1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tagあんバター

引き続き、栃木市で5/19に行われたイベントTochigi Coffee Town – Take Root –」から。
実際の時系列で行くと、こちらがラストになるのですが、会場内をテクテク歩いていたら

DSC01648

あんバタフランス150円の文字が!
目下、あんバター遍路の真っ最中。

DSC01647

栃木市のパン屋さんベーカリーFujiさんでた。
まだお店にお邪魔したことなかった。
これもご縁。あんバタフランス一個ください。

個人的趣味では、口の中でバターが溶けていくのが楽しいので、アイスコーヒーよりもホットコーヒーのがいいかなー。
でも暑いなー。

どちらにしよ。
いずれにせよ、目指すコーヒーのお店は

 DSC01651

WANI Coffeeさん。
なかなか遭遇することがなかったお店。
チャンスは生かさねば。

DSC01649

ホットのフレンチプレスコーヒーかアイスのコールドブリューコーヒー。

しかし、日差しサンサンが私を襲っている。
いっそのことジュースにしちゃおっかなー。

「フレンチプレスコーヒーは、置いておくと味がさらに馴染みますよ。冷めても楽しめます」

一粒で二度美味しいわけですね。
ではそれで。

DSC01653

では、あんバタフランスからいきましょうか。

DSC01659

あんこの甘みとー。

DSC01661

バターの塩味の引き綱がたまらない。
ぱふぱふ&しっとりとした食感のフランスパンも良いハーモニー。

で、そこで

DSC01655

ホットコーヒーを飲むと、バターがはらはらと溶けていく快感。

コーヒーは酸味を強く感じる大人味でしたが、あんバタフランスの「童心」味と遭遇すると、大人ワールドと子どもワールドの未知との遭遇感があって、ナイスコンビでした。

残りのコーヒーは帰りの車の中で、ちびちびと楽しみました。

★★★★お店情報その1★★★★
営業日&場所 上記リンクをご参照ください

★★★★お店情報その2★★★★
栃木市河合町9-29
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください






あんバターの大波が沖に見えます。
乗るしかない、このビッグウェーブに。

サーフィン状態の私に、メル様からコメントが。

「旧黒磯市の駅前にあります、カネルブレッドさんのあんバターサンドも激ウマです!!! 
ぜひぜひご賞味くだされ(≧∇≦)」

行ってきまーす。
黒磯駅前だよね。何度も行ったから、記憶鮮明。
たしか、無料駐車場が
 
DSC01530

あれ?
風景が一変している。
もしや無料市営駐車場が消えてしまったとかー

DSC01529

あったあった。
工事に伴い、入り口が動いていた。

DSC01528

一時間無料は助かります。
ボーっとしすぎて二時間いても50円だし。

では、すぐ近くの

DSC01532

カネルブレッド
さんへ。
来てからなんだけど、完売してたらどうしよう。

DSC01533

ありましたー、360円。
お隣の「Iris イリス ブレッド&コーヒーさんでイートインしますー」とお伝えしますと、籠に入れていただけます。

DSC01534

結構大き目。
さて、物理的にすぐお隣のイリスさんへレッツゴー。
以前は、食事メニューは10時からだったと思うのですが

DSC01545

9時からに変更になっていた!
トースト&コーヒーなら、モーニング的に利用できるなー。
でも今日はあんバター。
ついでにドリンク頼まねば。
あんバターに合わせるのは、バターが溶けることに資するホットコーヒーなんですが

DSC01543

「水出しアイスコーヒー」の文字を見てしまうと、無意識にそちらを頼んでしまう。

DSC01535

それではいただきます…。

DSC01540

がぶり。
以下、当時の三行メモです。

のびるのびる
ふわもち
うねるうねる

ちぎろうとしたら、パンが伸びる伸びる。
口に頬張ると、ふわっともちっと。
噛みしめると、咀嚼にあわせて生地がうねるうねる

口の中が、葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」のようだ。

hokusai
著作権フリーサイトより引用

ビッグウエーブ…。

DSC01544

水出しアイスコーヒーは、酸味が(私には)かなり感じられるタイプでした。
あんバターのコッテリ感を、酸味でさっぱり。



★★★★お店情報その★★★★
那須塩原市本町5-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
三回目 この記事


★★★★お店情報その2★★★★
栃木県那須塩原市本町5-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  この記事






高級食パンブームみたいですね。
先日のガイアの夜明けは、いろんな意味で衝撃的でした。
高級系も店名が変わってるのも良いですが、私は日常使いできる食パンが好きです。

(元の)わが家のご近所にあって、長年愛されている食パンのお店といえば

 DSC01471

吉沢製パンさん。
あまりにもの行列っぷりに、わたしは「近くて遠い」お店だったんですが、先日たまたま通りかかったら、待ち人数ゼロだったという。
てっきり完売かと思ったら、フル装備であった。
これは買わねば。
一度買ってみたかったのは…

DSC01470

付けパン。
ピーナッツ、ジャムマーガリン、ブルーベリー、あんマーガリン。
注文すると、目の前で塗ってくださるんでした。
これのフル装備版。一斤440円のください。

DSC01486

じゃん。
夫と二人で頑張って食べよう。
糖質制限ダイエットはしばらく忘れる。
半分斜めにカットしまして

DSC01495

カラフル断面を眺める。

DSC01491

1人前。

DSC01492

左からブルーベリー、ジャムマーガリン、ピーナッツ、あんマーガリン。

DSC01496

十二単のような色重ねに萌え。

DSC01498

まずは、私にブームの波が到来している、あんマーガリン(あんバター)から。

DSC01494

手にすいつくような、しっとり~としたパン。
絹製品に挟まれたような中で、ほのぼのと甘いあんこ、そしてコクを与えるマーガリン。

昭和の時代から令和に至るまで、そして次世代までも愛されるパンなのでしょう。
童心にかえる幸せ。

そして二日がかりで、一斤食べきりました。

★★★★お店情報★★★★
宇都宮市泉が丘1-2-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