1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tag朝起きたらクロワッサン

始まる時は、いつも唐突。
こういう理由で始まった「朝起きたらクロワッサン」。
二回目は「モーニングがあるカフェ」の古参的存在、
 
DSC06614

Just Cafeさんです。
わたしがソトアサ日記を始めた第二回目はJust Cafeさんでした。
しかし、前回訪問から3年以上経っていたとは我ながら気づかなかった。
その間にリニューアルされたようで、

DSC06603

サンルームができていて、さらに

2020-01-30 07.33.54

朝食メニューも(少し)変わった。
というワケで、チーズクロワッサンモーニング800円ください!

「ドリンクは、花マークから選んでください」

2020-01-30 07.34.45

ラテもOKなのはうれしいですね。それでお願いします。
来るたびに読むんだけど、何度来ても覚えられないドリンクの見分け方…。

「お待たせしました~」

DSC06606

うるわしの「朝クロ」。

DSC06610

プレーンなクロワッサンではなく、中には

DSC06611

ハムとチーズがサンド。
これはうれしい。
朝ごはんには、ぜひオカズがあってほしい私、歓喜。

クロワッサン(3回に1回は「黒輪さん」と誤記してしまう)は、あまりパラパラせず、結構しっかりいるような。

DSC06613


地層を見ているのが好きですが。クロワッサンの生地も楽しい。

DSC06608


「表面張力」の文字が脳裏をよぎる、たっぷんたっぷんに注がれたカフェラテでボー。

日差しもさんさん、ああ幸せ。

★★★お店情報★★★
宇都宮市下栗1955-2
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★訪問記録★★★
五回目 この記事






チーズナン、ちくわパン、あんバター…。
いきなりハマり、怒涛のように遍路するのが私のパターン。

カフカの「変身」は、朝起きたら虫になっていた話ですが(でも読んだことはないのでその後は知らない)、ある日、わたしは目覚めたら…クロワッサンだったんです。

クロワッサンに変身していたのではなく、ただひたすらクロワッサンが食べたかったのです。
ああ、なぜ。どうして。
どちらかというと、あまり食べない派だったのに(パラパラ生地がほどけるのが苦手)。

ダメだ、クロワッサン食べねば、もう何もする気が起きない。
というワケで、朝8時から開いている


 DSC06553

オランジュ ・クレールさんに行ったのでした。

しかし、クロワッサン一個では足りないなぁ。
二個食べようか。
せっかくだし、違うタイプにしよう。

対極となると、カレーパンとかだろうか。

DSC06552

ん?
…。

DSC06542

というワケで、
・クロワッサンクレール 250円
・カニグラタンパン 300円
・コーヒー 112円

DSC06545

クロワッサン、ああクロワッサン、クロワッサン。
できれば焼き立てを食べたい。
歯を立てると、シャクッと音がして、そのまま噛み進めると「シャクシャクシャクシャクッ」と「パリパリ層」が急速圧縮されて、内部の「しっとり層」と一体化する、そんな理想の

DSC06549

クロワッサンでした。
しあわせー。

DSC06547

カニグラタンがクロワッサンの対極かどうかは議論の余地があるとして、しっとりもっちりパンに包まれたカニグラタン。
カニの二文字が、これほどまでに幸せ感をアップするとは。

DSC06550

それでは、コーヒーで


DSC06551

達成感に満ち溢れてボー。

このコーヒー、めちゃ好みだー(酸味少なく、飲みやすい)。

これからしばらく、「朝クロワッサン」略して「朝クロ」にハマりそうな予感。

★★★★お店情報★★★★
真岡市上高間木2-17-1
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
二回目  
三回目 この記事







↑このページのトップへ