1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category滋賀県

前編からの続き です。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このままずっと見つめ合っていたいけど、ラーメン伸びちゃう。

(アイスは溶けてしまう)

早く食べねば。ああジレンマ。


さて、スガキヤといえば、アイデンティティーの

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このフォーク兼スプーン。

いっやー、懐かしいなー。

給食の先割れスプーンよりもこっちの方が私は懐かしいぞ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ではいただきます。

ずずず。

……

………(←「巨人の星」の目の幅涙状態)


うわーん、なつかしいい、この味、この味だよぉ。

なんかというか「可愛い」味。


実は、宇都宮の個人のラーメン店で(人気店)、スガキヤに味が似ているお店があって

よく通ってるんだけど、通う理由を書くと怒られそうなので、

記事にはしていないのであった。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


一方で、麺の記憶って無いんだよね。

いただきます。ずずず。

柔らかい細麺。

うん。こんな感じだったかな。


そして、この青ネギ!

小さい頃、ネギ大嫌いで食べられなかったんだけど、

スガキヤは名古屋だからか青ネギで、このネギだけは食べられたんだ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県



滅多に食べられなかったからか、お肉の記憶も無い。

もっと、薄いペラペラ肉というか、カップラーメンの謎肉とは言わないけど、

もちょっと、ジャンキーだった気がする。


そして、多分、幼少のみぎりはセットにはしなかったからであろうか

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


かやくご飯の記憶は全くもって無い。

デビューかな。

いただきまーす。ぱくぱく。

うん、穏やか系の味かな。

そして、これは非常に懐かしい

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


チョコサンデー!(正式にはチョコクリームと言うらしい)

懐かしいなぁぁ、当時にはセレブの象徴だったよ、私には。

あれ?

確か、当時はポッキーが二本刺さってたような気がするんだけど。

ヘイ、メニュー!


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


うん、刺さってるよなー。

あ、セットメニューにするとポッキーが無い。

なるほど、幼少のみぎりは、ラーメンかチョコクリームかで、セットにすることは

まず無かったからなのか。

我ながらセコいこと言ってるなーとは思うのですが。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


では、懐かしのチョコサンデーいただきまーす。

ああ、このジャンキーな甘さが、遠い日の思い出…


幸せ気分のまま、帰りの近江鉄道に乗ると

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


なんか激しい広告。(私には嬉しい柄)


あ、さっきの広告代が復興支援費になるとゆ ー、


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ほほえみ号の後ろ姿がもしやコレなのか。

(違かったらすんません)

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


歴女の友人が喜びそうだなーと眺めつつ

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


戻ってきましたのは、近江八幡駅。

目の前のイオンにもスガキヤ入ってます。

(ホントはここのスガキヤに入るつもりだった)


滋賀県民を羨ましく思いつつ、滋賀の記事はこれでお終い。

次回の記事で、年内の「旅」の記事は終わりです。


★★★お店情報★★★

スガキヤ八日市アピタ店

滋賀県東近江市八日市市浜野町3-1 ショッピングプラザ・アピア 1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

京都の驚愕の食堂「今井食堂」さんの巻で、ちょろりと話題に出しましたが


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


(もうお亡くなりになりましたが)ロシア語通訳の米原万里さんの

「旅行者の朝食」というエッセイを読んだのですが、その中に、

「ああ、分かる分かる」な話題がありました。

幼少のみぎり、住んでいたロシアでお父さんがお土産に持ってきただか

人にもらっただかという(すんません、このへん記憶になし)

「ハルヴァ」というめっさんこ美味しいお菓子を食べて、

(ヌガーみたいなお菓子で、あちこちにあるそうです)

アレをもう一度食べたいとヨーロッパ各地の知人に頼み込んで探してもらったり

自分でも探し廻ってみたけれども「違う、コレじゃない!」という日々が続き、

ようやくめぐりあった「あのハルヴァ」は

思い出の中で美化されず、追い求めたあの味だった、という話でした。


私にとっては、それはきっと、遠い昔に江曽島で食べた鶏唐のエピソード 。

(結局の所、お店の方はもう亡くなられて、お店も閉めたそうです)


そしてもう一つ。

幼少のみぎり、宇都宮駅東に「田原屋」という8階建のデパート(というかスーパー)が

できました。

駅東の人間にとって大規模ショッピングセンターは、当時

東宿郷のイトーヨーカードー一択状態でしたので

そこに「田原屋」という選択肢ができたことは、

驚天動地レベルでございました(少なくとも私は)。

その田原屋で、忘れられない「食」の思い出が二つありました。


まず一つー!

多分、地下の食堂街みたいところにあったよーな気がしますが

森永パーラー(?)というファミリー系チェーン店レストランが入ってまして

そこでチョコパフェ食べたら、マシュマロが、「てんこもり」レベルで入っていて、

私は泣き出してしまったのでした。なぜなら私は幼少のみぎりから今に至るまで

マシュマロが食べられないのであった。(甘さといい食感といい)

なぜにチョコパフェにマシュマロがてんこもり入っていたのか、その謎は今も解けない。

(コーンフレークはまだ許せる)


ふたつめー!

