1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category富山県

その2からの続きです


さて、私は9時17分氷見発の氷見線で帰らなければならなかった。

その次は、10時55分発になってしまうらしい。

その間にももちろん電車はあるけど、9時17分発でなければならなかったのであった。


しかしその前に、最後のあがき。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


もうちょっと館内見ていこ。

おお、白エビポテチ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ケーキ工房…

あ、ここでおやつと飲み物買っていこ。

合計300円以内だったかな。

そして、駅までの道を


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ひたすら歩くっ。

9時17分、9時17分。


なぜ9時17分かと言いますと。

ここ氷見市のお隣は高岡市で、高岡と言えば、尊敬する藤子不二雄さんの出身地。

さらに言えば、安孫子素雄さんが藤本弘さんのいる高岡市立定塚小学校に転校してきて

同じクラスになったのが、その後の二人の人生を変える出会いとなったそうです


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


…のあたりのお二人の人生ドラマについては、「まんが道」全巻持ってるし、

NHKの銀河テレビ小説(古っ)の「まんが道」も観てた。

…割りには、今回来るまで忘れていたのですがー

思い出したのは、前述の「たかぎなおこ」さんの氷見をめぐる旅の話 を読んだからなのでした。

とほほ。


そんなワケか、氷見市は


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


忍者ハットリ君に力を入れてまして、一日に数本…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


忍者ハットリ君電車 が走るのでしたー(というのを、たかぎなおこさんの本で知った)。

ハットリ君電車は本数が限られていて、事前にJR西日本北陸案内センターに電話確認が必要

とのことだったので、一週間くらい前に電話したのです。

さすがにいい歳こいた女が「わーい、ハットリ君電車の時間を教えてくださーい」と電話するのも

こっ恥ずかしいので


「あのー、息子がハットリ君電車に乗りたいって騒いでまして。時間教えていただけますか

騒いでるのは息子なんですけどもね


と電話したのですよ。

そしたら、前日まで確定しないんですって。


なもんで、前日、ホテルから


「あのー、娘がハットリ君(以下同文)」と電話しましたら

氷見発だと9時17分、10時55分…と教えていただいたのでした。

10時55分じゃちょっと遅いので9時17分を選ぶしかなかったのでございます。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わー、懐かしいなああ。

ハットリ君たちが描かれているのは外だけじゃなくて

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


中にもいるのでした。

おお、シンちゃんだ。


さらには、ハットリ君の音声ガイドも流れるのでした!


「本日は氷見線に乗っていただき、まことにかたじけのうござる。ニンニン…」

(みたいな)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


幸せ気分で、さっき買ったオヤツを取り出す私。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


氷見の地産地消はと麦茶140円と

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


豆大福120円。


「あんこ嫌いなんでは」とお思いのアナタ、確かにそうなんですが

なぜか豆大福は大好きなのでした(この辺りは我ながら分からん)

これが饅頭だと全く食べられません。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わーい、豆がいっぱいだ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


はと麦茶もウマいなー。

幸せ気分で、車窓を観ながらボー。


「まもなく、海越しに立山連峰が見えるでござる。天気が良ければ見えるでござるが、さて、今日は

 いかがでござるかな。ニンニン」


見えた、見えたよー、ハットリくーん。


と、感動のまま続く。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


余談ながら、藤子不二雄作品の中でいちばん好きなのは

藤子・F・不二雄さんのSF短編集でございます。

これは人類の教科書だーと思う。



★★★お店情報★★★

道の駅氷見「氷見フィッシャーマンズ海鮮館

富山県氷見市中央町7-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

その1からの続きです


さて、今回の目的は、「寒ブリの刺身」。

それをその場でイートイン。これだ。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

んが。

一パック2800円…。

事前に読んだブログだと、一人前くらいの切り身があったんだけどな。

すみません、切り身って無いんでしょうか。


「もうちょっと時間かかります。9時頃にならないと…」


なるほどー。

一本→ブロック→柵→最後に切り身

なのか。


「これでよろしければ、切りますけど」


さすがに1人で2800円は無理ですわー。

お財布的にも量的にも。

さらに、9時ではもう間に合わないの。

私は9:17発の氷見線に乗って帰らなければならない身。
さて、ここからは妥協点を模索せねば。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


氷見牛まんとか、氷見牛メンチカツも、通常なら選ぶんだけど

私は今、非常に魚モードであった。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ブリの胃袋(の煮付け)でもいいかなー。ブリはブリだし。

しかし、刺身モードだしなー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、お寿司だ。

ビビビ。

決め。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


600円の海老カニミックスにしました。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


美味しー。

しかし、何かこう、温かいものが食べたくなってしまった。

中を散策すると

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


揚げ物コーナー発見。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わー、マグロのねぎまカツだって。

これいいなー。

ん?


