1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tagとちひめ

1月15日は、あちらこちらで「いちごイベント」がありました。
夫は「銀座の資生堂パーラーのいちごパフェフェア行ってきたら~」と言ってくれたのですが、交通費の往復四千円を考えると、限られた予算ので中では「いちご本体」に配分を厚くした方が良いと思い、交通費ゼロの栃木県庁に行きました。
なぜならー

DSC07482

「いちご王国。栃木」マルシェがあったのです。
私の狙いは一つ。
とちひめ
夫はまだ「とちひめ」を食べたことがないのというので、姫様デビュー。
それともう一つ(二つか)。
新品種の白いいちご

銀座には行けなかったけど、この二つにすべてを賭けるー!

DSC07483

しかし、どのブースだろう。
とちぎ観光いちご園連絡協議会だな。たぶん。

DSC07479

姫様あったー!
1700円か…。

DSC07481

こちらが1300円…。
こちらでいいか。贈答用じゃないし。自家消費用だし。

DSC07478

新品種の白いいちごもあったー!
400円。
合計1700円。
贈答用姫様の値段と同額。よし、この組み合わせにしよう。

DSC07480

この「とちおとめ」、でっかいなー。
1粒100円…。
スカイベリーのお値段もなかなか。

いろいろ心惹かれるけど、姫様&白いちごでお会計を…。

DSC07476

むっ!?

これは…

DSC07477

とちおとめ、なつおとめ、スカイベリー、とちひめ、白いちごが入った「栃木スペシャル」700円とな。
夫の分と私の分、二つ買っても1400円。
姫様は、また後日どこかで大量購入できても(ていうか、絶対する)、この栃木スペシャルに出会えるのは、たぶんこの機会を除けばもう無い(気がする)。

DSC07485

というワケで、トマトマンの夫、いちご食べ比べセットを買ってきました。
一緒に食べましょう。

夫「糖度計使う?」

よくお分かりで。

DSC07490

夫「ところで、どれがどれだか分かるの?」

上の段の真ん中が白いいちご。

夫「そりゃそうだろう」

右下の真っ赤なのが、姫様。

夫「その左隣がスカイベリーでしょ」

なんで分かるの。

夫「しゅっとした形状だし」

えーと、メモして来たんだ。
上の段左から、とちおとめ、白いちご、なつおとめ。
下の段左からスカイベリー、とちひめ。

otome

じゃあ、まずは王道の「とちおとめ」から行きましょうか。

夫「糖度計で計るには、果頂部を切り取って、そこを…」

へ~(もぐもぐ)。

夫「なんで先に食べ終わってるんだよ!? 二パック計って平均値出した方がいいのに」

なるほどー。
というわけで、あくまでも夫のパックだけの数値です。

夫「糖度14」

このとちおとめ、メチャ美味しいんですけど。贈答用かな。

夫「濃厚だね。口に残る感じ」


siro

白いちご(名前はまだない。そうな)。

夫「糖度13」

さっぱり系ですね。

夫「白いから、赤との組み合わせで映えるんだろうね。これ、果汁少ない」

スイーツ向けなんですかね。
最近、紅白イチゴのパフェとか見かけますし。

natsu

なつおとめ。

夫「糖度14」

かぽっとした食感。


skay

スカイベリー。

夫「糖度16」

高いねー!
でも、さっぱりして、スッと消えて行く感じ。



hime

とちひめ。
姫様ですよ、姫様。これがウワサの姫様。

夫「糖度12」

そんな低いの!?