多分8階だったと思いますが(4階説と5階説もある)

スガキヤ 」という、チェーン店なラーメン屋さんが入ってました。

そこのラーメンが安くて(多分当時150円くらいだったのではなかろうか)

美味しくて、大好きだったのでした。

特に、夏休みなんかは、駅東のプールに泳ぎに行き、帰りに100円玉にぎりしめて

スガキヤのラーメンを食べて帰るという、井上陽水の「少年時代」のBGMが似合う

そんな爽やかな思い出なのでした。

そのスガキヤも撤退し、田原屋もなくなり、私の夏の思い出は消えてしまった。

チェーン店だからアチコチにあるのだろうと思いきや

生長と共に「名古屋資本」だと知り、オトナになって名古屋に行く機会はあったものの

なかなかスガキヤに行くチャンスはなく、せめてものお土産と思い

名古屋のコンビニで「スガキヤ」のカップラーメン買って帰ったけど

「あの味じゃない」と泣き崩れ…。


そんな日々を経て、今、ン十年という時空のトンネルをくぐり


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちら、八日市駅前のアピタに

(アピタって全国チェーンなんだ と今はじめて知った)

チェーン店として入っているスガキヤさんと、感動の再会なのでございます。


ああ、なんか昔テレビ番組であったよなー。

「懐かしのあの人に会いたい」みたいな番組で、

泣けるエピソードを浜村淳(だっけな)が延々と語って

出演者はその時点でオイオイ泣いていて

「では、感動の対面です!」と、最後にその探し求めていた人が登場して

二人で抱き合って泣くという。


あの気分です。


ン十年の時を超え、今、感動の…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


対面でございますー!

ああ、懐かしの、懐かしのスガキヤー!

ずっと探し申し上げておりましたーっ。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県



今はラーメン一杯290円なのかー。(それでも安いよね)

あの頃は、フツーのラーメンがデフォ。お小遣いもらった直後には、ちょっとゼータクに

肉入りラーメンにしてました。


今はすっかりオトナだし、自腹でも余裕で払えるので、とってもゴージャスな

肉入りラーメン370円+デザートセット280円=650円にしてしまおう。

というわけで、ソレくださいっ。


「これでお呼びしますのでお待ちくださいねー」


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

へ~~~~。

今はコレで呼び出し音がなるのか。

時代の変遷を感じる。


おっとぉ、音が鳴った。



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

涙涙の感動の再会!


続く。


★★★お店情報★★★

スガキヤ八日市アピタ店

滋賀県東近江市八日市市浜野町3-1 ショッピングプラザ・アピア 1F
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


基本的に自分自身へのお土産は買わない人間なのですが

(持って帰るのめんどい)

先ほどの西堀榮三郎記念探検の殿堂 で


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


西堀語録つきノートを買ったのでした。ジャスト千円(くらい)。


しかし、考えたら、わたし、字書くの嫌いだからノートとかメモ使わないんであった。

まあいいか。


さて、隣の敷地にある


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


湖東味咲館 (湖東直売所)に寄ったのは、もちろん私は直売所萌えだからでございます。

ただ、前述のように、モノを持ち帰るのがめんどくさくてイヤなので

(宅急便で送るのは郵送料がかかるのでもっとイヤだ)

ジャスト・ルッキングにしようかなと思ったのですが

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


これは、鮒寿司ー!

ウワサに聞けど、まだ一度も食べたことない鮒寿司っ。

日本の郷土料理を求める旅をしている向笠千恵子さんの本 、最近真面目に読んでるから

こういう、バリバリの郷土料理系食べてみたいと思ってたんだー。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


お値段は1,200円か。

前にネットかなんかで調べたら、

「一万円クラスでなきゃ、本当の鮒寿司の美味しさは分からない」と

あったけど

一万円も出したら美味しいの当たり前じゃないか。


鮒寿司は、ほんとうに千差万別、作る人が100人いたら100通りの味だそうです(よ)。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


ふな、米、塩、酒のシンプルな材料で


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


子持ちの鮒で作った鮒寿司を

ちょっと時計の針を進めて


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

自宅で食べてみました。

最近お酒は全く飲まないけど、やはり日本酒だろうと思って、料理酒に使っている

安売りのお酒を準備。

ちなみに、おちょことお皿は自分でロクロまわして作りましたです(絵はプロの人)。

徳利も一緒に作ったのですが、あっさりと口が欠けたので

実家のトイレで花瓶になっています。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県

ではいただきます。……

………


酸っぱいスルメ


というのが正直な感想でございました。

補足するなら、「味は酸っぱさがメインにきて、食感はスルメ」

タマゴの部分はちょっち生臭さを感じましたでしょうか。

その後がんばり、お茶漬け、パスタ、等々で全部消費いたしました。


さて、せっかくなので、もう一つ何か軽いの買おうかなと


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


無農薬カボス買ったんですよ(2個で100円)

私はミカンとデコポンを除いた柑橘類の中では

というか薬味系の柑橘類では、カボスがいちばん好きです。

(ユズはちょっとニガテ)

で、このかぼすが


うまかったー


鍋物に使ったのですが、「全身コレ果汁」な感じで

絞るのに苦労することなく、逆にあたりに飛びまくるので大変だったという。

うーん、これお取り寄せしたいなーと思うレベルでした。


さて、時計の針は戻りまして、八日市駅へのバスの中。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


途中にあった「東近江市立 湖東図書館 」の建物は、思わずバスから飛び降りたくなるくらい、すてきんぐで

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


東近江市役所でやっていた農林水産祭りも、行きたいのはヤマヤマだったのだけど

なんせ時間がなかった。

なので、今回はアディオス。

だって、どうしてもここで食べなければならない、そんな場所があったから。

それは次の記事で。


★★★お店情報★★★
湖東味咲館 (湖東直売所)

滋賀県東近江市横溝町424番地
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