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ととぼち揚げ?

????


「すり身を揚げたものです」


へーーーーーーーーーー。

それにしよう。

なおかつ、富山と言えば白エビなので

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ととぼち揚げ&白エビ揚げのミックス(550円)にしました

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


とどぼち揚げも、しみじみーとウマかったけど


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


白エビの唐揚げ!

コレうまかった!

ううう、氷見まで来て良かったよー。

でも、もう行かなくちゃ。


私が食べてた休憩場所のスミに氷見うどんのお店がありまして

そちらに背中を向けるように座ってたのですが、

帰る時に振り返ったら

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あれ?営業中。

んで、

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


朝食メニュー「きときと定食」

・魚の味噌汁

・干物

・お刺身

・ご飯

・漬物


980円


うわーん、なんで振り返らなかったんだ、私のバカー

と泣き崩れつつ、続く。


★★★お店情報★★★

道の駅氷見「氷見フィッシャーマンズ海鮮館

富山県氷見市中央町7-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

さて、富山県といえば、氷見のブリ。

冬と言えば、寒ブリ。

しかも今は、シーズンまっただ中。


氷見で寒ブリを食べてみよう!

しかも、漁港で取りたてホヤホヤの。

値段的に無理だったら、拝むだけにしておこう!(←哀しい)


余談ながら、富山出身の室井滋さんのエッセイ本を読んで


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

はじめて、「キトキトの魚=ピチピチで元気のいい魚」と知ったワケでございます。

(それまで「キトキト」は「油っぽい」の意味で使っていた

 ちなみに、キトキトより油っぽいと「ギトギト」です)


キトキトの魚を拝むには、朝5時頃行けばいいのかなー。

朝5時半からやってる市場の食堂とかあるみたいだし。

と色々調べましたら、お店は早朝からやっていても、朝獲りの魚が出てくるのは

10時過ぎだそうな。


旅の中日で、あちこち駆け回る予定なので、朝ご飯が10時じゃ遅いしなー…

うーん。

と考えていたら、道の駅氷見「氷見フィッシャーマンズ海鮮館 」は朝8時開店で、

買ったお刺身をその場でイートインできるらしい。

よっしゃー、コレだ。


道の駅が漁港近くにあるというのも素晴らしいけど

駅から歩いて行けるというのも素晴らしい(たいてい、車じゃなきゃ無理なロケーションなんだよな)

朝6時過ぎに富山駅を出て、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


暴風雪な予報が出ていた割りには、日の出を車窓から拝みつつ

高岡駅で、氷見線に乗り換えて


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


氷見駅に到着ー。

冬な名前の駅名ですね。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


氷見駅を出て、テクテク歩くこと20分くらい

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


道の駅氷見「氷見フィッシャーマンズ海鮮館 」に到着ー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


漁港が一望でき、ゆるキャラ(なのかな)もいて、日の出も拝め

なんというワンダホなスポット。

夏場は、このあたりクルージングもできるそうですよ。


ゾンビにご注意?

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


あ、トンビか。あー、ビックリした。

さて、現在時刻は7:45なのですが、まだ売り場へのシャッターは開いてないのでした。

でも、休憩場所へは入れるので


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お魚の勉強をしつつ

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


200円のホットコーヒーで

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ボー。


まだかなー

まだかなー

まだかなー


ぎぐげごごごごごごご(←シャッターが開く音)


キターっ。

ピンポンダッシュー。

私が最初に行ってしまったのは

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


大釜で茹でられるカニさんのところであった。

右前方に見えますのが、先ほどまで私が休んでいた休憩スポットでございます。

来し方、行く末を考えつつも

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


カニを見るっ。

おおっ。紅ズワイガニが2500円。

でも、さすがに1人でこの場でバリバリ食べられないしなー

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


おおっ、コレがウワサの氷見の寒ブリっ。

見た目からして涼しそうな。

お値段…38,600円。

なるほど、拝んでおこう。

(今年は豊漁で、値崩れ気味だそうです)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わー、スズキだー。

切り身で見たことしかなかったけど、こういうボデーなのかー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


氷見のワタリガニだー。

うう、コレでカニのトマトクリームパスタが作りたいっ。

その左にあるブリのカマでブリ大根が作りたいっ。

いずれも、旅人の身では無理な話だけども…(と言い訳タイム)


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

わー、このあたり、「海有り県ですっ」って感じの詰め合わせだなー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


わー、サバだ。

サバの顔初めて観た気がする。

気のいいヤツみたいな顔してるなー

口に葉っぱくわえて、学ランが似合いそうな。

例えが古すぎると思いつつ、続く。


★★★お店情報★★★

道の駅氷見「氷見フィッシャーマンズ海鮮館
富山県氷見市中央町7-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