1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tagあんバター


茨城県筑西市に、北関東最大規模の道の駅グランテラス筑西が7/11にオープンしたということで、私が気になったのは
1. 混雑状況
2. どんなお店が入るか
3. モーニングの有無(朝9時から開店)

だったのですが、

1. カオス
2. こんな
3. 謎

でした。
こうなったら直接行くしかない。
狙うは平日かなーと思いきや、幹線道路(294号とか50号とか)を通っていくから、逆に通勤ラッシュに引っかかる可能性が。
結局、日曜日の朝8時45分に

 DSC03231

到着。
カオス的な混雑を覚悟しましたが、開店前だから、特に問題なく車を置けました。

DSC03232

スタバが入っているのだわ。
下野市の道の駅にも入ったそうだけど、どうせならご当地コーヒー店もあると良いなーと思います。
鳥取県におけるすなば珈琲のような。

すなば珈琲のことを思い出しながら、私が一目散に走っていったのは

DSC03245

ベーカリーズキッチンオハナ 道の駅グランテラス筑西店さんでした。
栃木店にオープン直後に行って、超カオスだったので、こちらなら少しゆったりかと思って来た次第です。
8時45分の段階で、私が5~6番目。
あら、特にカオスでも無かったのかしら。へ、へ、

へっくしょーい。

と、クシャミをして振り返ったら、なんということでしょう。
列が伸びる伸びる伸びていく。

開店時にはカオスでした。
しかし、入場制限をしつつ入店させていくのと、通路部分が広いので、特に待つことなくセレクト、購入ができました(しかし、この後どうなったのかは不明)。

何が嬉しいって、通り過ぎてしまったけど、やっぱりアレが欲しいと言うときに、逆流ができたことですね。
無事に買えたものを大切に抱え、イートインスペースもあるけれど

DSC03244

外のテラスで食べることにしました。
コーヒーは、オハナカフェさんでサービスであります(商品購入の場合)。

DSC03233

あー、やっと一息。
買ったものは

DSC03235

ほうれん草のフロマージュ270円。
これは夫の夜のツマミ用に。

DSC03238

私にはこれ。
そう、

DSC03241

プチアンシェンヌあんバター。
あんバター遍路は続けておりますので。

DSC03242

それと、「人気ナンバー3」のポップに惹かれて買った「クラプフェン」172円。
ソトアサと言いつつ、既に朝ごはんは食べて来てしまっているので、あんバターだけ一口食べよう。

いただきまーす。

DSC03287

むっちりもっちりしたパン(噛む時に伸びる)。程よい量のあんこと、バター。
どちらかが突出して口の中に攻めてくるのではなく、「愛の共同作業」的に風味が広がります。

DSC03281

残りは、家で楽しみましょー。

DSC03282

しかし、夜(ツマミに)食べる予定なので、味見として焼き立て直後の味を、一口ずつ味わっておこう。

DSC03285

ほうれん草のフロマージュ。
もっちり食感にチーズ風味が豊かで、ワイン飲みたくなりますね。

DSC03283

「クラプフェン」。ドイツのドーナツだそうです。
これ美味しかった!
ふあふあと軽い感じで生地がのびーる。

わが家からだと、栃木店より筑西店の方が遙かに近いので、今後は筑西に行くことが多くなるのかなー。
ちなみに、フードコートのオープンは10時ごろのようで、モーニングメニューの有無は確認できませんでした。
結城の大人気店「アルチザン」さんもショップに入ってましたが、生菓子がショーケースに並ぶのが10時半とのことでしたので(この日だけかもしれませんが)、残念ながら帰宅。

全体的に楽しむなら、11時以降が良いのかもしれません。


★★★★お店情報★★★★
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください







益子町のChanomi-Cafe ゆるりさんに行ったら臨時休業だった日。
臨時休業に当たるのは、食べ歩き人生においてはお約束みたいなものなので、第二、第三、第四候補もメモしてきてました。
→第二、第三は定休日でした。

益子町においては水曜日は特異日なのでありましょうか。
ああ…お腹減った…何か食べないと、第四候補店に行く気力が…。

その時、脳裏によぎったのは…走馬燈ではなく、先日の「ましこdeカフェ」のできごと
そう、Natural Bakery 日々舎さんの「あんバター」が完売だったこと。
まずは定休日チェック→日月

オッケー。
それでは、口コミ調査隊に突入。

2007年~2018年の口コミ調査隊一覧はこちらから。
2019年
1回目 ジジーノ ワイン&グリル(宇都宮市)
2回目 アジアンフュージョン料理 ナイエム(鹿沼市)
3回目 ピッツェリア ダ エッレ(壬生町)
4回目 ベーカリーキッチンオハナ(栃木市)
5回目 割烹 和泉田(小山市)
6回目  呑珠庵(益子町)
7回目 ハッピー食堂(日光市)
8回目 食堂ニジコ(日光市)
9回目 小山カオマンガイ2(小山市)
10回目 テンダーおやまくま(小山市)
11回目 ミートショップ吉澤(上三川町)
12回目 中華そば 弥惣吉(下野市)
13回目 炭火焼き鳥 真琴(下野市)
14回目 みぶストロベリーファーム(壬生町)
15回目   Chanomi-Cafe ゆるり(益子町)

