1000円グルメの旅

1000円札一枚で、日本中の美味しいもの食べてみたい。 と、47都道府県をさすらうブログです。

Tag青春18きっぷ

石和温泉駅で降りまして 、時間は11時ちょい前。

お昼だお昼だー。

さて、大学時代からの友人で、現在Webデザイナーをやっている友人の

ご母堂は甲府出身。

昔、友人宅に泊まりに行った時、味噌汁の具がカボチャでぶっ飛びました。


友「カボチャはフツーだよ!?かんぴょうとかキャベツとかの具の方がぶっ飛ぶよー」


まぁ、そのへんの議論はおいときまして、友人に甲府に行くんだよーと話しましたら


友「ほうとう!絶対ほうとう食べてきなよ!」


えーっ。私、暑い時に熱いの食べられないんだよっ。気分悪くなっちゃって。


友「冷やしほうとうあるよ」


どえーっ。

調べたら本当にありました。

それも、石和温泉駅から徒歩15分くらいの


1000円グルメの日々in宇都宮


甲州ほうとう小作 石和駅前通り店 さんなのでした。


1000円グルメの日々in宇都宮


わー、本当にあった。

冷やしほうとうは「おざら」って言うんだ。

名前が変わるんだ。出世魚みたい。

では、それください700円。

天ぷらつけたい気もするけど、この後桃をお腹いっぱい食べる予定なんで

天ぷら無しで。


ほうとうだし、茹で時間20分くらいかなーと覚悟してたんですけど

1000円グルメの日々in宇都宮


結構早く出てきたー。

1000円グルメの日々in宇都宮


まぁ、キラキラと美しい。

1000円グルメの日々in宇都宮


これを、野菜や鶏肉がいっぱい入った、醤油ベースのノスタルジックなお汁につけて

1000円グルメの日々in宇都宮


いただきまーす。

まぁっ。麺がちゅるちゅるして美味しいっ。

ノリ的には、アレですかね、いわゆる「ひもかわうどん」。

お汁も、甘じょっぱくて美味しいっ。

このヘンは海無し県同士のシンパシーみたいなもんであろうか。

1000円グルメの日々in宇都宮


おつけモノも美味しかったですー。

いやー、満足。

このためだけでも、今日来て良かったー。

が、本番はコレから。

次は桃狩り。

つづく。


★★★お店情報★★★

甲州ほうとう小作 石和駅前通り店

山梨県笛吹市石和町窪中島73-3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください


今年は、四国地産地消ツアーに行こうと思っていたのですが

諸般の事情で厳しく、

毎年恒例の丸の内外資系OLの友人との旅も「熊野古道」に決まったので

一人旅は…


1000円グルメの日々in宇都宮


青春18きっぷを活用することにしました。

私は鉄子だし、リーズナボだし、幸せではないか。

私が青春18きっぷを使って旅行する場合のルールは一つ。


「絶対日帰り」


なぜなら、宿泊料金を払うと、フツーに新幹線で日帰りツアーした方が

安くなってしまうからである。(まぁ場所によるでしょうが)

第一回目となる今回は「甲州桃ツアー」にしました。

理由は、私は桃好きだからです(それだけ)。

桃を買って帰る場合、宇都宮駅から家まで歩くのがめんどいので、

石橋駅前の一日置き放題400円の駐車場に車置きまして

1000円グルメの日々in宇都宮


石橋駅からスタートすることにしました。

時間は7時。(だったかな)

この時間、周辺に朝食スポットがないので

1000円グルメの日々in宇都宮


コンビニで用意してきました。

私のコンビニ朝食はこれが鉄板。

「ツナたまサンド&グリコのカフェオレ」。

私のゴールデンコンビ。


1000円グルメの日々in宇都宮

緑色のカフェオレがあるなんてーと思って買ったら、コーヒーリッチ版なんですねー。

確かに、ちょっと苦み強いかも。

やっぱり私はいつもの黄色いやつが好きだ。

と、ブーたれながら電車に乗ること一時間ちょい。



1000円グルメの日々in宇都宮


大宮駅で乗り換え。

土日祝日ですと、ここから



1000円グルメの日々in宇都宮


ホリデー快速川口湖号が出るのでした。

いやー、なんとノスタルジックなお姿。

撮り鉄さんが一杯いたので、これを撮るのかと思いきや、

この日だけ限定復活の「特急ひばり」を撮るためにいたのでした。



で、愛川欽也あたりが刑事役やってそうな土曜ワイド劇場の

鉄道推理モノの気分を味える車内を堪能しつつ一時間後。

1000円グルメの日々in宇都宮


高尾駅到着。

ここから中央本線に乗りまして、イッキに甲府方面を目指します。

1000円グルメの日々in宇都宮


「勝沼ぶどう郷」駅とか、名前も萌えるし、車窓もステキー。

が、私が行かねばならぬのは、ここから5駅先の



1000円グルメの日々in宇都宮


石和温泉駅。

この時点で11時。

さすがに腰が疲れた。


その2に続く 。


わたし、先日の宝来家 さん訪問記(閉店のため記事削除)で
なかむら 」さんを引き合いに出して熱く
語っていましたが、すみません。「この、大嘘つき野郎!」でした(_ _。)
私が前回さぬきうどんツアーで訪問し、「こ…こ…これは…」のニワトリに

