1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tagご当地マラソン大会

こういうわけで 、丸の内外資系OLの友人と私は山形を訪れてましたが

レンタカーを…



米沢で返して、これにてラスト。


なんで米沢にしたかというと


友「山形に来たからには、米沢牛食べたい」


…からです。

が、もう時間も遅いし、さらに新幹線の時間があまり無い。

米沢牛駅弁でも買っていこうか。


友「いや、駅前なら、ちゃちゃっと食べられるところがあるはず」




で、文字通り駅前にありました新杵屋さん。

米沢牛弁当でも有名なんですが

二階の食房 杵 さんで



米沢牛食べられるそうです。

が、三千円は無理だ。



友「卵とじとか、ハンバーグとか、リーズナボだよ。1200円だって」


じゃあ、私はハンバーグ。


友「わたし卵とじ」




鍋で登場。



セットも登場。


私のは、ハンバーグだけに、すでに焼けてるのですが


あ、右上にデミソース発見。



かけていただきまーす。


ああ、ハンバーグジューシー。

脂美味しい。

幸せー。

10キロ頑張って走ってよかった。




こちら友人の卵とじ。

加熱後は


このように。


友「肉やわらかーい。うまいー」


時間も無いので、あまりボーっとはできなかったのですが

楽しい旅でしたね。密度も濃く。

やっぱりマラソン旅は、なにかこう、充実感がある。

特に食べ物系が参加賞の場合は。


友「マラソン大会はもういいやと思ったけど

  10キロ以内なら、また走ってもいいなぁ。

  なんかオススメある?」


石狩サーモンマラソンとか、遠野ジンギスカンマラソンとか

日本海メロンマラソンとか。


友「食べ物系ばかりじゃないのよ」


種子島マラソン大会は?

スタート砲が火縄銃で、JAXA種子島宇宙センターの施設見学サービスあり(定員制)。


友「いいねー!」


というワケで、マラソン旅はまだまだ続きそうです。


明日から月末までは、桃ケーキに続きまして

「今年の夏怒涛のようにハマったモノ PART2です」。


★★★お店情報★★★

食房 杵

山形県米沢市東3-1-1

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

そんなわけで 、本来の目的が若干かすんでましたが

丸の内外資系OLの友人と、私が山形を訪れたのは




第13回果樹王国ひがしねさくらんぼマラソンに参加するためでございます。

東根駅に無事到着。

なんで東根方面に泊まらなかったかというと

宿を取るのをすっかり忘れていて

気が付けば、会場周辺はおろか、山形駅周辺にさえ

宿が見つからなかったのです。


んで、山形駅からの電車から降りますと

駅前には




さくらんぼ。


アイデンティティはさくらんぼ。

いいですねー。萌えますねー。


友「バス乗るよー」


駅からはシャトルバスが出てまして

着いた先は、会場となる




陸上自衛隊神町駐屯地です。

まぁ防衛男子がいっぱいだわ。


さて、二人がエントリーしたのは10キロコースですが



定員は3500人です。

スゴイですね。

じゃあ、スタートしますか。(←気合い入ってない)


友「ゴールで会おう」


今回の大会は制限時間も長い(90分)ので

気分的にもラクです。


自治会か子供会ごとに集まってたのかなと思うのですが

要所要所で、





●●県がんばれ! の手作り応援ボードがありまして

えーと…


あ、あれは、宇都宮のゆるキャラ、ミヤリー だ!


「がんばれ 茨城」


なんか違う気もする(けどありがとうございます)。


で、えーと…




あったー。


がんばれ とちぎ


こちらは、ぴったしカンカン、とちまるくんだ。


ありがとー。

…と手を振って走り抜け…


あっ これも非常に嬉しい、私設エイド!


「お蕎麦どうぞー!手打ちです」


タイムが気になるけど、どうせどうでもいいタイムだから




食べていこーっと。

ああ、美味しい。


意外に早い段階で駐屯地に戻り(残り3キロくらい)

我ながら、驚くくらいに体力残っていたので(蕎麦パワー)

最後猛ダッシュしまして



無事ゴール。




制限時間内にゴールできれば、わたし的には合格点なので

あとはもういいや。


友「お疲れー」


タイムどのくらい?


