1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category滋賀県

 さて、私にしては珍しく、今回の目的は「食」ではないのであった。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


先ほどの物産館 のすぐ裏手に見える建物。

入り口とあるものの、この沼(なのかな)をグルっとめぐっていくので

近くに観えれど結構遠いんであった。

例えるなら、山手線で、上野から鶯谷に行くだけなのに、外回りに乗らなければいけないよーな。

それでも、歩いていけば



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


「忠犬ハチ公」に並ぶくらい有名な、二頭の犬がお出迎え。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


南極に住む皇帝ペンギンがお出迎えしてくれるここは

「西堀榮三郎記念 探検の殿堂」なのでしたー。

そう、先ほどの犬はタロとジロ。

来た理由を話すとヒッジョーに長いのですが


その1 

 幼少のみぎり、テレビ東京で「宗谷物語 」をやっていた。

 商船→特務艦→引揚船→南極観測船→巡視船の数奇な運命をたどった「宗谷」の話で

 コレがけっこー涙モノで良かったのです。なもんで、毎週楽しく観ていた。


その2 
 幼少のみぎり、「タワーリング・インフェルノ」をテレビで観て、スティ
ーブ・マックイーン演じる

 寡黙なオハラハン消防隊長がひっじょーにカッコいい「漢」で、ときめき

 あれが私の「漢萌え」の原点かと思うのですが、その後、学校の音楽の授業で

 「雪山讃歌 」の歌詞を知った時に、オハラハン消防隊長と同じ漢のトキメキを感じた。

 (特に「♪俺たちゃ街には住めないからに♪のあたりは萌えます)

 
その3 

 オトナになってプロジェクトX(の第一シリーズ限定)にハマった。第一期の最終回は

 「南極第一次越冬隊」の話でした

 自分の道に迷っていた若き隊員北村泰一氏と、越冬隊長の西堀榮三郎氏(放送当時故人)の

 エピソードがメインで、挫折しかけていた北村氏に、西堀隊長が

 「やるまえから諦める奴は一番つまらん人間だ とにかくやってみなはれ」

 と諭した屈指の名場面。そして、隊長の漢な笑顔。

 北村氏の、なんとなくたどたどしい喋り方が気になったけど 

 それは脳梗塞で倒れたためで、それでも教壇に立つまでに復帰できたのだと分かるラストと

 「やってみなはれ…」の西堀隊長を思い出して、泣き出す場面は

 観ていた私も大泣きだったのでした。


で、その時自分の中で始めてリンクしたのは


南極第一次越冬隊が乗っていた観測船は宗谷だった(その時始めて気づいた)

雪山讃歌の作詞者は、まさにその、西堀榮三郎氏であった。


原点は一つであったのだ。(と、その時まで分からなかった)


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


その後、西堀榮三郎氏の著書「南極越冬記」も購入して読みました。

まさに越冬中の日記なのですが、言葉の端々に「漢」を感じてしびれ、

いつの日か、氏を記念した…

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


西堀榮三郎記念 探検の殿堂 」に来るのが夢だったんでーす。

ちなみに、氏はこちらの出身というワケではないそうです。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


さらにラッキーなことに、南極100年展もやっていた。

白瀬中尉が南極探検して100年になるのですねえええ。

西堀氏が南極に行くことを夢みたのは、幼少のみぎりに、白瀬中尉の南極を撮影したフィルムを

映画館で観たからだそうです。

そのフィルムが上映されてました。らっきー。

さらに、西堀氏の生涯コーナーでは、様々な氏の映像が見られました。

笑顔がとにかく素敵なのですよ。「漢」な笑顔で。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


で、そこに置いてあったパンフに「白瀬南極探検隊記念館」のパンフが。

えー、あるんだ。行きたい。どこにあるんだろう。


秋田県!?


脳裏に、「稲庭うどんツアー」の文字がよぎったのは言うまでもない。


さて、帰りのバスがまもなくまいりますが、ホンの少しなれどまだ時間がありますので

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


先ほどの物産館にちょいと寄っていきますかね。

続く。


~余談~



1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


前述の北村氏も「南極第一次越冬隊とカラフト犬」という本を出しています。

プロジェクトXではタロジロの「タ」の時も出てこなかったので

まさか、幼少のみぎりに観た映画の「南極物語」はこの北村氏の話だったとは

知らなかったのでした。

今やってる「南極大陸」は氏がモデルですねー。(でもキャストが…げほげほ)


ドラマ観てないんで、このシーンがあるのかは知らないのですが

雌犬の「シロ子」が子犬を産んで、本当はその子犬たちを置いていくつもりだったのだけども

(オス犬だったので、そのまま第二次越冬隊の犬ぞり要員になるはずだった)

