1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tag自家焙煎


鋭意育児中の友人いわく「私は癒されたい。GWどこか連れてって」

そうね、去年のGW、一緒に太平山(標高341m)に登山に行って私が高山病になってご迷惑おかけしたし、どこか行きましょうか。癒し系ね。それじゃ大田原市の廃校リノベーションカフェ、

DSC02671


ヒカリノカフェ蜂巣小珈琲店さんに行きましょう。

友「ここ来てみたかったー!」

私もオープン直後に一度来たきりなんだよね。
再訪したいしたいと思いつつ。

DSC02677

まぁ、自家焙煎の機器類も入ったのだわ。


DSC02673

ランチは数種類、赤丸から選ぶのだそうです。

友「私はダブルサンドイッチプレート、とちおとめサンドとマルゲリータにする」

私は…

友「肉なんでしょ」

ところがどっこい。
ライスボウルにします。あ~~今日はシンガポールチキンライスじゃないのね。
びんちょう鮪とアボカドライスか…それもまたよし…。

お店の方「パクチーが入るのですが、苦手でしたら抜くことも…」

得意なんですけど、むしろ増量できますか。

お店の方「大丈夫です」

やったー。

友「なるほど、パクチーへの愛が肉を上回ったんだ」

DSC02679

ウェルカムドリンクのニンジンジュース。甘いわーニンジン的に。

お店の方「こちらお知らせです、どうぞ」

へー、5/16(水)23:00~23:30ETVの「ふるカフェ系 ハルさんの休日」ご登場。
どこかで観た番組。
房総半島のカフェに行った時だ。思い出した。観たんじゃなくてシナリオ読んだんだ


DSC02690

ランチ登場。

DSC02684

私のライスボウル。
こちらのサラダといえば、

DSC02702

ビーカーに入っていて、実験機材萌えとしましてはたまらないところです。
玉ねぎ風味のドレッシングもおいしゅうございます。

友「野菜おいしー」

DSC02703

パクチー増量した、うるわしい姿。

DSC02706

お店の方推奨の食べ方としては、この麗しのマグロ、そしてご飯その他モロモロを

DSC02712

レタスで巻いてどうぞ、とのことでした。
ああ、エスニック調ながらも優しい味、そこにパクチー旋風。すてきー。

DSC02694

こちらが友人の。

DSC02695

溢れ出ずるチーズ

DSC02697

そして萌え断…。

友「おいし~~」

同じメニューを食べていた隣の席の女の子二人組が

「ウマすぎるー!」

と絶叫していたのが微笑ましかったです。

DSC02721

選べるドリンク&デザートは、友人は紅茶と「おまかせジェラート二種」。

DSC02725

ブルーベリーとキウイだったかなんだか。

DSC02724

私はアイスコーヒーとイチゴのパンナコッタ。
こちらもビーカーが萌ゆる。

DSC02726

愛らしいとちおとめのお姿。
それでは、アイスコーヒーで

DSC02719

ボ~。

ああ、やっぱりこのカフェは素敵。
日本にオンリーワンの独特の雰囲気。
グラウンドで運動会やってほしい。私は持久走か綱引きで出場する。
そしてお昼はおにぎりとから揚げ、終わったらかき氷を食べるんだ。

友「ギャラリー見ていきたい」

DSC02730

いいねー。廃校。

友「癒された…」

★★★★お店情報★★★★

ヒカリノカフェ蜂巣小珈琲店
大田原市蜂巣295

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください

★★★★訪問記録★★★★
一回目
二回目  この記事


野木町に自家焙煎のコーヒーショップがオープンして10時開店だというので、ソトアサ的感覚で行ってみました。野木町は遠いので、朝食前の軽い朝食を食べてから行きました(パタリロのような)。
そのお名前は

DSC02779

中西珈琲さん。
「効率」という観点からすると、先日、古河までいちごパフェ食べに行った時に周遊コースに組み込めばよかった気がするけど、なんせその時は急用ができてテンパっていたから仕方ない側面もございます。

DSC02770

10時開店ですが、特にモーニングメニュー的なものはなく

46

シンプルイズベストな内容。
消去法で行くか。甘くない方がいいのでジャムトーストではなくバタートースト。
意外にあっさりと決着がついた。
次は たまごサンド VS バタートースト。
たまごサンド好きだから、たまごサンドにしたい。
しかし、お財布の中身を確認したら、バタートーストにした方がいい気がする。

DSC02771

ブレンド400円+バタートースト350円セット割り引き100円で、合計650円。

DSC02773

バターは、「事前塗り」方式のようでした。
麗しいキツネ色に

DSC02774

確かな厚み。

カリカリぱふぱふサクサクで、エゾリスがどんぐり食べている時のような、そんな無我の境地。

DSC02775

それでは、コーヒーで

DSC02776

自家焙煎機を眺めながらボー。

まろやか~で、やさしい感じのコーヒーでした。

と、ボケーっとしてたら、目の前のお客さんがたまごサンド頼んでました。
遠隔観察に励みましたが、分厚いタマゴフィリングを見て、次回は絶対頼もうと決意したのでした。

★★★★お店情報★★★★
中西珈琲
野木町丸林675-5
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


幼少のみぎり、教育テレビ(現在で言うところのEテレ)で、国語の番組「あいうえお」がありまして。
このオープニングが好きだったんです。
♪言葉ーって面白いー あめとあめ! はしとはし! たことたこ!♪
無アクセント地帯といわれる栃木に住む身には、違いがよー分かりませんでしたが。

というワケで

DSC01351

かめとかめさんにお邪魔しました。

なんか、コーヒー飲んでボーっとしたいなーと思った次第です。
(毎日してますが)

55

トーストというよりも、ケーキな気分。
スコーン食べようかな。まだ食べたことがなかった。
ドリップコーヒーは、お豆がどれでもお値段は450円。
そう言われると

57

いちばん高いの頼もうか、と思ってしまうのですが、私は酸味が苦手。

「マンデリンどうですか」

ぜひぜひ。

DSC01336

かわえー。

DSC01340

お手拭きの段階で既に破壊力満点。

DSC01337

すべてがファンタジーワールド。

DSC01341

スコーン食べるの久しぶりだなーたぶん。

DSC01347

クリームとジャムを

DSC01350

たっぷりつけていただきます。
さくふわしっとり、したスコーンに、とろとろクリームと酸味ジャム。
至福タイム到来。


DSC01339

そして、マンデリン。
どこでも深く透明なブラックー。
当時の一言メモには

「頭の中でマンデリン」

とありました。
(マンドリンと勘違いしていた)頭の中でマンドリンの演奏が始まったような癒し感、ああ、このひとときがいつまでも続けばいいな。との気持ちがにじみでた一言メモだったのでしょう。

私はこのようなひと時を求めていたのだー。

嬉しいので、コーヒーを飲みながら頭の中で懐かしの歌を歌おう。

♪るーるらんらんらんらー♪(いちにのさんすう)
♪はたらくおじさん はたらくおばさん こーんにーちーはー♪(はたらくおじさん)

学校休んだ時の楽しみの番組でした。
今は仕事休みの時は、テレビ見るよりもコーヒー飲みに行っちゃうもんなー。
私も大人になりました。

★★★★お店情報★★★★

自家焙煎珈琲かめとかめ

栃木県 宇都宮市 錦3-1-7

営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください
★★★★訪問記録★★★★
一回目  ※あぜみち
二回目  ※コーヒーイベント
三回目
四回目

五回目(この記事)

↑このページのトップへ