16回目の今回はそんなわけで

2019-07-03 12.10.07

Natural Bakery 日々舎さんです。
遅くなりましたが、ご推薦者は「まさやん」さん。

 2019-07-03 12.08.14

「あんこ+トースト=(名古屋めしの)小倉トースト!愛知県出身の私にはなじみ深い食べ物なのですが、あんバターというとまた違った食べ物のように感じます(笑)  益子町の日々舎さんにもあんバターサンドが登場しますので、ぜひそちらもお召し上がりくださいませ」

毎度、事前に電話確認していないので、あるかどうかドキドキだったんですが

2019-07-03 12.08.46

あったー!
あんバターサンド280円。
遅くなりましたが、私が「あんバター遍路」している理由はこちらです。

この時点では「オヤツに食べよう」的感覚でした。

2019-07-03 12.08.48

夫にもお土産に何か一つ買っていくかなー。

2019-07-03 12.08.52

ベーグルがいいかな。
酒のツマミになりそうな、クリームチーズのベーグル一個ください。

そして、第四のランチ候補店に行ったら、臨時休業でした。

予定変更。
クリームチーズベーグル、あんバターでランチ。

ドリンクはー

2019-07-03 12.34.28

道の駅ましこでコーヒー(たしか400円)を買いました。
まずはもちろん、

2019-07-03 12.34.48

あんバターから。

2019-07-03 12.34.55

焼中華まんのような、萌える背中。
ところで、バターの姿が見えない。

2019-07-03 12.34.53

あ、かすかに見ゆるは

2019-07-03 12.35.02

バター!

テクマクマヤコンテクマクマヤコン…。

いただきまーす。
もっちりむっちりしたパン、しっとりあんこに、かじるとトロリンのバター。
ああ、幸せ。
でもオヤツなので、これから

2019-07-03 12.40.24

ランチとなります。
お土産予定だったベーグル登場(夫には内緒にしておこう)。

2019-07-03 12.40.43

おおっ。
伸びる伸びる。

こちらもまた、むっちりもっちり、がっしりとした食感で、至福第二派。
さて、コーヒーでボーっとしよう。
あのカオスな日がウソだったかのように

2019-07-03 12.34.30

♪誰もいない庭~♪


★★★★お店情報★★★★
Natural Bakery 日々舎
益子町益子4283-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



★★★★お店情報★★★★
益子町益子4283-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください



引き続き、栃木市で5/19に行われたイベントTochigi Coffee Town – Take Root –」から。
実際の時系列で行くと、こちらがラストになるのですが、会場内をテクテク歩いていたら

DSC01648

あんバタフランス150円の文字が!
目下、あんバター遍路の真っ最中。

DSC01647

栃木市のパン屋さんベーカリーFujiさんでた。
まだお店にお邪魔したことなかった。
これもご縁。あんバタフランス一個ください。

個人的趣味では、口の中でバターが溶けていくのが楽しいので、アイスコーヒーよりもホットコーヒーのがいいかなー。
でも暑いなー。

どちらにしよ。
いずれにせよ、目指すコーヒーのお店は

 DSC01651

WANI Coffeeさん。
なかなか遭遇することがなかったお店。
チャンスは生かさねば。

DSC01649

ホットのフレンチプレスコーヒーかアイスのコールドブリューコーヒー。

しかし、日差しサンサンが私を襲っている。
いっそのことジュースにしちゃおっかなー。

「フレンチプレスコーヒーは、置いておくと味がさらに馴染みますよ。冷めても楽しめます」

一粒で二度美味しいわけですね。
ではそれで。

DSC01653

では、あんバタフランスからいきましょうか。

DSC01659

あんこの甘みとー。

DSC01661

バターの塩味の引き綱がたまらない。
ぱふぱふ&しっとりとした食感のフランスパンも良いハーモニー。

で、そこで

DSC01655

ホットコーヒーを飲むと、バターがはらはらと溶けていく快感。

コーヒーは酸味を強く感じる大人味でしたが、あんバタフランスの「童心」味と遭遇すると、大人ワールドと子どもワールドの未知との遭遇感があって、ナイスコンビでした。

残りのコーヒーは帰りの車の中で、ちびちびと楽しみました。

★★★★お店情報その1★★★★
営業日&場所 上記リンクをご参照ください

★★★★お店情報その2★★★★
栃木市河合町9-29
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください






↑このページのトップへ