1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tag三連休パス


11月の三連休に、三連休パスをそれぞれ日帰りで使おうと思ったのですが、青森は確定として、ほかの2日どうしようかなーと考え込んでいましたら、千葉在住のM様からメールをいただきました。

>かき氷ですが、私の地元の千葉県にもオススメがあります!!
>九十九里に近い上総一ノ宮駅(かずさいちのみや)から徒歩10~15分位に赤七屋というオススメのかき氷屋さんがあります。
>古民家を利用しているので懐かしさもある店内でふわふわのかき氷頂けますよ。
>目の前には縁結びや子宝で有名な玉前神社もありますので、もし気になったら是非是非!来てみて下さい。
>ちなみに、私は黒蜜きな粉のかき氷がオススメです♪

上総一ノ宮駅ってどこだろう。
えー。房総半島の東側。
前に房総半島行った時は、西側ラインを行ったんだよなー。
(で、先端の富浦で枇杷ソフト食べて帰った

さらに、上総一ノ宮駅って「休日おでかけパス」エリアからも外れてるのよね。
まさに三連休パスの出番。
ついでだから、房総半周一周してみよう。おー!

決して縁結びに惹かれたわけではないです。一応言っておきます。

東京駅まで新幹線でいきまして

11

9時発の「特急わかしお3号」に乗ります。

今回のルールは「特急があったら、とにかく乗るべし」にしました。
特急代金かかりますが、なんせ体力勝負なもんで。

55

安房鴨川行きね。
指定取ったけど、自由席で十分だったなー。列車長いし。

59

まぁ、とりあえずコーヒーブレイク。

11


あー、夢の国だ。
夢は夢のままにしておこう(しばらく行ってない)。

で、1時間後。
上総一ノ宮に降り立ちまして(写真忘れた)、

58

玉前神社前の

09

こちらの、由緒ある建物にあるかき氷屋さんであります

54

赤七屋さんにお邪魔しました。

夏は激混みだったようですが、もう11月下旬だし余裕と思って来ましたら、この時期は七五三
で、目の前は由緒正しい神社。
つまりは、参拝客で満席ー。

お店の方「今、9名様の団体様が入りましたので、お席が空いて氷をお出しできるまで、2時間ほど」

きゃー。

と、ムンクの叫びになってましたら、その9名様の方が

「席詰めます、どうぞ座ってください」
「私たち、団体ですから注文お先にどうぞ」

なんていい人達なのでしょう。
ありがとうございます。
七五三のお子様に幸あれ。


25

えーと、どれにしよっかなー。
オススメは黒蜜きなこというお話でしたが、私はフルーツ系がラブなので、パイナップルヨーグルトミルク700円にします。

「15分ほどかかります」

じゃ、その間に、ちょっくら神社まで行ってきます。

17

一応、お願いしていこう(何を)。

ただいまですー。

06

ちょうど、かき氷ができあがりました。

26

もう、一目見て分かります、これは私の好み直撃クラス。

30

パイナッポの形状も残っています。
というか、注文受けてから刻んでらっしゃいました。

09

では、ヨーグルトミルクかけまして、スプーンをさし込みましたら、スプーンが

すっ………

と、入っていきました。

もうね、これは、ふあふあ系の証。

42

いただきまーす。

おおおっ。

「しっとり&ふあ」系だっ。

これは素晴らしいっ。



48

シロップも、中まできっちりかかっております。

53

ほどよい甘さで、ひじょーに食べやすいっ。
パイナッポの酸味と甘さと、ヨーグルトの酸味とミルクの甘さが波状攻撃。

43


最後の、半解け状態まで堪能させていただきました。

もう一個いける、と思ったのですが、なんせ団体様が譲ってくださった時間でございますので、これにて失礼。
今度は、つくば在住の友人連れてまいります。

さて、また電車に乗りましょう。
続く。

★★★★お店情報★★★★
赤七屋

千葉県長生郡一宮町一宮3030
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


青森にきた目的も果たし、アプフェルシュトゥルーデルも食べられたし、お土産買って帰ろうかな。
確か、青森駅の近くにさっきあった…


41

こちらの、おしゃれ~~~な建物。
A-FACTORYという、観光物産館だそうです。
最近の物産館は、THE 土産物もあるけど、ホントの良いご当地モノが置いてあるので、なかなか楽しい。

で、本当はですね、ここから見える


07

こちらの「青森ベイブリッジ」を走ってみようかなーなんて思ってたのですが、あまりの寒さで断念しました。
根性無しなので、物産館で、ぬくぬくして帰ります。
お邪魔します。
まぁ、飲食スペースもあって、いろんなお店が入っている。
屋台みたいで楽しい。

11


次回試してみようかな。
青森ベイブリッジ走れば大丈夫だろう。
とすると、春か夏か秋だな。

あ、アイスだ。

09

しかもリンゴ。さらに6種類。
さすが、りんご王国。

栃木だったら、とちおとめ、女峰、スカイベリー、とちひめ、なつおとめアイスの選択肢があるような感じかな。
よし、次回は食べ放題の後に、アイス6種類制覇だ。
青森ベイブリッジ往復走れば大丈夫だろう。あっはっは。

44

あら、お二階もあるんだ。
ん?テイスティング?