友「60分切れなかった。悔しい」


途中の蕎麦食べた?美味しかった。


友「時間遅くなると思ったから食べなかった。

  こんなことなら食べればよかった」


いやー、美味しかったよー、はっはっは。



友「いいもん、私の目的は…」




友「参加賞のさくらんぼだもん」


佐藤錦かな。

甘く酸っぱく、美味しいー。


そんでもって、これも楽しみでした…


山形米「つや姫」のおにぎり。

お米美味しい。


さて、ここからは屋台タイム。

これが何よりの楽しみ。

私はスタート前から目をつけておりまして




ココナッツジュース(500円くらいだったかな)

このために完走したようなもんです。

ココナッツジュースは自然のスポーツドリンクのような栄養成分だそうですが

いやー、美味しいわ、これ。

量もたんまりだし。

あー幸せ。




友「私は玉こんにゃくっ」


いやー、ほんとに好きだねー。


無事ゴールした後に、このようにウダウダしているのは

何ともいえぬまったり感なのですが

せっかく駐屯地にいるので




友「撮影ターイム!」


なんか、みんな自衛官さんに頼んで一緒に写真撮ってもらってるよ。

敬礼ポーズで。

わたしたちもお願いしようかっ。


友「敬礼じゃつまんないわよ」


じゃあ、どうすんの。


友「ほふく前進」


国防に日々励んでいらっしゃる国防男子の皆様に

一緒にほふく前進してくださいとは言い難いところがありましたので

このままレンタカーを借りて

パフェを食べに行ってしまったワケです。


山形編は次回で最終回です。


そんなわけで



ついに、山寺(の門)までたどり着きました。

どきどき。

階段は1050段。

どきどき。




一段一段登るごとに、煩悩が消滅するんですって。

大変、わたしから食欲無くなっちゃったら、わたし消滅しちゃう。


友「自覚あるんだ」



では行きましょう。


いーち、にーぃ、さーん、しーぃ…


このあたりで、団体ツアーの観光客さんの中で


「俺はもう帰る。バスで待ってる」


「わたし、ここで待ってるー」


「一休みしてるから、先に行っててー。追いつかなくても気にしないでー」


等々の離脱組が現れてました。


友「あんたまだ大丈夫?」


ふっふっふ。

だてにマラソンで坂道練習してないよっ。

少なくとも、あれを観るまでは。


友「あれ?」


あったー。




芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句。


これを見たからもういいや。


友「何言ってんの!? 行くわよっ」


うへー。



と、到着…

ぜーはーぜーはー。

なんか、ガイドブックで見た建物と違うような。


友「うん、有名なのはあっち」




友「五大堂」


うはー。まだ歩くの。

そんでもって




土砂降りですよ。


友「明日のマラソン大会、大丈夫なんかね」


あまりひどかったら、参加賞だけもらって帰ろう(←やる気無し)。




友「仙石線仙山線は本数少ないし、もう行こうか」


あとは降りるだけだよね。やったー。

甘いモノ食べたい。


友「ぜんっぜん煩悩消滅してなかったね」


1050段レベルでは無理なようです。


友「でも時間無いから、せめて駅前にしよう」



駅前に山形蕎麦の焔藏 さんというお店があったので

そちらで、15分ほど休憩していくことにしました。




そういえば、名物肉そば食べてないや。


友「15分しか無いとゆーのに」




じゃあ、せめてライフワークのご当地パフェで。

あ、だだちゃ豆の和パフェ750円がある。

これにしよう。




友「私はコーヒーでいいです」


ストイックだね。


友「煩悩もともと無いし」




わたしのだだちゃ豆パフェっ。




いわゆる、ずんだだよね。


ブログ超初期時代に、仙台牛タンひとり旅しまして

その時仙台駅で食べた、ずんだソフトが美味しかったのですが

一昨年、仙台駅で途中下車したら、見当たらず、ちょっと残念でした。


それはおいといて、明日はいよいよマラソン大会です。


★★★お店情報★★★
山形蕎麦の焔藏
山形県山形市山寺4273-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