なってしまったのは「たむら 」さんでした。

(※ 旧ブログ時代の話です)

訪問している最中に自分で気づきました。
なかむらさんは初訪問だ。
だって…だって…。
前回はこんなに歩かなかった。

なんでこのようなことになってしまったか。
話は、この2時間前にさかのぼります。



早起きしてJR高松駅で琴平方面行きの電車を待つ私。
前回の讃岐うどん遍路は琴電も駆使したけど、今度は青春18きっぷ

オンリーなので、JRしか使わないのだ~。

最初に訪問するのは、前回の3泊4日17軒訪問でトップクラスに気に

入った「なかむら」(と思っていた)さん!
駅から徒歩40分くらいでついたんだよな。確か。
今回は、同じくらいの距離の違う駅から行きましょう。なんせJRだから。
てなわけで、金蔵寺駅に降り立った私。

青い空。爽やかな風。花の香り。今は春。
BGMは原由子の「花咲く旅路」…。

って何か、道がヘンだな。
ゴミ捨て場でおしゃべりしてたオバちゃん3人組にきいてみました。

あの~。「なかむら」さんってこっち方面でいいんでしょうか?

オバちゃんA
「あんた、逆やで!」
オバちゃんB
「そこの角曲がらなあかんで」
オバちゃんC
「何いうん。その次の信号を曲がるんやで」
オバちゃんA
「いやいや。それよりもな」

ありがとう、オバちゃんたち…。
でも、一人一人それぞれしゃべってくれたら、もっと嬉しい…。

三重唱状態だったのでなんだかよく分からなかったけど、
とにかく逆方向だってのは分かったので、歩き始めました。
歩……。

なんでこんなに歩いているのだろう。

前回は、1時間は歩かなかったよな。時計を見てみよう。
うげっ。
1時間歩いてる!

私は、ガイドブックを見つめつつ、冷静に考えたのです。
ぴこ~ん!(ひらめいた)
思い出した!
「なかむら」は歩いていけそうにないから諦めよう!と、前回行かなかったんだ!
とすると、前回訪問した「珠玉の二軒目」は「たむら」だったんだ!
うわ~ん、なんで今ごろ思い出すんだよ
なにが、「ぴこ~ん!」だよ!
私のバカ!うわ~ん。
…と泣いても、戻るも地獄。もう進むしかない。

てなわけで、金蔵寺駅から出て1時間40分後。
着いたのです…。「なかむら」さんに…。

平日なのに春休みだからかな、すごい人…でも待つほどじゃなさそう。

「何にする?」

大を食べたいのはやまやまだけど、一日何軒もこなさなければならないうどんツアーは、
一箇所につき小一杯と決めてるのです。それがマイルール。

「150円ね!」



ここは「客が自分でネギを切って待つ」って有名なんだけど、
あまりにも有名になりすぎて、ネギはスタンバイしてありました。
そのネギと、しょうがをかけていただきます。



ずるっ。
くにゃくにゃ!
思い出した!
我が最愛の麺通団の
田尾団長 が、「究極の軟体麺」と評してたっけ。

柔らかいグミをクニュクニュ噛んでるみたい。
とか言ってたら食べ終わってしまった。

1時間40分歩いてきて(プラス電車1時間)、食事1分。



お店から見上げる川原の土手にひるがえる、看板がわりの

(これが出てると営業中の証)鯉のぼりを見てたら、まぁ、

そんな些細なことはどうでも良くなりました。

これが讃岐うどん遍路!

さて、帰りは…。

お店の近所にタクシー会社発見したので、丸亀駅まで

タクシーでした。えへへ。すんません。

運ちゃん
「うどんツアーか?」

よく分かりますね(バレバレ)。

「なかむらは、昨日うどんバスが来てたで」

まだやってるところあるんだ。
ひところのうどんブームが去ったから、JR四国はうどんバスツアー

やめちゃったんだよな。
でも、なかむらの近くで働いてるなんて羨ましい~。

「ワシら、混んでるところは行かん。穴場に行く」

タクシーの運ちゃんの穴場かぁ。
心ひかれるけど、次は「
はりや 」って決めてるから、行かなければ。
おっ。丸亀駅についたわ。
ありがと、おじちゃん!
後は電車で香西駅(高松の隣)まで戻るのだ!
おいくらだったでしょう。

「1560円」

うどんの10倍。


★★★お店情報★★★

なかむら

香川県丸亀市飯山町西坂元1373ー3
営業時間&定休日 上記リンクをご参照ください。

↑このページのトップへ