32

へー。シードル。
ご当地アップルシードルか。
士郎正宗はアップルシードだった。

16

せっかくだし、シードルをテイスティングして帰ろうかな。
えーと、プリペイドカードを選択。
味見程度でいいのでー

43

いちばん安い300円にしてみました。

さて、飲むぞー。
問題は、

28

何がなんだかわからんということであった。

32

そういう時は…

テキトー


08

青森シードルトラディッショナルにしてみよう。
ポチっとな。

19

あらっ。
本当に味見程度の量だわっ。

遅ればせながら、青森市街地初観光おめでとう、自分。わーい乾杯。

キュっとスッキリしたお味でした。
次行こう。

今更気づいたけど、値段もマチマチなのね。
一回で300円分使ってしまうという手もあるけど

26

あれこれ試したいので、100円×3回の道を選ぼう。
人生は一回きりだけど、テイスティングは3回。
青森シードルスタンダート!

37

あら、これは量が多い。
いただきまーす。

ほんのり甘いですね。白ワインみたい。

なんかちょっと酔いがまわってきたかな。
よし、最後だ。

29

キモリシードルドライで〆。

09

ちょっとクセがあるかな。ウイスキーみたい。
酔いがまわって、焦点ぼけてきたので、もう帰ろう。

あ、青森駅からは新幹線無いんだ。
新青森まで行かないと。
わー、めんどー。

27

このまま函館行っちゃおうかなー。
いや、それとも

57

リゾートしらかみで、秋田行っちゃおうかなー。
なんせ三連休パスだもんね。

40

いや、日帰りしないといけないんだった。
このまま新青森駅に向かいます。

04

わー、この新幹線の間隔はどうしたことか。
14時38分を逃すと、17時22分なんだ。
危ないところであった。

無事新幹線に乗れましたので、お土産広げてみましょう。

34

全部自分用です。

青森編はこれで終了。
三連休二日目は、全く違う方面にしてみました。


次回からスタート。


★★★★お店情報★★★★
A-FACTORY
青森県青森市柳川1-4-2

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


青森にきた目的も果たしましたので、もう帰ろうかなーと思ったのですが、さすがに往復六時間で、滞在二時間は、もったいないよなー。

ちょっと散歩するか。


42

あら、何かしら、この帝都ウィーンな雰囲気は。

17

ザッハートルテ!
ということは、ドイツケーキなお店。
しかもイートインあり。

ということは、あるに違いない、あると信じたい、あると願います。

46

あった。

アプフェルシュトゥルーデル!

我が最愛のドイツケーキ。
さらに、温めサービス&生クリーム添え(ゆえにイートインでないとダメなのです)。

これくださりませ。

「お飲みものは」

ウィーンと来ましたら、それはもう、


49

メランジュで決まりですわ。
いわゆるウィンナー珈琲的な。


さすがに、ちょっと食べすぎているか。


05

アイスカフェにしよっかなー。コクと香りが違うらしいし。
しかし、こないだ医者に「冷え性ですね」と言われたしな。


08

トースト好きとしては、スペシャルトーストが気になるけど、さっきフレンチトーストを食べたし。

19

いわゆる普通のコーヒーの、小さいサイズ350円ください。

合計800円。

店内はとてもゴージャスです。サロンのよう。
そんでもって

48

華やかなクリスマスムードも溢れていました。

なんてこったー。
この記事公開予定はクリスマスイブではないか。
あと一週間後には正月!

毎年似たような年末年始だなぁ。
いや、日常の幸せとも言える。

「お待たせしましたー」

45

心はウィーン!


53

我が愛するアプフェルシュトゥルーデル!
山口県でも食べたから、本州の両端で食べたのか。
オセロのように、これで全県踏破にならないだろうか。なりませんね。

58


この薄皮と、肉厚なリンゴの対比がたまりませんね。

01

そしてやはり、大量の生クリームがあってこそ。


21

いただきまーす。

しっとり皮と、アチアチのリンゴの酸味と、冷たい生クリームがトロンと絡む甘みとのコンビネーションがなんとも言えず至福。

50

それを、濃厚なコーヒーで、きゅっと締めるのです。

しあわせー。


★★★★お店情報★★★★
シュトラウス
青森県青森市新町1-13-21
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

↑このページのトップへ