夫「だから、俺のパックの場合」

口に含んだ瞬間、あふれ出るいちご果汁。
まるで「いちご蛇口」のようなこのジュースィー加減。
これぞ姫様。

夫「確かに果汁多いね。切った中で、いちばん水分多かった」

さて、夫。
どれがいちばん心に残りましたか。

夫「この中だったら、とちおとめ。インパクト強すぎた」

実は私もそうでした…。
こんな濃厚な乙女ちゃん、初めて食べました。
食べる順番を、白→なつおとめ→スカイベリー→姫様→とちおとめにすればよかったのかな。

夫「それは、食べた後だからそう思うんだよ」

2月頭になったら、あちこちの「とちひめ」買ってくるので、姫様食べ比べパーリ―をしましょう。

夫「どんだけ好きなんだよ」












先日の「開運掃除」の結果、ホットケーキ&アイスコーヒー試食ができたので、運を使い果たしたかと思っていたのですが、那須方面に行った帰り路に

DSC02440

道の駅やいたに寄ったら


DSC02455

我が最愛のとちひめに出会えたー!
まだ運が残っていた。

DSC02456

もうシーズン末期も末期、最末期だけど、姫様はうるわしい。

DSC02457

これが今シーズン最後の姫様でございましょう。
さよなら、姫様。また出会える日まで…半年後くらいかな。

さて、道の駅やいたと言えば、私が必ず買うものがありまして

DSC02446

小野崎麹店さんの塩麹
冷蔵庫に醤油すらない私の冷蔵庫に、メンツユと並んである二大調味料。
食べ続けて6年目。

DSC02447

これがあれば、漬物系は全く困らず。

何かちょっと口寂しい。

DSC02450

ノリ巻き売ってた。ラッキー。

DSC02453

太巻きも、萌え断のカテゴリーに入りますよね。
幸せ度アップ。さらに運を使ってしまった。

これでもう、運は終わりかなー

と、運が尽きる前に帰ろうとしたら

DSC02442

ガラポンやってました。
1000円以上購入した場合は参加できるというので、試しにやってみたら

「おめでとうございます」

え。

DSC02445


矢板銘菓「八方の月」6個入りが当たった…。
(萩の月とか「みかもの月」とかとは、違う方向性のお菓子)。

運を使い果たしたのか、運がついたのか。
分からんなーと悩みながら八方の月を食べる私でした。

とりあえず、また掃除しよ。


★★★お店情報★★★

道の駅やいた

栃木県矢板市矢板114番地1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目この記事


コメントで「あゆみ」様にも教えていただきましたが、
2/18(日)に鹿沼市の花木センターで「いちごのもり」という、いちごイベントがありました。
いちごパフェが無いのは事前に分かっていたので、どないしよーと思ったのですが

とちひめ(姫様)の販売があるかもしれない


と思うと、いても立ってもいられず
というか他に用事もないので

DSC00716

行ってみました。
姫様はきっと争奪戦。朝イチで行かねば。
いずれにせよ激混みだし、開始ジャストを狙おう。

DSC00717

ゲートをくぐり、狙うは確実にある「あのブース」。

26

「出会いの森いちご園」さんー。
普段は姫様は店頭販売しないので(いちご狩りはある)、
パック売りを買えるレアな機会。

ロールケーキやフルーツサンドという、姫様を使ったスイーツもありますが
(私には)姫様はそのまま食べてなんぼの世界。

04

あった。650円は安い(1000円くらいの認識でいた)。
すみません、これください!(と、いちばん上を指さす)

「2600円です!」

え。

DSC00719

1箱はいらないの。1パックでいいの。
とは言えなかった。そうか、私は見えっぱりなんだ。
しかも、姫様は日持ちしない。
一日しか持たない、カゲロウのような命。
今日食べるしかない。

DSC00720

いくら私とはいえ、もりもり食べても1日では1箱は無理か…。

DSC00725

とりあえず、1パックは今食べよう。

DSC00728

朝日を浴びる姫様。

DSC00730

湖畔(というか池)でくつろぐ姫様。

DSC00732

切り株で一休みする姫様。

DSC00734

食べよう。

ああ、やはり採りたてホヤホヤの姫様の瑞々しさは神。
一口噛むと、水風船が破れるかのように口の中にほとばしる果汁。

姫様は尊い。



実家とかに差し入れるか、1パックくらい。
と、持っていきましたら。

父「うまいな、これ。なんて品種だ」

母「とちあずま」

大相撲か。


↑このページのトップへ