1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Category滋賀県

続きです。


パンも美味しいっ。


1000円グルメの日々in宇都宮


レーズンパンに…


1000円グルメの日々in宇都宮


全粒粉パン。友人からハーブバターを恵んでもらわずとも、これだけで充分

美味しいっ(負け惜しみ)。


そしていよいよ、デザート(*^▽^*)

この時期はブルーベリーづくし。


キターっ。


1000円グルメの日々in宇都宮


>●デザート
>デザートには目の前の農園より摘みたてフレッシュブルーベリーを。
>今年はサックリ焼き上げたタルトに、濃厚なパティシエール。
>極上のデザートが食事の最後をしめくくります。
>・ブルーベリータルト
>・パンナコッタ
>・ブルーベリージェラート


うーん、どういう順番で行こうかな。と悩んでいるうちに溶けてしまうと困るので

1000円グルメの日々in宇都宮


ジェラードから行きましょう(`・ω・´)b

本にも書いてありましたが、ご友人の「池田牧場 」さんの作だそうです。


1000円グルメの日々in宇都宮


いただきます…


わぉ。濃厚。ベタベタした甘さではなく、強く可憐な甘みが一瞬ぶわっと広がって

しゅーん…と消えていく感じです。

1000円グルメの日々in宇都宮


パンナコッタ。


1000円グルメの日々in宇都宮


これも、濃厚かつ気品あふれるよーな。

1000円グルメの日々in宇都宮


そしてタルト。ブルーベリーはぷっつんぱっつんと口の中ではじけ、

クリームも台もすべて美味しい。

うっうっ、来てよかった(ノДT)


さて、私のもう一つの希望が次に出るはず。

続く


★★★お店情報★★★

Blueberry Fields 紀伊國屋

滋賀県大津市伊香立上龍華673
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。




続きです。


1000円グルメの日々in宇都宮


>●スープ
>梅雨明けを待っていました。
>冷製スープはやはりヴィシソワーズ。

>ジャガイモの濃厚なお味は納得、納得。
>(ヴィシソワーズ)


そうですよねっ。冷製スープの華はヴィシソワーズ。

ジャガイモは「インカの目覚め」だそうです。


1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす…


濃厚っ。粘度高いっ。すごい。これは納得、納得…。

1000円グルメの日々in宇都宮

>●オードブル
>8月のオードブルにはブルーベリーのソースをたっぷり召し上がれ。
>抗生物質を使わない飼育法の江原さんのローストポークに添えて。
>・冷製ローストポーク、ブルーベリーのソース
>ナスのムースを添えて


お肉だーo(〃^▽^〃)o

1000円グルメの日々in宇都宮


そして、その下にも野菜のソースがいっぱい。

1000円グルメの日々in宇都宮


ブルーベリーのソースとからめると、あっさりしたポーク(=臭くない)に

可憐なブルーベリーがなんとも言えない官能的な味(´□`。)


「ナス、ナスもすごい」


うわああ、ホントだ、ナスのソースがシックに絡む~。

なんかどれを食べていいのか分からなくなってしまっていたら

メインが登場。


1000円グルメの日々in宇都宮


>●メイン
>有機栽培の夏野菜。
>太陽の陽ざしを待ちかねていました。
>天然のスズキのポアレもやはり夏の味・・・。
>・スズキのポアレ


1000円グルメの日々in宇都宮


皮がパリパリ、身がふわりとしっとり。

1000円グルメの日々in宇都宮


野菜も大きく味が濃く

1000円グルメの日々in宇都宮


特に、豆ーっ。豆が甘くておいしい…


いよいよ次はデザート。続く 。


★★★お店情報★★★

Blueberry Fields 紀伊國屋

滋賀県大津市伊香立上龍華673
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。




>どうぞ二階からの眺めをご覧ください。

>南に向かって大きくとった窓からは、遠く悠々と横たわる琵琶湖、それを縁取る

>山々の稜線はやさしくなだらかです。


>晴れた日など二階に上がられたお客様から「わぁー」という歓声が起こります。

>皆様の想像を超えた景色がお迎えするからでしょう。


…という、本の内容のとおりに


1000円グルメの日々in宇都宮


「うわおー!」


と歓声を上げるわたくしと友人。

Blueberry Fields 紀伊國屋 さんの二階はレストラン。出されるのはフレンチ。

ぜひともここで食事をしたかった。

最初はランチ&ティータイムだけだったそうです。それがなぜディナーも

設けたかというと、琵琶湖に沈む夕陽を見ながら、食事をしていただき

たいから、とのことでした。


1000円グルメの日々in宇都宮


ランチもディナーも内容は同じで、3500円 or 5000円のコースのみ。

せっかくここまで来たのだから5000円~と思ったものの、やはり私たちでは

3500円がアッパーかな、ということで3500円。

昔は一日一組限定のレストランで、岩田さんが料理からサーブまで

すべて一人でされていたそうです。

今は、30席の空間。そして、たくさんのスタッフ。

スタッフの皆さんも、感じがよく生き生きとしている。

この岩田さんの元に集っているからでしょうか。

1000円グルメの日々in宇都宮


お水にもハーブ。嬉しい~。

さて、汗もかいたし(ブルーベリー摘みする前に、比叡山延暦寺で10キロほど

歩いてきたんである)、安心して乾杯できるわーっ(T▽T;) カロリー的に。

1000円グルメの日々in宇都宮


私はブルーベリー酒。

1000円グルメの日々in宇都宮


友人は白ワイン。

かんぱーい。


ああ、ブルーベリー酒がウマいっ。

ドロっとした甘さではなく、さらりと可憐な味~。


そして、まずは前菜の登場。


1000円グルメの日々in宇都宮


>当社安曇川農場の近隣農家さんで収穫される
>甘い甘~いとうもろこし。
>冷たいムースに変身しました。
>(とうもろこしのムース)


右端のはオニオンのローストブルーベリーソース添えです。

オニオンも甘く美味しいのでーすーがー

1000円グルメの日々in宇都宮


ムースが美味しいっ(@@

とうもろこしの甘みがギュっとつまった、濃度の濃いムース。


友人「ムースと思えない食感」


なんかチーズみたいだねー。「ギュッ」って感じで。


三種類でる自家製天然酵母パンのうち、一種類目登場。


1000円グルメの日々in宇都宮


ブルーベリーパン。


「パンを焼きたいなー」と思ってらした岩田さんは、ある日東京の「ルヴァン」のパンに

出会って惚れこみ、その場でお弟子入りの申込をされたそうです。

で…


「うわあああああ」


なんだよー、友人、ひとが説明してるのにーっと思いきや、私も


うわああああ。


1000円グルメの日々in宇都宮


すてきーっ。

自家製ハーブバターだ。


1000円グルメの日々in宇都宮


パンとのハーモニーがなんとも言えませぬ。

あらやだ、最初のパンだけで、バター全部使っちゃった。私の分。


果たして友人は分けてくれるのかなと心配しつつ、次へ続く 。


★★★お店情報★★★

Blueberry Fields 紀伊國屋

滋賀県大津市伊香立上龍華673
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。


↑このページのトップへ