母親のシロ子にまとわりついて離れないので、可哀相なので第一次越冬隊&シロ子と一緒に

連れ帰ることになったけど、重量がオーバーして飛行機に乗れない。

パイロットがニッコリ笑って「コレしか方法ありませんね」と、

子犬の重量分の予備燃料をその場で捨てたそうです。


さて、「そこ」へ行くためには、京都駅から東海道線に乗るのですがー


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


らっきー!向かいのホームに「サンダーバード」発見。

一度は乗ってみたい特急列車なれど、私は特別料金払いたくないタイプなので

多分観るだけで終わるのだろう。


んで、東海道線で着いたのは「水辺と古き商家のたたずまい」の

キャッチコピーが非常に萌ゆる

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


近江八幡駅。

外に出て町並み観たいのはヤマヤマなんだけど、今回は時間が無いのでまた次回。

ドドドドと向かう先

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


近江鉄道乗り場。滋賀県で最古の私鉄だそうですよ。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


まぁっ。「がんばろう!三陸鉄道」

ホームページ観たら、「同じ鉄道事業者」として、三陸鉄道を応援しているのだそうです

なんといじらしい。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


私が乗る電車も「ほほえみ号」。

東日本大震災復興支援列車。

なんと素晴らしい。私の運賃が復興にまわるんだろうか。

なんかよく分からん。

と思ったら、この電車への広告ステッカー代が寄付金になるんだそうで

なるへそ。

と、うなずきうなずき、パン食べ食べしてたら、けっこーあっと言う間に

今回の目的地


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


八日市駅に到着。

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


駅前に広がる風景は、ああ、地方な都市だなーという感じ。

目的地まで、ホントは歩こうかなと思ったけど、調べたら片道6キロなんで無理だった。

とすると、タクシーかバスになるのだけども

私は、よほどののっぴきならない事情にならない限りは、タクシー乗らないので

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


バスだね、やっぱり。

なんか可愛いお尻のバスだなー。

市でやってるバスらしくて、何系統かあるのですけども、

私が乗る「湖東線」は、まだ来てなかった。

あと20分くらいか。

で、駅の前の

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


このイラストは何なんだ。

かぐや姫か?
えーと、なになに。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


蒲生野遊猟の図。

……

………


でーっっ!!


万葉集屈指の名場面というか名句の、あの相聞歌ー!

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


当時、天智天皇の妃だった額田王が、かつての夫の天武天皇に


「茜さす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖ふる」

((狩りで)紫野を征くあなた そんなに私に手を振ったら、野守(スパイみたいの)に見つかってしまうわよ)

と詠って、そのお返事に


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


天武天皇が

「紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻故にわれ恋ひめやも」

(紫草のようなあなたを憎らしいと思いましょうか 人妻ゆえにこんなに恋しいのに)

と返した、あの舞台がここー!

(正確には、さらに南西のあたりだそうです


私が万葉集で最愛クラスの歌の舞台がここー。

(だからこのペンネームにしたというワケではない)

ああ、なんか萌ゆる。


40分もバス乗るのめんどっちーな(私はバスがあまり得意ではない 酔うので)

と憂鬱だったけど、あの舞台がこのあたりと思えば

なんと愛おしい風景でございましょう。


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


よしっ。

喜び勇んでバスに乗るぞー!

で、萌え萌えしつつ着いたのは

1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


特産物売店「味咲館」

あ、思わず見入ってしまった。

いけない、私が用字があるのはここじゃなくて、

ここからすぐの


1000円グルメの旅 from 宇都宮 to 47都道府県


こちらの場所。

続くー。

続きです。


さて、食後のドリンクはコーヒーor紅茶…。

しかし、私は100円プラスになろうとも、ホットしかなくとも、あれを飲みたかった。

あれとは…


1000円グルメの日々in宇都宮


フレッシュハーブティー。

なぜ飲みたいかというと、このへん に理由を書きました。


てなわけで、友人、ふたりともハーブティーでいいよねっ。


「うえっ!?」

1000円グルメの日々in宇都宮


だばだばだばだば…。

1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす…

1000円グルメの日々in宇都宮


沈む夕日を見ながら…おお、レモンがピッ。

丸く優しい味。美味しいっ。これが飲みたかったんだー。


「実は、私、ハーブティーがダメ…」


うえっ!?


「…なんだけども、これは美味しい。非常に美味しい」


良かったー(w_-;


1000円グルメの日々in宇都宮


最後にはブルーベリージャムがサービスで出てまいりました。

いただきまーす…

優しい甘さで、実の食感が不思議な感じ。なんというか「きゅぴっ」と弾ける。

1000円グルメの日々in宇都宮


琵琶湖に落ちる夕日も見られたし、

1000円グルメの日々in宇都宮


自分へのお土産のジャムも買えたし、

1000円グルメの日々in宇都宮


今回の目的はほぼすべてクリア…。

帰りに、スタッフの方に車で送っていただきつつ、宇都宮にも催事とかでいらして

くださいましーと、お願いしましたんですけども、高島屋さんの催事で出すのが

精いっぱいだそうです。

なるほど、宇都宮に高島屋はなかった。


唯一の心残りは、岩田さんのお姿を拝見することができなかったことかなー(´・ω・`)

お話伺うに、二号店というか姉妹店の「ソラノネ 」が大好評で、そちらに行かれていることが

多いんだそうな。


…いや、しかし細い道ですねー(T▽T;) 自分じゃ絶対運転できん。

きゃー、前方から対向車が。ひー、スレ違いできるんですか、これで。


…と、ゆっくりとしたスピードでスレ違って行く車の運転席には、気品溢れるお美しい方。

…。

あのー、スタッフさん、あの方はもしかしてもしかしますか。


「社長です」


.*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


★★★お店情報★★★

Blueberry Fields 紀伊國屋

滋賀県大津市伊香立上龍華673
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

↑このページのトップへ