら

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


いわて地産地消自販機というのがあって

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「龍泉洞」の水のコーヒーというのがあったので、

それを買ってしまった。

私は缶コーヒー以外に芸が無いのか。


さて、三陸鉄道宮古駅ですが、前述の「さんてつ」に、旅客サービス部長さんのインタビューが

出てきます。

唐突に「あれは27年前の1983年、三陸鉄道発足時私は新入社員で、翌年四月の

開業初日を体験したんです…」という話が出てくるので

?と思ったのですが、その話には続きがあって、

開業初日の人の列、満員の車内、ホームに溢れる人々、それと同じ光景を

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


2011年3月20日の一番列車で、観たのだそうです。

そして満員の車両は田老につき、そこには、あの、曲がった腰でホームまで這い上がってきた

おばあちゃんがいて、「よく通してくれた」と泣いて喜んでくれたのだそうですよ。


2014年4月、北リアス線と南リアス線が完全復旧した時には

どれほどの嬉しい光景が見られるでしょうね。


宮古編続く。

このコミック「さんてつ 」を見かけましたのは、3月上旬、上野駅の本屋で

大学時代の友人(現在つくばでWebデザイナー)の友人と待ち合わせしていた時で


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


表紙のイラストを観ただけで、ダーっと目の幅涙が流れてしまい

そこにちょうど友人が来て、「うわああ、なんだよーっ」と驚かれてしまったという。

帰りの電車で読もうかと思ったのですが、

目の幅涙のほかにハナまで出てきそうになったので

家に帰ってから読むことにしました。


日本鉄道地図帳の中の三陸鉄道をベースにした実話だそうなのですが、

うーん、なんか記憶のある本だな。

と思ったら

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、自分で持ってたんだ。


漫画にした吉本浩二さんの後日談を読むと、内容が内容だけに(被災地を描かねばならない)

かなり悩んだそうなのですが、地図帳の編集長さんの話(三陸鉄道の)を聴いて

こんな時だからこそ、光のあるものを描こうと、決意されたんだそうです。

という、逡巡の跡がかいま見える作品になってまして、非常にわたしとしては好感でした。


今回の岩手の目的は二つ

・花巻温泉に行く(たかぎなおこさんの作品を読んだため)

・三陸鉄道に乗る


震災前は、「はやぶさ」で青森まで行って、

三陸鉄道全線に乗って南下しつつ、海の幸食べる計画を立てていたんだ…


今は鉄路が分断されてしまった…

でも、限られた区間でも動いているならば、乗って、わずかながらも支援したい。

それが鉄子にできること。


今回は、宮古から北リアス線に乗り、通じている小本まで行って、そのまま、宮古に

戻ってくるという計画でした。


チケットチケット。

漢な人たちは、一人で数百枚とか千枚とか購入しているそうですが

わたくしめは、ホントわずかで恐縮ですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


100円券22枚つづり2000円を購入。

ちなみに表紙は、イメージキャラの久慈ありすちゃん。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


100円が環境保全に寄付って、今はそれどころではないのでは、と思ったら

あら、これ2010年の発売なのねー。

残チケットは、あとでまた岩手に来た時に、今度は南リアス線で使うんだーと思ったら

あら、これ今年の3月末までなのねー

まあいいや。


えーと、どういう構成になってるんだ、このチケットつづり。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、こういうつづりになっているのね。


さて、昔から乗るのが夢だった三陸鉄道はとってもラブリーな車体で

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


栃木が誇る「烏山線」を彷彿とさせ

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うわー、中には自販機がー。

前述の「さんてつ」にあったエピソードですが、

揺れに直撃された北リアス線はもちろん止まってしまって

夜、消防団の方々が救出に来るまで、

車掌さんと乗客の皆さんは車内で待っていたのだそうです。

その中の鉄道マニアな人が、救出されて、降りる時にこの自販機でお茶を買って

「列車監視ご苦労様でした」と、車掌さんにプレゼントしたのだそうです。

「あの味は忘れられない」というお話には涙涙でした。


そんな粋なテツに私はなりたい。

鉄道マニアにも愛されているさんてつの現在の車内は


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


日本全国のテツな人々の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


応援メッセージでいっぱいでした。


三セクの三陸鉄道は、「地域のために走らせることが使命」ということで

地震から5日目には、久慈~陸中野田で一部運行を始め(運賃無料だったそうな)

3月20日は宮古~田老間で試験運転を始めたのですが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ここ、田老に停車していた時、15メートルぐらいの斜面を

腰の曲がったおばあさんが、這い上がってきて

宮古に乗せていってくれ、と泣きながらお願いしたのだそうです。

社員さんは乗せていってあげたかったけど、線路の安全が確認できない以上は

人は乗せられないという本社の指示で、泣く泣くお断りしたのだそうです。


続く。

盛岡駅前探検時間は1時間半ほどあったので

まぁ、時間的に余裕だなと思い


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わびさびな通りだという「材木町」を探索してみることにしました。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


へー、光原社。

賢治の「注文の多い料理店」を出版した場所だって。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おっ。鉄道専門店っ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おおっ。ビアパブっ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁこちらも光源社。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県
タルトタタン盛岡駅店 さんだって。


おおっ。ベッカライ!ドイツパン屋さんかな。

写真撮るの忘れましたが「シャーロック・ホームズ」というパン屋さんもありました。

と、きゃーきゃー観てたら、時間が無くなってしまった。

どあーっ。どこぞのカフェでお茶していこうと思ってたのにっ。

もう駅に戻らねばならぬー。

でもコーヒー飲みたいよー。

ケーキも食べたい。

あ、そういえば、盛岡駅構内に、ミルクレープの有名なお店の支店が入っていると

何かで読んだな。食べログだっけ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あったー。ここだ。

すんません、一個で恐縮ですが、ミルクレープくださいっ。

ついでに、そのまま食べるのでスプーン入れてくださいっ。


よしっ。ケーキキープっ。

コーヒーコーヒー。缶コーヒーしかないかっ。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、やたっ。我が最愛のドトール発見。

ホットのアメリカンテイクアウトお願いしまっす。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ふー、電車も間に合った。良かった。

ちなみに、乗った電車はJR「山田線」の「快速リアス」でございまして、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


なんと、お一人様用(というかお二人様用か)のボックス席があるのであった!

やったー、コレは嬉しい。

なぜなら、岩手に来るまで、ボックス席に一回も出会わなかったのである!

やっぱり、旅と言えばボックス席、ボックス席といえば旅だよねー。


車掌さんに進行方向訊いて(笑われた)

だって、進行方向に向かなきゃ車酔いするじゃないかっ。(という体質なのです)


ここから二時間のロング旅路。

よし、お茶タイムにするぞー。

先ほどのミルクレープの箱を、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


いざ、オープン。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おおお、ウマそー。しかもでっかいし。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


クレープの皮がもっちり&つぺつぺで、ヒジョーにオリジナリティでした。

それに、クリームの甘味とたっぷりフルーツの酸味がからんで、いやー、これいいわ。

日持ちするなら、ホールで買って帰りたい。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


満足した気持ちで雪山を眺めながらボーっと2時間してたら

到着しました。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


終点(ホントなら終点ではない)・JR宮古駅。

続く。


★★★お店情報★★★

タルトタタン盛岡駅店

岩手県盛岡市盛岡駅前通1-41 JR盛岡駅2F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